「ついでの仕掛け」は必ず損切り。


考えすぎてしまったり聖杯を求めるあまり完全な仕掛けを目指したりすると、なかなかトレードのチャンスはやって来ません。必然的に「わからない」ということになり「待つも相場」というコトバを利用して自分で自分を納得させてしまうものです。「休むも相場」というのも同じことです。

 

それがいけないことは、前回述べました。

 

しかし、どうせわからないのだからと軽い気持ちで仕掛けるのもまた、トレードでやってはいけない仕掛けの一つです。

 

「軽い気持ちで仕掛けるなど、そんなことするものか。」と思うかもしれません。しかし、非常に調子よく利益が取れているとき、ついつい軽い気持ちで「ついでの仕掛け」をしていないでしょうか?大きな利益が取れているのだから、少し軽い気持ちで小ロットで仕掛けるのならいいのではないか、と思ったことはないでしょうか?

 

私は、こういう気持ちになることがしょっちゅうあります。そのたびごとに、軽い気持ちで仕掛けて大失敗したときのことを思い出して自制しています。きちんと自制しないと、なかなか抑えることができません。

 

また、反対に非常に調子が悪い時、何をやっても損切りになってしまうようなトレードを続けていると、本当にばかばかしくなって、ついつい軽い気持ちでの仕掛けを増やしてしまうものです。普段通りにトレードしていれば何の問題もないのに、ちょっと運が良かったり悪かったりの波に見舞われると途端に気持ちが変わってしまうのは、トレーダーの宿命のような気がします。

 

例えば、競馬などの世界でも同じようなことがあります。日本一の売り上げを誇る年末のG1レース「有馬記念」。実は、この有馬記念の後の最終レースというのが案外大きな売り上げを上げています。大レースで当てようが外そうが、その後の最終レースというのは、競馬ファンにとってどうしても「ついでに」買ってしまうもののようです。当たればその利益をさらに伸ばそうとするし、外せばすぐに取り戻そうとするのでしょう。ですが、その手の「ついで」馬券が当たることはほとんどないでしょう。

 

トレードだって同じです。軽い気持ちで仕掛けたときには、まず十中八九損切りになると思って間違いありません。軽い気持ちですから、大したチャート分析もなく目についた銘柄に飛びついているのです。とても小さな視点でしかチャートを見ていませんから、少し引いて見れば明らかなパーティションが見えなかったりします。また、分足の動きだけで軽いデイトレードのつもりで仕掛けてしまった後、日足のチャートを見てギャフンと言わされることもあります。信用取組を見なかったり、一目均衡表を全く見なかったり、軽い気持ちだといろいろな見逃しが起こります。

 

怖いのは、そんな軽い気持ちで仕掛けたときに、損切りしないで含み損を伸ばしてしまうことです。軽い気持ちだからこそ、例外的に損切りしないで済まそうとするのです。「軽い気持ち=いつもと違う状況」という思いが例外を認めてしまうのです。あまり深く考えずにこの図式を認めてしまうと、その先に地獄が待っていることがあります。たった100株の軽い仕掛けが、途方もない損失につながってしまうことがあるのです。

 

自分は絶対にそんなことはしないと思っているトレーダーの方は、本当に要注意です。自分に自信を持っている人ほど、本当に危ないのです。あれよあれよと含み損を膨らませて行くのは、そういう人なんです。

 

ゴールデンウィーク中の相場なども、案外大きな変動が起こります。この変動に巻き込まれてしまうのも面倒かも知れませんが、変動後の「軽い」仕掛けには注意してください。できれば、やらないほうがいいです。もしやるのであれば、くれぐれも軽い仕掛け出るからこそ、リスクはきちんと負うことを忘れてはいけません。

 

リスクをきちんと負うことなど、普段通りのトレードをしていれば実に普通のことなのです。軽い気持ちだからといって軽んじられることではありませんし、むしろ重視しなくてはいけないということを心してください。

 

本来は、本気で儲けようと思うなら、全身全霊を込めてトレードをするべきなのです。

 

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ