「仕掛けない」と「損切り」(今の相場から)


記事を書くのが本当に久々になってしまいました。
もちろんこの間、何もやっていなかったわけではありません。
ずっと、相場も見ていますし、ブログ(「損切りこそトレード人生」)は書き続けています。

ただ、昨年いったんこのサイトを完成させたように感じてしまったところで、書くべきことは書き尽くした感があり、休んでしまいました。

 

しかし、昨年から今年の相場を追いかけてこの年末。やっぱり、とても困っている人もいるんだろうなあという思いが強まってきました。この年末、相場の様相が今までとちょっと変わってきたなと感じているのです。

 

日本の相場は昨日が2018年の大納会でした。
日経平均は何とか20,000円台を維持して終わりました。しかし、最終週の暴落は想定外だったのではないでしょうか?私も、12月の半ば以降、ここから落ちていくんだろうなとは想定しましたが、マイナス1,000円もの暴落がそこに待っていたとは思いもよりませんでした。

 

私の考えでは、日経平均の相場の様子が大きく変わる変わり目がそこにありました。日経平均の中長期のチャートを見るとそれがわかります。週足も月足も、下降相場の入口に来ているように見えるのです。

 

株価の動きを大きく見るには、グランビルの法則を参照します。日経平均の週足、月足を見ると、グランビルの上昇のトレンドはそろそろ終わりと受け取れるのです。あえて、今後の動きを想定するなら、ここから日本の相場は下げのトレンドに入っていくでしょう。

 

日経平均は月足で見ると、今、上昇の頂点からガクンと落ちてきたところ。今年の10月が本当の頂点。そこからは2か月で4,000円以上も落ちてしまいました。そもそも、日経平均が上昇基調に入ったのは2013年から。6年かけて、上昇の波を刻んできたことになります。

 

2013年にはアベノミクスという言葉が流行語と化し、また東京五輪の開催が決定したのもこの2013年。2013年は、日本の社会経済情勢に大きな光が差してきたときだったのです。しかし、その後の状況は決して明るくはなかったように感じます。東京五輪についても、五輪に向かう明るさよりも五輪後のことを憂慮する声のほうが強くなっているのが今の実態です。

 

私は、トレードに関しては経済的情報やニュースをまったく気にしません。チャート分析オンリーの完全テクニカル信望派です。それでも、以上のような状況は日々のテレビや新聞で知ってはいます。そして、それらの情勢がチャートにもきちんと表れているんだと考えています。チャートはすべての現在を映しだす素敵なツールです。チャートをくまなく見ていれば、世の中の経済的空気感はつかめるのです。

 

今後の相場がどうなるか。本当のところは、その時になってみないとわかりません。私は、来年以降、大きな下降相場がやってくると見込んで、その予測にマッチした戦術でチャート(銘柄)選択をしていきます。しかし、このサイトでも何度も出てくるように、「予測」はあくまで「予測」です。仕掛けの準備は予測をもとにやりますが、実際の仕掛けは予測をもとにしたものではありません。

 

「下がると予測した。だから、すぐに空売りで仕掛けていく・・・」のは間違いです。「ある価格を下回った価格で空売りすると決めて、その価格に来たら仕掛けていく」というのが本筋です。「その価格に来た」という事実を根拠に仕掛けるのです。逆に言うと、どんなに下げを予測していても、その価格に来なければ仕掛けないのです。もちろん、正しく仕掛けた後で予測を外れて上昇することもあります。そんな時こそ損切りです。仕掛けの前に予測外れになるなら「仕掛けない」。仕掛けの後に予測外れになったなら「損切り」。それだけのこと。

 

仕掛けは事実をもとにやるものであって、予測でやるものではないのです。

 

いずれにしても・・・、年末に言われていたのは1,000円の下げがあっての「割安感」でした。それで大納会前はちょっと上昇したのだと。そして、年初に少し光が見えてきたと。

 

でも、本当でしょうか?
そんな適当な予測をもとに年初から買っていくような人がいたとしたら、「ちょっと待って」と私は言いたいです。75日移動平均線が下向きで株価はその75日線を大きく下回っているのです。要するに完全い下降相場の只中なんです。そんなところでどうして「買い」の判断ができるのか?私には暴挙としか思えません。

 

ひょっとしたら、年初に大きく上昇するのかもしれません。それはそれでいいじゃないかと。ただ単に「下げる」という予測が外れるだけのこと。トレーダーの目指すところは、予測が正しかったがどうかではなく、実際に利益を出せたかどうかです。予測なんか外れてもどうでもいいんです。要は継続的に利益が出るのかどうかです。

 

「仕掛けない」と「損切り」。
とても大切なことなのです。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ