「損切りしない」はどう?


戻るまで待つのは間違っていないが。

 

「損切り」という言葉の響きが悪いからか、最近「損切りしない」手法というのをよく目にするようになりました。株やFXの本で、損切りを勧めるような宣伝文句はあまり見かけませんが、「損切りしない」という宣伝文句はよく見かけるのです。

 

トレーダーとしては、しなくて済むものなら損切りなどしたくはないはずですから、「損切りしない」というコトバには非常に興味をもつようです。

 

これは、手法というより姿勢の問題ですが、「株価がどんなに下がっても、いつか必ず上がってくる。それまで待てばいいではないか。」というのは、確かに間違ってはいません。

 

以前から、株をかじり始めた仲間からそんな話を聞かされることはたびたびありました。私の正直な感想は「待てるなら待てばいいじゃん・・・」というものです。

でも少し冷静に考えれば、待つと言ってもいつまで待てばいいかはわかりません。本当に戻ってくるかどうかだってわかりません。

 

ですから、この姿勢を取れるのは、含み損を忘れ去ってもなおさほどの影響はない、最悪株価がゼロになったとしても仕方なし、と覚悟して割り切れる人だけです。株での利益を本気になってまでは期待しないとか、どうなってもいい完全な余裕資金で株をやっているというお金持ちの人だけです。

 

あるいは、その企業の業績や将来性に何らかの確信を持って投資をしていれば、そういう姿勢になるのも理解できます。その人にとって、その企業の株は決して「わからない」ものではなく、いつか「必ず上がる」ものですから。(そんなことはあり得ないとは思いますが、そこはその人の分析力と信念の問題ですから議論しても始まりません。)いずれにしても、こういう場合も、株の損失をリスクとは捉えていないわけですから、そもそも損切りを考える必要がありません。

 

上のような意味合いで「損切りしない」というなら、まあ善し悪しは別にして理解はできます。私にはできる芸当ではありませんが・・・。

 

 

リスク限定手段は損切りが一番

 

しかし、驚くことにテクニカル分析に基づくトレードでありながら「損切りしない」という手法もあるのです。私も、当然に真相を知りたくて結構興味を持って本を読んだりしてみました。

 

その結果は予想通り。「まあ手法としてはあり得るし理にもかなっている。しかし、損切りのほうが簡単だしリスクも少ないな。」・・・これが、私の感想です。

 

トレードで利益を継続的に得ようとするなら、必ず損失のリスクを限定する手法があるはずです。リスク限定ができなければ、いかに儲かる期待が大きくても、同時に大損失で一発退場のリスクもあるからです。リスク限定の手段が「損切り」という形でないだけで、何らかの手段が講じられているはずです。

 

その手段が、損切りよりもシンプルで大した難しい条件も要らないというなら、さっさと損切りに替えて採用したいところです。しかし、たいていは大きな資金を必要としたり複雑な管理が必要だったり、とても一般個人トレーダーに継続性のある手段には思えません。(もちろん、手法を考案したご本人は「簡単」とか「誰でもできる」と主張していますので、どうしても気になる方は、のぞき見だけでもしてみてください。)

 

例えば、仕掛けに逆行した場合にはナンピンや両建て(同じ銘柄の買いと売りの両方を持つ)を駆使してリスク限定しながら、管理運営していく手法があるようです。よくよく読むと、本当に損切りなしで進められそうに思ったりもするのです。

 

しかし、一つの銘柄でいくつものポジションを保持してそれを管理していくとなると、よほどの金持でなければ、1つの銘柄に特化したトレードになります。そこに銘柄選択という第一のハードルが出てきます。どうやって銘柄を選択するのか。何かものすごい奇跡的な選択眼が必要な気がします。

 

また、両建ては確かにリスクの限定にはつながりますが、両建てしなくてはならないということは、すでにトレンドの把握があやふやになっているという証拠です。あやふやになっている分も含めてのリスクヘッジなら、そもそも、そんな銘柄に固執する必要がないということになると思います。私の立場からだと、同じ銘柄の両建ては単純にリスクがその分増えるとすら思っています。

 

ということで、「損切りしない」手法を否定する気はありませんが、今のところやはり損切りが最強の手法ということになります。

 

損切りは、どうしても損失の確定ですから嫌がられます。トレーダーなら誰だって損失の計上など楽しいはずがありません。だからこそ、「損切りしない」が光を放つ言葉になってしまうのです。

 

でも、そんなにいい話は「3日で大金持ち」と同じくらいにあり得ないと思うべきです。私は損切りこそトレードそのものだと思っていますし、損切りこそ人生の大事な考え方だとすら思っています。損切りが何かにとって代わるなら、それは私にとって生き方のパラダイム変換ともいうべき大きな事件です。

 

今のところ損切りに本当に代わりうる考え方には出会えていません。

 

 

参考記事

→ 「損切りと資金拘束。

← 「損切りしないで破滅・・・のイメージ。


テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ