はじめに


「心にしみるテクニカル」とは

 

「心にしみる」なんて、お門違いのコトバに聞こえるかもしれませんが、本気です。本気でなければテクニカルを語ることなどできないと思うからです。そして、本気の語りを本気できいてもらえれば頭でわかるだけでなく心にしみると思うのです。

 

損切りの大切さはみんな頭では分かっています。しかし、心にしみていないから実行できないのだと思っています。それは、単にその場のメンタルの問題ではなく、どれだけ自分のテクニカル分析に信頼を置けるかという自信と覚悟の問題だと思います。自信と覚悟は、しかるべき勉強としかるべき実践経験からもたらされるものです。

 

世の中には、トレードのテクニカル用語があふれています。しかしそれらの殆どは、知識の寄せ集めです。実際にトレードをやる中からつかみ取られたものではありません。だから、本当は要らない知識が本当に数多くあります。それらをいくら身につけても、損切りができるようにはなりません。ということは、利益もうまく確定できません。

 

トレードをやるからには、本気のツール、心から納得できるテクニカル分析が必要です。そのための核心部分をここで具体的に提供したいと思っています。ここに書かれたことがすべてわかって実行できれば、トータルプラスは実現できます。ただし、実践を伴って心からわかることが必要です。なので、まずは本気で心にしみ込ませてください。心にしみるように、書いたつもりです。

 

 

正しい損切りができる = 正しいテクニカル分析ができる

 

損切りは、あくまでトレード全体の中では防御の役割を果たします。しかし、当然のことながらトレードの目的はどこまで行っても防御ではなく、最終的に利益を出すことです。防御は、あくまでの最終的な利益のための一つの要素にすぎません。

 

ただ、このサイトでは、損切りを通じてトレード成績を高めていくことを目指しています。それは、常に損切りを正しく理解しようと努めることでトレードの全体像が最も効率よくつかめるようになると考えるからです。

 

トレードを始めたらとにかく一番最初に気をつけなくてはいけないのが一発退場です。仕掛けるのは楽しいし誰でも喜び勇んでチャンスを探したがるものです。しかし、その過程で損切りに失敗したら二度と相場に戻れなくなる可能性があります。だから、まず最初に何よりも正しい損切りを覚える必要があるのです。しかし、正しい損切りを覚えるには、正しいテクニカル分析をマスターしなくてはなりません。

 

とても遠回りに聞こえるかもしれませんが、もう少しわかりやすく言うと、正しい損切りを覚えることと正しいテクニカル分析をマスターすることはイコールだということです。

 

 

テクニカル分析の4つのフェーズ

 

正しいテクニカル分析には以下の4つのフェーズがあります。

 

1.相場判断
全体相場の方向(上昇、下降、持ち合い)を見定め、自分のスタンス(買いか空売りか様子見か)を決めることです。相手にするのは日本の相場ですから、基本的には大切なのは日経平均の分析です。しかし、日経平均に影響を与えるニューヨークダウやドル円為替も同時に見ておくことが必要です。

 

2.チャート選択(銘柄選択)
チャートの形を見て、仕掛ける個別銘柄を決めていくことです。買いのスタンスをとるなら上昇の形のチャート、空売りのスタンスをとるなら下降の形のチャートを見極めます。スイングトレードでもデイトレードでも、まずは日足チャートから見ていきます。

 

3.仕掛け
仕掛けのライン(ポイント)を決めることです。例えば前日の高値抜けを買いのラインとするなら、前日高値+1ティックを注文価格と設定します。どうしても約定させたい場合は少し余裕を持たせて、前日高値+数ティックと設定することもあります。

 

4.仕切り
仕切りのライン(ポイント)を決めることです。仕切りの場合は、決めるラインが損切りラインと利益確定ラインの2つあります。必ず決めておくのが損切りライン。これは、仕掛けラインと同時に決めておいて、仕掛け注文が約定したらすぐに注文するようにしてください。利益確定ラインは、おおよその目標でいいので考えておくことです。利益はできるだけ引き伸ばしますので、含み益が出てきたら少しづつ目標を引き上げていきます。

 

まずは、この4つのフェーズをアウトラインとして頭に刻んでください。そして、テクニカル分析の勉強の際には、それぞれの指標や用語が、主にどのフェーズで使われるものなのか、あるいは全部のフェーズに必要なものなのか、意識しておくといいと思います。慣れてくればいちいち順を追って考えなくても、わかるようになります。


ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ