損切り絶対主義!へようこそ。 <このサイトが目指すもの> 

初めての方は、まずはこのページからお読みください。

「待つも相場」を言い訳にするな。

スイングトレードは、案外仕掛けのチャンスが少ないものです。大きな株価のトレンドを取るのがスイングトレードの狙いですから、相場にトレンドが出ていなければスイングトレードはできません。肌感覚でいうと、日経平均を基本にした相場の中では仕掛けのチャンスは1か月の中で1回か2回、多くても3回。その程度でしょう。

 

毎週チャンスが来るわけではありません。

 

上昇相場における上昇の局面、下降相場における下降局面がスイングトレードのチャンスになります。しかし、相場には、上昇相場の下降局面や下降相場の上昇局面もありますし、トレンドのない持ち合い相場の時もあります。

 

持ち合い相場は、短期のトレーダーにとっては地獄のようなものです。上げたと思えば下げられて、下げたと思えば上げられてしまいます。仕掛ければ仕掛けるほど損切りばかりになってしまいます。また、持ち合いの時ほど、持ち合い放れだと思うとダマシだったりします。「やっと仕掛けられる」と思ったところでダマシに合って損切りすると、本当に落胆するものです。

 

ダマシに合うのは仕方ないとしても、仕掛けのチャンスにない時には仕掛けを待たなくてはいけません。いくら個別銘柄のチャートがいい形でも、全体相場が上昇の時に空売りを仕掛ければ不利になりますし、下降相場で買いを仕掛ければうまく行かないことが増えます。結果として損切りばかりのトレードになります。

 

スイングトレードは、仕掛けることより待つことのほうが多いといって過言ではありません。「待つも相場」とは、そういうことを言ってるのです。

 

したがって、日々の勉強で、トレンドが出るのかどうかはチャートを見て的確に判断できるようにしたいものです。トレンドに関する自分なりの判断を持ったうえで「待つ」ことが大切です。どこで待ってどこで仕掛けるのか、チャンスを捉えることができるトレーダーほど、待ちの判断も的確なはずです。

 

ところが、この「待ち」の意味や条件を取り違えてしまうトレーダーがいます。
相場のトレンドが「わからない」から「待つ」と考えているケースが多くあるのです。相場の評論家の中には、「わからなくなったら休むのがいい」という言い方をしている人がいます。「わかるようになるまで待てばいい」と。実は、この私にしても、「相場がわからないのに無理して仕掛けていくのは無謀で、わからなければ休め」という主旨のことをブログで語ったりもしています。

 

本当のことを書くと、「わからないときは休め」だと、常にいつも休んでいることになってしまいます。なぜなら、相場が100%わかることなどあり得ないからです。チャートを分析しても、わかるのは「今後こういうふうに動くことが想定できる」という程度です。未来のことがすべてわかるわけはありません。相場は、どこまで行っても想定の話しかできないのです。(だからこそリスクヘッジとしての損切りが必要です。)

 

トレードの仕掛けはいつだって想定の中でなされます。「わかる」ということが基準ではなく「判断できる」ということが基準になります。相場の行方がすべてがわかるという状態はあり得ません。そして、どこかしらわからない中で判断することを、トレーダーは求めらているのです。

 

「わかる」ことを仕掛けの基準にしてしまうと、ちょっとやそっとのトレンドでは仕掛けられなくなってしまいます。また、本当にわかったと納得する頃にはトレンドが終わってしまっていたりします。そうなると、やはり損切りばかりのトレードになってしまいます。

 

正確に言うなら、「わからなくてもトレンドが出そうなら仕掛ける。」ということ。「トレンドが出そうにない時は休む。」ということです。

 

勉強を重ねればいつか相場がすべてわかるようになる、というのは幻想です。いつになっても、わからないことはわかりません。そのことは理解しておきましょう。

 

 

参考記事

→ 「損切りの論理

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


塩漬けを作りやすい下降相場の入り口。

今、日経平均が下降相場に入って日々下降を続けています。ボリンジャーバンドの-2σラインがどんどん下に開いている状況で、いったんの反発は予想されるものの、引き続きどこまで下降するかわからない状況になっています。

 

こんな時に、下降相場に入る前の買い保持玉を損切りできずに持っていると大変です。どこまで下げても、損切りする気持ちにならずどうしても保持したまま、ただひたすらに買い値付近に戻ってくるのを願うばかりになります。

 

そうやって、塩漬けというのが徐々に完成していくのです。

いや、すでに完成しているのかもしれません。

 

含み損を抱えたままの保持玉は、保持しているメリットがありません。保持している分だけ資金は減っていますので、別の仕掛けに回すわけにもいきません。含み損は抱えるわ、資金は減るわで、いいところがないのです。資金の大部分を保持玉に回しているとしたら、毎日何もできずに保持玉の値の推移だけを見守ることになるでしょう。

 

この状態の苦しさは、実際に経験のある人にしかわからないと思います。

しかし、絶対に経験してはいけないことでもあります。経験しないで済むことならば、経験しないほうがいいと思います。

 

そんな時は、たとえ全体相場が上昇に向かっても、自分の保持銘柄だけは上昇しないものなのです。非常に不思議なものですが、相場は自分にだけ厳しい仕打ちをしてくるものです。「そんなはずはない。」と頭では否定するのですが、現実はなぜかその通りにはなりません。

 

そして、「今、こんなところで損切りして損失確定してしまうと、その後株価が上げたとき、悔やんでも悔やみきれない。」と考えてしまいます。

 

さらに言えば、実際に思い切って損切りしたとすると、本当にその瞬間から株価は反転し始めたりするものなのです。

 

それでも、悩んでいるくらいなら、やはり速攻で損切りが正解です。

今がどんな状況であっても、すでに本来の損切りラインを割っているなら、即損切りです。反発を待つというのは、戦術のようで戦術ではありません。

 

塩漬け株の対処法として、よくトレードの先生が、現在のチャートの状況を見て判断していくのを勧めていたりもします。確かに正論ではあります。よくよく考えれば、それ以外に対処法がないようにも思います。しかし、仮に、損切りに失敗した買い保持玉のチャートを見て、上がる可能性を見出したとしても本質的には何も変わりません。結局のところ、どこまで保持したらいいのかという問題の解決にまではなっていません。

 

私ならば、何はともあれ悩んだ段階でとりあえず損切りしておくことを勧めます。それでも保持したいというなら、いったん損切りでこれまでの損失を確定した後、改めて買い直すことをお勧めします。そういう状況になると、買い直すトレーダーなど皆無です。

 

買い直すほど、上昇することを期待しているなら保持し続けてもいいと思うのですが、実際に買い直さないのなら、さっさと終わりにして別の銘柄を考えたほうがいいということなのです。長く保持してしまった場合には、損失も大きくなっていると思います。ちょっとやそっとでは手仕舞いの気持ちにはならないとも思います。

 

しかし、そうであればこそ、即刻手仕舞いしなくてはならないのです。

含み損も、確定した損失も、同じことです。

買い直せるほどの期待ならいざ知らず、そうでないなら即切りです。

 

明日一日見て決めようなどということではなく、明日朝一の成り行き決済。様子を見てではなく、ポイントを決めて目をつぶって決済。それが、損切り失敗後に考えなくてはならないことです。損切りに失敗した時点で、すでに頭で考える戦術のフェーズは終わっています。あとは、やるかやらないか。そこに、トレーダーとしてやっていけるかどうかの重大な局面が横たわっているのです。

 

 

参考記事

→ 「塩漬け株はどうする

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


「軽い気持ち」が損切り失敗を生む。

「トレードの利益が安定的に出るようになって、しばらくの間はうまくやっていた。なのに、何かの拍子で損切りをせずに持ち続けてしまった。損切りラインは決めていたのに、そこを過ぎでもいいやと考えてしまった。」

 

これは、トレードを続ける中で誰にでも起こりうる出来事です。
私にも、こういう経験があります。

 

勉強も実践も十分に積んで、損切りも特に躊躇もなくできるようになり、損切りに失敗するなど考えられないと思っていたのに、なぜ、普段通りに損切りできないようなことがあるのか。

 

私の場合は、もう数年以上も前のことです。その時の心の動きがどうであったのか、はっきりとは思い出すことができません。ただ、覚えているのは、軽い気持ちで仕掛けたのに案外な損失になってしまったなあということです。

 

念のため、その頃のトレード日誌を読み返してみました。

 

それは、とある有名な銘柄の買いのトレードでした。200円台の低位株でしたが、当時ちょっと注目されていた銘柄で、デイトレードでの仕掛け。ちょっと取れればいいやというスキャルピングに近い狙いで仕掛けたものだったようです。

 

日足のチャートは、買いで仕掛けられるような形ではなく、むしろ下落の形。分足の動きの中で買いサインが出たので仕掛けたということのようでした。この銘柄は、連日の乱高下でデイトレーダーからは注目を集めていて、大きな動きの中で少しだけなら取れるだろうと楽観していたと考えられます。

 

そして、分足でその日の高値ラインを抜けたブレイクで買いで仕掛けていったのです。数分の間で、ほんの数ティックだけサクッと利益を取って軽く終わりにするつもりの仕掛けだったと思います。数ティック取れればいいというトレードでしたので、株数は大きく張りました。まずは、それがいけなかったと思います。

 

仕掛けの結果は、高値パーティション抜けのダマシでした。私は、高値つかみの状態に陥りました。そして、株価は急速に下がり、一瞬にして利益にするつもりが、一瞬にして含み損が生じてしまったのです。5~6ティックほど下に損切りラインを設定していたので、本来なら即損切りという場面でした。

 

しかし、仕掛けた株数が大きく、その分大きな損失を生じてしまったために、すぐには損切りできなくなってしまったのです。それにも増して、損切りラインよりはるか下で、同じ株数のナンピンに出てしまったのです。

 

ナンピンした後、少しは反発して、全部手仕舞いしようかというラインまで上昇はしたようです。そこで手仕舞いできていれば、損失はまだ少なくて済んでいたと思いますが、結局、そのまま持越しにしてしまいました。軽い超短期のデイトレードのはずが、スイングトレードになってしまったのです。

 

そして、それ以後この株価の水準に戻ることはありませんでした。およそ2ヶ月もの間保持し続けました。できるだけ思い出さないようにしていましたが、もともと、日足チャートでは買いの形ではありませんでしたから、自分が望んだ方向に上昇することもなく下落していきました。もう駄目だと思って損切りした時には、かなりの損失となっていました。

 

損切り失敗には、多くの原因があります。

 

仕掛けの側での原因としては、
●日足を無視している
●軽い気持なので検討が甘い
●利益だけを考えた株数の大きさ
●仕掛けにくい不安定な乱高下という環境
・・・・というのが挙げられるでしょう。

 

手仕舞いの側での原因としては、
●甘い検討の中で利益しか考えていない
●覚悟をもって損切りラインを決めていない
●ナンピンの採用
●含み損という理由だけでデイからスイングに時間軸を変えた
・・・・。

 

大きくまとめれば、要するにトレード計画がまるでなっていない、ということです。

 

確かに、デイトレードの場合であれば、時間的制約が大きいので、しっかりとしたトレード計画よりも仕掛け自体が優先されることもあろうかと思います。

 

けれども、それは十分に熟達したトレーダーだからこそできることなのです。実情に即して言うなら、熟達したトレーダーならば、しっかりとしたトレード計画が一瞬にして頭の中で展開するのです。決してトレード計画が不十分なまま仕掛けるわけではありません。

 

トレードで仕掛けるということは、損失のリスクを負うことと同義語です。その覚悟がないならば、仕掛けるべきではありません。

 

損切りを失敗するトレーダーには、そのことが分かっていないのです。結果として、利益のみを追いかける、リスクを負う覚悟のないトレードになってしまう、ということなのです。

 

利益だけではトレードに成り立ちません。損失があって初めて全体としてのトレードが成立します。損失はリスクしか知れませんが、トータルで利益を出すためには絶対不可欠のリスクなのです。

 

そこが理解できないと、利益一辺倒のトレードになってしまいます。利益を考えるだけでは、計画不十分な仕掛けとなるわけです。

 

軽い気持ちでトレードに臨むとき、トレーダーは利益のことしか考えていません。それゆえに損切りができなくなります。うまくいっている時ほど、気持ちは軽くなります。そして、損切りができなくなるのです。

 

相場では、なんでも起こり得るのです。だから、どんな場面でも損失がありうるのです。よく考えてみれば、当たり前のことなのです。しかし、心が軽くなれば、この当たり前のことが飛んでしまいます。

 

だから、何度でも改めて考えなおすことが必要です。でないと、ちょっとの利益のつもりが、とてつもない損失になってしまいます。

 

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


1 2 3 10
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ