コツコツドカーン


コツコツドカーンのイメージ

 

テクニカル分析をもとに、継続した損切りによって少しづつ利益を蓄積していくトレードを目指すなら、そのイメージは「コツコツドカーン」です。

 

トレードの世界でよく言われるコツコツドカーンは、少ない利益をコツコツ積み上げては大きな損失をドカーンとやってしまい、結果としてトータルでマイナスになる利小損大を表したものです。言ってみれば、儲からないコツコツドカーン。どれほどの正しい仕掛けをもってしても、下手な利益確定と損切りの失敗、つまりは仕切りがうまくないとそのようなことになってしまいます。

 

ここでいうコツコツドカーンはその逆で、儲かるコツコツドカーンです。正しい仕掛けは同じでも、少ない損失をコツコツ積み上げては、大きな利益をドカーンと計上。結果として、トータルプラスになるような利大損小のトレードです。

 

通常言われるトータルマイナスのコツコツドカーンがをやっているトレーダーであれば、トータルプラスのコツコツドカーンもやってできないはずはありません。本当に素直に、単純に、逆のことをやればいいだけなのですから。

 

相場の神様からしたら、利益であれ損失であれ株価の動きという点では平等なのです。そう考えたら、利小損大でも利大損小でも同じ割合でできると考えられないでしょうか。少なくとも、どちらかしかできないということはないように思います。

 

できないとしたら、なにが障壁になっているのでしょうか?誰にでも平等なはずの相場の動きには何の障壁もありません。だとしたら、障壁はトレーダーの側の操作・動きにあると考えられるわけです。トレーダーの操作・動きというのは、トレーダーの判断そのものですから、その判断次第で障壁は取り除かれるということです。だから判断を逆に変えれば、コツコツドカーンが逆になるのです。

 

 

損切りを失敗したときのように利益を引き延ばす

 

儲からないコツコツドカーンの方は、利小損大。あくせく小利益を出しながら、のろのろ大損失を計上・・・していくわけですから、儲かるコツコツドカーンの方は逆にやる。あくせく小損失を出しながら、のろのろ大利益を計上していくことです。

 

まずは少しでも早く利益確定したいと思うチキンの心を、少しでも早く損切りするという方に持っていく。少ない損失を、少しでも早い損切り実施でコツコツと積み上げていく計画とするのです。一方で、利益確定は、ホントにどうしてまだ手放さないのというくらい引っ張りましょう。あたかも損切りに失敗して、塩漬け株を作ってしまうかのように引っ張り続けます。時にはナンピンするかのように重ねて仕掛けていったりするのもありでしょう。そのあたりは、大損失を負った時のことを思い出して逆に考えればいいのです。

 

これで、儲かる方のコツコツドカーンができあがるのではないでしょうか?何となくでもイメージはできると思いますが、いかがでしょうか。あとは、本当にその通りに行動できるかどうかです。儲かるコツコツドカーンは、人間の心に反した考え方をするわけですから、実際の行動にはブレーキがかかるものと思います。
損切りと利益確定の両方いっぺんにできないならば、まずは少ない損失をコツコツ積み上げる方を優先してみることです。損切りは、損切りラインを浅めに設定して目をつぶってでも切る。それだけのことです。訓練の段階では、一律にティック数を決めて損切りにしてしまっても構いません。

 

大きな利益がドカーンのほうは、少し経験が必要になるかもしれません。

要は、仕掛けの正しさを信じ切れるかどうかなのですが、どんな正しい仕掛けでも100%ということはないので、時には引っ張ったおかげで損失になることもあります。儲かるドカーンは、そうたびたびのチャンスはありません。どこで利益確定するかのラインを自分で少しづつ上げていかなくてはならない分、難しさがあると思います。あるいは、難しいことを考えず、こちらも一律に●●%というように利益確定ラインを設定してしまってもいいでしょう。

 

トレードでは、大きな損失や小さな利益はそこそこ簡単に達成できます。人間の心に従ってトレードをやればすぐに達成できます。小さな損失と大きな利益を実現し続けるのが難しいのです。相場の神様は平等なのに、人間がそれを難しくしてしまうのです。

 

そういう意味では、小さな損失の方は目をつぶってでも損切りすればいいだけ、まだ比較的簡単に実行できるのですが、大きな利益のほうは目をつぶって利益確定を「実行しない」というところが極めて難しいのです。

 

でも、損切りを失敗して大きな損失を出してしまうメカニズムがわかれば、それを逆にして大きな利益にすることも不可能ではないことがわかるはずです。儲からないコツコツドカーンを知っている人は、儲かるコツコツドカーンのイメージもしやすいはずなのです。

 

利益が増えていくトレードのイメージをぜひ意識しておくといいと思います。

 

参考記事

→ 「損切りは一気に、利確は徐々に。


テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ