損切り絶対主義!へようこそ。 <このサイトが目指すもの> 

初めての方は、まずはこのページからお読みください。

損切りは一気に、利確は徐々に。

個別銘柄を仕掛けた後の手仕舞いについてです。

 

損切りは、いつでも1回で完了します。決めておいた損切りラインに到達してしまったら、有無を言わずに全量仕切りです。値が動くたびに少しづつ損切りしていくなどという細かな計画はありえません。含み損を確定するのはいつでも一気です。

 

同じ手仕舞いでも、利益確定の時にはやり方は変わってきます。含み益はできるだけ長く保持するのが原則。最終の利益確定ポイントだと判断するならばそこですべてを手仕舞いするのが当然です。でも、そうでないなら、利益確定の節目に来るたびに少しづつ手仕舞いし、できるだけ長い期間保持していくのが利益を大きくするコツです。

 

損切りは、決められたライン以降に引き延ばすのはルール違反です。引き延ばすと、それだけ損失が大きくなるリスクが拡大します。引き延ばしてしまうのは、元に戻る可能性もあるからこそなのですが、実際に戻ることは不思議とほとんどありません。たいていの場合は引き延ばせば損失が拡大します。引き延ばせば引き延ばすほどどんどん含み損は大きくなり、やがて塩漬けになってしまいます。ナンピンなどしようものなら、本当に破滅してしまいかねません。

 

利益確定は、損切りとは逆のことが言えます。初心者トレーダーは、仕掛けた後少しでも含み益が出てくるとその利益が惜しくなってすぐに利益確定しようとします。利益を伸ばそうと保持を長引かせた結果、利益が少しでも減ってしまおうものなら、とてつもなくがっかりします。そして一度でもそんな経験をすると、二度と利益を引き延ばそうとはしないものです。結果として、いつも利益は少なめ。とてもじゃないが、スイングトレードでトレンドを取っていくなんてできません。

 

トレードの世界は、上昇も下降もほぼ平等に機会があるのですから、大きな損失を計上できる人は大きな利益だって計上する素質があります。どうやったら大きな損失を計上してしまうのか?それがわかるなら、逆をやれば大きな利益が実現するのです。そのあたりの様子は、このサイトでも「コツコツドカーン」のところで書きました。

 

利益確定は、ずるずると含み益を引きずるように引き延ばします。まるで、損切りがルール通りにできないときのように手仕舞いを先延ばしするのです。そのための一つの戦術が分割利益確定です。「まだまだ上がる可能性がある」けれども「もしかしたらこれで終わりかもしれない」。そんな時に、一部分だけ利益確定するのです。そして残りは持ち越す・・・。こうしておけば、ある程度の利益は確保できるし、引き続き希望も持てるということになり、うまく進められると思います。

 

頭の回る方はすでに気が付いているかもしれませんが、分割利益確定を実現するためには、仕掛けの時に複数単元で入る必要があります。最小単元では、含み益が出てきたときに保持するか手仕舞うかの選択肢しかなくなります。損切りのことだけを考えればそれでもいいのですが、積極的に利益を狙うのがトレードですから、できれば3回くらいに分けて利益確定できるよう複数単元で仕掛けるのです。

 

また、損切りラインを割ってからのナンピンが損失拡大につながるなら、含み益が出ているときの更なるチャンスに向けては買い増し・売り増しが考えられます。損失拡大の道筋は逆手に取れば利益拡大の戦術になりえます。「もうここまで来たら十分。更に引き伸ばすのはおしまいにしたい」と思うときこそ仕掛け増しのチャンスだったりするのです。

 

たとえば、トレンド転換で買い仕掛けて、前日ローソク足の安値を手仕舞いラインに決めて保持しているとします。前日の安値を割らずに順調に利益が伸びているなら手仕舞いの必要はありません。しかし、ある日ボリンジャーバンドの+2σラインを抜けたとすると、そこが利益確定の節目になります。そこでまず、1回目の利益確定。さらに利益が伸び続けて、直近高値を更新するなら、そのタイミングで買い増し。その後、前日安値は割らないけれども高値更新はできなかったとしたら、そのタイミングで2回目の利確。そしてついに前日安値を割ったところで最後の利確・・・。こんな展開イメージでしょうか。

 

最初から決めておくのは、前日安値を割った場合の手仕舞いと+2σライン抜けの手仕舞いだけ。前日安値割れは、上昇の流れが変わるかもしれないサインですから全面的な手仕舞いなのですが、+2σ抜けは必ずしも全面的ではありません。ならば、そこは部分利確で引っ張っていく攻めもありうるのです。

 

このように、利益確定のタイミングは必ずしも仕掛けの段階で100%明確でなくてよいのです。そこが、損切りの場合と違った難しさです。

 

慣れないうちは、難しく考えるよりもシンプルに損切りと同様「利益確定も1回で」と思っていて構いません。でも、慣れてきたら、複数単元で仕掛けて、仕掛け増しも視野に入れつつ、含み益を保持する期間をできるだけ長くするように考えることで「損小利大」を実現していくのです。

 

慣れてきたら・・・。

それは、損切りがきちんとできるようになって1カ月でのトータルプラスを実現できるようになったら、といったくらいのところでしょう。一つの目安にしてください。

 

参考記事

→ 「コツコツドカーン

 

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


損切りしないで破滅・・・のイメージ。

トレードで破滅というのは、大きくあった資金がなくなってしまうということでしょう。そして、なぜそんなことになるかと言えば、損切りしないからだということになるでしょう。

(どんなに大きな資金であっても、ゼロになっても構わないということなら、損切りなどする必要はありません。しかし、それは破滅ではありません。なくなっても困らない資金がなくなっても、困らないわけですから。・・・念のため。)

 

ダメな会社の株を買ったから破滅するのではありません。
仕掛けを失敗したから破滅するのではありません。
損切りしなかったから破滅するのです。

 

これは初心者だろうが、ベテランだろうが、カリスマトレーダーだろうが、誰であっても同じことです。

 

「いずれは必ず値が戻る。」
そう思ってしまったら、おしまいです。
確かに、値動きには何があってもおかしくはありません。相場の先行きは誰もわかりません。値が戻って損失が消えることもあるとは思います。

 

しかし、もともとは確率が高いと考えていた方向に仕掛けたわけです。仕掛けの根拠は確率です。その根拠が崩れたからこそ損失になっているのですから、その時点で、その仕掛けは終わらせるべきなのです。続けるとすれば、最低限仕掛けたときよりリスクは大きくなっていることを知るべきですし、それを知ったら続けるべきでないことくらい理解できるというものです。

 

「まだ、耐えられない損失ではない。」
そう思ってしまったら、やはりおしましです。
耐えられない損失ではないからこそ、今切っておくのです。耐えられない損失がどの程度なのか明確に答えられないからこそ、こういう思いが出てくるのです。

 

仕掛けの時から、耐えられない損失がどの程度が明確にしておくべきですし、それを踏まえて損切りラインを決めておくべきです。であれば、損切りラインを越えたときに、耐えられる領域は終わっているのです。

 

「そろそろ有利になるという情報もある。」
そう思ってしまったら、もう本当にダメダメです。
そんな情報は、いつでも転がっています。だからいつも売買が成立するのです。買う側には買う側の、売る側には売る側の、双方に必ず根拠はあるのです。

 

損失を抱えると、自分に有利な情報にしか耳を貸さなくなるのが人間です。少しでも自分に有利な情報を見つけると、それにすがって自分を正当化してしまうのです。情報元が損失の責任を取ってくれますか?トレードの結果は結局自分にしか返ってこないのです。

 

巷では、ときおりカリスマトレーダーがすっからかんになってしまうようなニュースを見聞きすることがあります。トレード以外に手を出して・・・というのが理由であることもあるようですが、おおかた損切りの失敗が原因であることが多いようです。

 

今まで、破滅ということを実感するような場面がなかった人ほど、破滅への道に直面すると通常の精神ではいられなくなるようです。いくらメンタルを鍛えたところで、自分が知らない世界には対処できないということでしょう。

 

「自分が破滅してしまったら?」なんてことを考えることもなくトレードをやっていれば、そうなってしまうのだと思います。

 

でも、もしそうであるなら、ほとんどすべてのトレーダーにその危険はあるわけです。破滅を実際に経験するトレーダーはそう多くはないでしょうし、破滅してしまえば戻れないわけですから。

 

大切なことは、損切りすることの悲しさより、損切りしない怖さを理解しておくということです。損切りしないことの怖さがわかれば、損切りすることが正しいとわかるからです。

 

自分が破滅するイメージ・・・一度頭に描いてみてもいいんじゃないでしょうか?

 

 

参考記事

→ 「「損切りしない」はどう?

→ 「損切りしないと…(事例リンク)

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


一目均衡表は雲を見る。

一目均衡表は、相場を分析する一つの大きな体系です。一目均衡表を基本において相場の仕掛けや手仕舞いをする投資家も数多くいます。全体をマスターしようと考えれば、それ相応の勉強や経験が必要でしょう。

 

しかし、私が相場を見るときの基本に置いているのは、移動平均線でありボリンジャーバンドであり、パーティション・トレンドラインといった指標の体系です。一目均衡表は、その体系での分析を補足するものとして活用しています。

 

大切なのは「雲」のイメージ

 

私の立場からいうと、一目均衡表で重要なのは「雲」です。

 

一目均衡表には、上に描いた図の通り基準線や転換線、遅行線というラインがあります。それらが大切という先生方もいます。私がテクニカル分析を学んだときは、一目均衡表では基準線と転換線のゴールデンクロス(好転)やデッドクロス(逆転)が一番大切・・・と習いました。また、一目均衡表には、まだローソク足のない「未来のことを表現する」という最大の特徴もあります。

 

しかし、私はラインも未来の姿もほぼ活用することがありません。好転や逆転も正直に言うと、私にはあまり役に立ちませんでした。私が一目均衡表を活用するのは、現在のローソク足と「雲」との位置関係だけといって過言ではありません。

 

一目均衡表の「雲」の実態は、先行スパン1、先行スパン2と呼ばれるラインに囲まれた部分です。先行スパン1が上にある雲は「赤雲(上雲)」、先行スパン2が上にある雲は「青雲(下雲)」と呼ぶことがあります(上の図ご参照)。

 

大事なのは、この雲とローソク足の関係です。以下のようなイメージをぜひ覚えておいて下さい。

 

●雲の上下には風が吹いている

赤雲の上は風が上向きに吹いている
青雲の下は風が下向きに吹いている
雲の中は息苦しい水中

 

●雲はパーティション(支持線、抵抗線)になる。

雲が厚い → 強いパーティション
雲が薄い → 弱いパーティション。

 

ローソク足が赤雲の上にあれば、上向きの風にのって上昇しやすくなりますし、ローソク足が青雲の下にあれば、下向きの風に押されて下降しやすくなるというわけです。

 

また、ローソク足が雲の中に入ると、息苦しいために一刻も早く雲の外(上か下)に出ようとするイメージになります。逆に言えば、ローソク足は雲の中に長くはとどまりません。雲を形成するライン自体がパーティションになりますし、雲もパーティションになります。

 

そして一目均衡表を意識している銘柄であればあるほど、雲の厚いところを上から下、下から上に雲を横切ることは少ないようです。雲を横切るときは、比較的雲の薄いところだったりします。

 

 

間違っていけないのは、これら一目均衡表の特徴は、あくまでイメージとして踏まえておくということで、実際の仕掛けや手仕舞いのサインとして使用はしないということ。

 

たとえば、移動平均線とボリンジャーバンドが表示された日足のチャートでは、「なぜ、こんなところで上昇が止まったのか?」がわからないときがあります。で、一目均衡表を見ると、上昇が止まった地点が雲の下辺だったりするのです。そんなときに「なるほどね・・・」と思うわけです。

 

だからといって、その止まったポイントが仕掛けや手仕舞いのポイントなのかというと、そうではないのです。移動平均線やボリンジャーバンドを基本に据えた体系の中では、その基本チャートの中で見えてくるポイントが仕掛けや手仕舞いのポイントなのです。一目均衡表は、あくまでイメージ。そのことを忘れてはなりません。

 

一目均衡表を意識しない銘柄もある

 

一目均衡表は、どの銘柄にでも通用するかというとそうでもありません。一目均衡表は数多くの人々に支持されて見られてはいますが、個別の銘柄によっては一目均衡表が参考にならない銘柄もあります。

 

一目均衡表が参考になる銘柄かどうかは、雲中にどの程度ローソク足が入っているかでわかります。息苦しいイメージの雲中にローソク足が頻繁に入っている銘柄は、息苦しさを気にしていないということです。つまりは一目均衡表自体をあまり気にしていない銘柄だということができます。

 

一目均衡表に対する個々の銘柄のかかわりは、その銘柄を主に監視している投資家のかかわり方によります。投資家たちが一目均衡表を見ている人たちなら、その銘柄は一目均衡表に敏感に動きます。一目均衡表を気にしない投資家が多い銘柄であれば、一目均衡表とは関係のない動きをします。

 

ですので、一目均衡表を見るときは、まずその銘柄が一目均衡表を気にしてい動くかどうか、一目チャートを過去まで振り返って見て判断してください。

 

「変化日」について

 

それと雲に関してもう一つ。
先行スパン1と先行スパン2が交差するポイントのことを「変化日」といいます。赤雲から青雲、もしくはその逆の転換点です。一目均衡表の理論では、この変化日は持ち合いが解消される日という位置づけがされています。上昇なのか下降なのかはわかりませんが、持ち合いが解消されるということは、それなりに大きく動く可能性があるということですので、留意しておいて損はないでしょう。

 

ただ、私は実際のこの「変化日」の大きな動きに直面したということは、ほとんど記憶にありません。一目均衡表について必ず語られることなので「留意」はしていますが、だからと言って、このことを仕掛けや手仕舞いの指標にすることはありません。あくまでイメージとして頭に置いておくだけです。

 

 

おおざっぱで申し訳ありませんが、私が一目均衡表に関して書きたいことは以上です。

 

基準線や転換線、遅行線については何も書いていません。「三役好転」「三役逆転」という重要(だと言われる)指標についても一切の記述をしていません。そういう意味では、かなり特異な解説になりました。

 

しかし、私はこれでやってきています。必要以上に一目均衡表を取り上げることは、私のトレード手法の中では不要なことなのです。

 

ご理解いただければ幸いです。

 

 

参考記事

→ 「その他の指標

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


1 2 3 12
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ