損切り絶対主義!へようこそ。 <このサイトが目指すもの> 

初めての方は、まずはこのページからお読みください。

信用残、信用倍率を見ておこう。

東証一部だけでも企業数は今や2,000以上となっています。これらの中から仕掛けていきたい個別銘柄選ぶとき、全体相場の把握やチャート分析をするのはもちろんですが、それ以外にも大切なことがいくつもあります。

 

チャート上に現れてこない、個別銘柄に固有の重要な指標が信用倍率です。
信用倍率は、銘柄の個性(上げやすいか下げやすいか)を決める指標ですので、必ず覚えておくべきです。仕掛けの際には、基本動作として必ず見るようにしたいものです。

 

信用倍率とは、その銘柄に関する信用取引での「売り」「買い」の割合のことです。式で表すと、「信用倍率」=「信用買いの残高」/「信用売りの残高」、ということになります。例えば、信用倍率=2.0と言えば、信用売り残に比べて信用買い残が2倍あるということです。

 

なぜ、この信用倍率が大事なのか。それは、信用取引の性格によっています。

 

信用取引は基本的に半年以内に決済しなくてはなりません。信用取引で株を買えば、半年以内に売り決済しなくてはならないということ。信用売り=空売りの保持も半年が限度です。半年以内に必ず買い戻さなくてはなりません。

 

信用買い残が多ければ、その分の決済売りが近い将来多く出るといういうことになりますし、信用売り残が多ければ反対に買い戻しが多く出るということになるわけです。

 

つまり、信用買い残が多い銘柄は株価が下がりやすいと想定できますし、信用売り残が多い銘柄は株価が上がりやすいと考えられるわけです。

 

多くの人にとって「株は買うもの」ですから、一般的に信用倍率は1倍よりは高いのが普通です。要するに、空売り保持している人より買い保持している人のほうが多いということです。また、「買い」という意味では、「買い」は信用買いだけではなく現物買いもあるのはもちろんのこと。ですから、実際には、信用倍率以上に買いの量は多いのです。

 

注目すべきは、信用倍率が1より低い銘柄です。つまりは空売り保持の残が多い銘柄。これは、「株は買うもの」に反して空売りが多くなされているということで、一般論からいうと普通ではないということになります。空売りは信用取引だけですから、近い将来必ず買い戻しということになります。特に、この銘柄の株価が上昇しているにもかかわらず信用売り残が増えているとなれば、空売り保持の人たちがナンピンを繰り返している状況が見て取れるわけです。そして、この信用売り分が一気に買い戻されれば、株価は一気に上昇します。

 

信用売り残の大量の買い戻しによる株価の急上昇のことを「踏み上げ」と言います。

 

空売りは個人トレーダーにとって非常に有利な手法ですが、この「踏み上げ」にはよくよく注意しておきましょう。仕掛けの前には信用倍率を見ておかないと、とんでもない逆襲に見舞われてしまいます。チャートの形からは絶好の空売りチャンスの形に見えても、信用売残が多い場合は、なかなか下げにくく、保持しているうちに一気の踏み上げを喰らったりするものです。

 

急上昇となった銘柄を「上がり過ぎ」と見て空売りするのも要注意。まずは、信用倍率を見てからです。

 

また、大量の空売りがあって売り残が増加すると市場全体にその銘柄の貸株が不足します。すると、通常の貸し株金利とは別に「逆日歩(ぎゃくひぶ)」という追加の利息がつくことがあります。この逆日歩が付いた銘柄を空売りすると、保持してる日数分だけ利息がついてまわります。これも要注意。信用売り残が多い銘柄の場合は、逆日歩がついていないかどうかも見ておく必要があります。

 

私は仕掛け候補の銘柄を探す場合、まずその銘柄の信用倍率を見ておきます。習慣的にそのようにしています。そうしておけば、慢性的に信用売残が多い銘柄などが自然と頭に入って来ます。チャートの形の前に、まずその銘柄が上げやすい銘柄なのか下げやすい銘柄なのか知っておくべきだと思います。

 

信用残は、週に一度火曜日(第二営業日)の大引け後に発表されます。なので、週足チャートを見ると、信用買い残と売り残の推移がわかるようになっています。週足チャートで表示できるようにしておいてください。

 

信用残とは別に、「証金残」と呼ばれる毎日の「日証金貸借取引残高(日証金残)」というのもあります。とてもややこしく思うかもしれませんが、こちらは相場のある日の当日の夜に速報が出ます。証券金融会社を通じた融資、貸株の分だけのデータなので、「信用残」のような全体性・網羅性はないですが、日々の動きの目安としては活用できます。

 

もちろん、信用残だけでは売買の判断はできません。また、信用残を見たうえであっても、あえてそれに反する仕掛けをすることもあります。ただ、信用残は銘柄の個性です。その銘柄が上昇しやすい性質にあるのか下降しやすい性質にあるのか、それは意識しておいたほうが、余計なトラブルに巻き込まれない分有利です。

 

仕掛ける前には忘れずに、信用残を見ておきましょう。

 

 

参考記事

→ 「その他の指標

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


損切りと資金拘束。

損切りとは何か。損切りしないとどうなるか。改めて別の側面から考えてみました。

 

トレードで当面の利益になる見込みのない損失を限定するのが損切りです。なぜ損切りをするかと言えば、損失を限定したいから。そしてもうひとつ。損切りしないと投資資金が拘束されるからです。その取引では利益の見込みがあまりないのに、他に利益見込みのある取引に資金を投じることができないから、いったん資金をそこから外して自由になるのが損切りです。

 

この世の中のお金儲けに関わることは、すべて苛烈な競争の中にあります。当然にトレードも競争です。誰もが少しでも多くのお金を手に入れようと考えています。朝から晩までそのことばかり考えている人もいます。それでも全く儲からない人もいます。

 

しかし、反対にあまり考える時間も取らずに儲かっている人はいません。センスや勘と呼ばれるような才能だけでは、誰もが群がる競争の世界では足りないのです。それが競争原理の一般論でしょう。

 

トレードの世界は誰でも参入可能です。必要なのは資金だけ。何も勉強せずとも、株を買うのは簡単ですし、売るのも簡単です。しかし簡単なのは売買の行為だけであって、そこから利益を出すのは簡単ではありません。それは初心者の方以外、誰でも知るところでしょう。

 

トレードは、誰かが抱えた損失の分だけ誰かが儲かるゼロサムの世界。自分の向こう側には自分と反対の方に仕掛けた人がいるのです。自分が利益を得る側に回るのか、損失を出すほうに回ってしまうのか。厳しい競争の世界ですから、いつも利益を得る側に回れるとは限りません。時には損失の側に回るものです。少しでも利益を得る側に回る率が高ければ、トータルプラスになります。みんなそこを目指して、しのぎを削っているのです。

 

何度でも書きますが、この世界は本当に厳しい競争の世界です。隙を見せれば、誰もがそこに付け込んできます。一瞬たりとも気を抜けません。次から次へと、トレードをうまく回転させなければ、あっという間に取り残されてしまいます。ぎりぎりの世界の中で、ぎりぎりまで力を振り絞って頑張らないと、特に個人トレーダーはすぐにダメになってしまうのです。

 

これは、ビジネスとほぼ同じです。優良企業であれば、利益の出る仕組みをある程度完成させていますから、多少の失敗、サボリは致命的になりません。あるいは、多少の失敗やサボリが致命的にならないように利益を仕組化できているのが優良企業だといっても良いでしょう。一方で、零細企業、個人企業は毎日が火の車です。常に走っていないと利益を継続的に出すことができません。猛烈な競争の中で戦わなくてはなりません。

 

どうでしょう。ここまで書くと、だいぶ競争のイメージが湧いてきましたでしょうか?

 

トレードでもビジネスでもいいですが、激烈な競争のイメージが湧いてくれば、ここまでの私の記述は成功です。

 

ではイメージが湧いてきたところで、最初に書いた損切りの話です。

 

そんな激烈な競争の中で、損切りごときでまごまごしていられるでしょうか?たかが1回の損切り程度で、切るの切らないのと逡巡していら、あっという間に取り残されてしまうと思いませんか?本来は迷うような場合でないのに、迷っている間に競争相手は次の利益に向かって走り始めているのです。

 

トレードは、回転が命です。1回限りで莫大な儲けを得られるわけではありません。デイトレードでもスイングトレードでも、何回も繰り返しトレードすることで次第に利益を膨らませて行くのが理想です。

 

それなのに、損切りしないで資金を拘束される状態になっているとしたらどうでしょう?トレードの命である回転がままならないじゃありませんか。

 

そういう意味でも、損切りは絶対なのです。

 

損失の限定とともに、資金の回転を担保する損切りは、回転を命とするトレードには必要不可欠のものなのです。

 

これでも、「損切りしない」選択肢を自分に与えてしまうでしょうか?

 

※ 損切りしないで資金が拘束されても、なお回転して余りあるほどの資金がある場合は、この限りではありません。念のため。

 

 

参考記事

→ 「「損切りしない」はどう?

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


トレード本を読もう。

もうゴールデンウィークも後半になってきました。

 

副業でトレードをやっている方にとっては、まとまった休みというのは貴重なものです。専業の方でも相場のない日が続けば、それはそれでひと休みできます。休みというのは、まずは文字通り仕事の休みであって、普段全力で仕事にあたるための休息ということが一番なのかもしれませんが、一方でただ休息というのではなく普段なかなかできないことを実行するという意味もあるかと思います。

 

トレードでいうと、普段なかなかできないことのひとつに、「トレード本を読む」といのがあります。自分の手法が決まっているトレーダーにとっては、今更本など読んでも仕方ないと思うかもしれませんが、これがなかなかためになります。初心者の方にとっても、きちんと本を選べば有意義な時間を過ごすことができます。

 

私も、トレードを始めたころは、毎日本ばかり読み漁っていました。何か自分に響く本はないか、そればかり考えてネットを探ったり、アマゾンで取り寄せたりしました。ブックオフによく行ったのも覚えています。それでも、それがなかなか、自分の実トレードには反映していかないものでした。

 

しかし、理解できたかどうかはともかくとして、トレードを始めた初期の頃に、日本で出版されているトレード関連の書籍がどんなものであるか一通りわかっていたのは強みになりました。その後トレードで困ったときに、何を参照したらいいかが想定できたからです。そもそも自分の課題が本で解決するものなのかどうかに始まり、解決するとしたらどの著者の本にあたればいいのか、察しがつく力がついていたのです。

 

本に対する知識は、トレードに直接影響するものではないかもしれませんが、トレード力を伸ばす助けにはなるのです。きちんと読まなくても、パラパラめくって手元に置いておくだけでも価値はあるものなのです。

 

具体的に、私がおススメする本は、このサイトの中にまとめて書いてありますので、そちらを参照にしていただければいいと思います。(自分なりに厳選したほんの数点についてしか書いていませんので、すでに読んだという方はその限りではありません。)

 

中でも、トレード初心者の方には、まずは一気に読める二階堂重人氏の著作をおススメします。本当にトレード事始めのレベルから書いてあり、なおかつ本質的な具体策まで整理されてあります。

 

トレード本というのは、他人の手法や経験の記述です。1冊の本は、著者の手法や経験で一つのストーリーが編みこまれています。

 

他人の手法や経験というのは、実は自分自身のスタンスがはっきりしてきてからの方が、心にしみて理解できるものです。自分が初心者の頃に読んだ本は、どれもこれも自分よりレベルが高いため、すべてが重要事項として目に映ってしまいます。一生懸命メモを取りながら読んだとしても、その時のレベルでは書いてあるすべてが頭に残ることはありませんでした。

 

なので、初心者の方にはまずは一気に読める本。短時間で、一通りのトレードの本質的なイメージがつかめるような本が良いと思うのです。

 

一方で、自分のスタンスがはっきりしてきているトレーダー方には、少し骨のある本がいいと思います。

 

読んで自分のスタンスや手法が変わるとか、そういうことを期待するのではありません。きちんとした手法というのがどういうものなのか?それを、自分の手法と比べてイメージしてみるのです。自分の手法が、世に認められ出版されている手法と比べてどうなのか?そうしてみると、自分の何が良くて何が足りないかがわかってくるのです。

 

また、ここで特筆すべきは、良いと言える本は、必ず「損切り」に対して非常に重きをおいて紙面を割いているということ。

 

極論すれば・・・損切りがすべてである、という書き方をしているものもあります。様々な本がある中、どんなやり方であっても損切りなしには成立しないということがよくわかります。そして、トレーダーが誰しも損切りに最大限の注意を払い、損切りを大きな課題だと考えていることもわかります。

 

逆に言うなら、損切りについて言及のない手法本はホンモノでないな、ということになります。本を手に取ったら、まずは損切りに関してどのような話を展開しているかざっと見てみると、その本の真価がわかるというものです。

 

そういう意味でも、おススメなのがこの本(「テクニカル分析の最強本」)です。

 

このサイトでも大きく取り上げさせてもらっています。特に、損切りに関する記述は、もう本当に秀逸で言うべきこともありません。とにかく読んでくださいというほど、オススメに自信あり・・・です。

 

取り寄せていると、ゴールデンウィークも終わってしまうかもしれませんが、有意義にお過ごしください。

 

 

参考記事

→ 「良書だけを読め

→ 「テクニカル分析の最強本

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


1 2 3 11
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ