損切りの誤解を解く


損切りは、失敗でも負けでもない

 

損切りというと、そのトレードは失敗だったという人があまりにも多すぎます。

トレードの結果が損切りだったというと、すぐに「どこが悪かったかきちんと反省!」という先生も多いです。

「損切り=負け」であり、「損切り=失敗=ダメなこと、嫌なこと」という図式が、大した考えもなく流布しすぎているのです。

 

このことが、いかに株やFXの初心者によくない影響を与えていることか。損切りについては、その実態にそぐわない悪いイメージが蔓延しています。

 

株やFXをやっている人は、あまりにも損切りを悲しみすぎます。

まずは、この悪いイメージを忘れてください。

損切りしようと前もって予定していた損切りは、決して負けではありません。株やFXの損切りは、正しく実行されるなら、それは勝利です。少なくとも、私はそう考えるようにしています。

 

そして、間違った損切りは絶対にしないよう肝に銘じています。

 

正しい損切りは、もともと自分の計画(予定)にあったもの。間違った損切りは、予定していなかったもの。間違った損切りをすれば、資金的にも精神的にも大変辛い状況を招きます。これをやってしまった時こそ「負け」であり「失敗」なのです。

 

確かに、正しい損切りであっても「あーあー、やっぱり駄目だったか」という気持ちにはなります。どうせ動くなら利益が出るほうに動いてほしかったな・・・と。

 

でも、損切りポイントを決めるということは、損失を想定の範囲内に置くということです。トレードで全ての仕掛けが利益になるなどあるわけありません。

それはわかっていることなのに、実際に損切りになるとがっくりするというのでは、仕掛けないほうが良かったことになってしまいます。
損切りを「負け」や「失敗」だと思っていると、損切りが必要以上に嫌になります。
損切りが嫌になれば、損切りしない方向に考えるようになってしまいます。

それが、いずれは塩漬け株を生み出し、大きな大きな損失につながることになってしまいます。

 

 

損切りはトータルプラスのための部品

 

十分に仕掛けの銘柄を検討吟味し、しかるべき仕掛けのポイントを分析し、おおまかな目標利益と、損切りのラインを決めてトレードをやったとします。結果的に、利益が確定できれば嬉しいし、損失となって損切りとなれば悔しくて悲しい。この感情の動きは、人間として普通のことです。1回1回のトレードを大切にすればこそ、当たり前の感情だといえます。

 

しかし、そのトレード結果が嬉しかろうと悲しかろうと、次のトレードは続きます。トレーダーを続ける限り、自分の満足の限り次から次へと毎日毎日トレードが繰り返されます。

 

毎日のトレードを通じて一番重要なのは、積み上げられた最終的な利益です。

誰でもそう考えているはずです。

 

であれば、利益であれ損失であれ、1回1回のトレードは最終的な合計利益のためのものでなくてはなりません。つまり、1回1回のトレードは、最終的な合計利益を高めるための「部品づくり」だということです。

 

利益確定のときは、こう考えます。
「この利益は、合計して大きな利益にするための部分利益だ。」

損切りのときも、やはりこう考えます。
「この損失は、合計して大きな利益にするための部分損失だ。」

 

1回の利益や損失は、大事ではあるけれども、あくまで部品でしかないのです。どんなに検討と吟味を重ねたトレードでも、1回のトレードは部品なんです。

 

だから、そこに必要以上にこだわっではダメなのです。確率的には、利益があれば必ず損失もあります。損失を嫌がって損切りをせず、1回の損失を必要以上に増やしていたのでは、全体の合計利益に大きな影響が出てしまいます。

 

 

損切りに例外はない

 

東日本大震災以来、「正常化の偏見」という災害心理のコトバがクローズアップされました。これは、人間は目前に危機が迫っていても、「自分だけは大丈夫」と考えがちで、そのことを表したコトバなのだそうです。人間には、自分にとって都合の悪い情報を無視し、過小評価しようとする心の動きがあるというのです。

 

たとえば、緊急地震速報が鳴っても逃げる準備をしない人。

「まあ、大丈夫なんじゃないか・・・。」

 

私の体験でいうなら、実際、東日本大震災の余震の時でも、この速報が「空振り」したことが多々ありました。速報音が鳴ったのに、何も起こらないこともある。だから、とりあえず逃げない。そして実際「空振り」だったならば、「逃げなくて正解だった」と思ってしまうのです。
この話は、トレードの損切りでも同じように当てはまります。損切りは、必要以上の大きな損失を防ぐものです。株価が損切りラインまで来るということが、すでに大きな損失に対する警報なのです。

 

確かに、いったん損切りラインを過ぎても、再び元に戻ってくることがあります。

だから「損切りしなくてよかった」と。
しかし、大きな災害では、たった一回の逃げ遅れが本当に命取りになります。実際に、東日本大震災のときには1,000年に一度の大津波がやってきて、大変なことになったのです。

 

損切りも、たった一回の失敗で、資金のすべてを失うことがありえます。

「自分だけは大丈夫」、「今回だけは何とかなるかもしれない」というのは、すべて正常化の偏見です。

 

利益確定のときと違って、損切りのときは、危機が眼の前まで迫っているのです。

だから、そのラインを損切りポイントに決めたはずなのです。警告音が鳴ったときには、いつも必ず絶対に行動しなければならない。その備えが身を救います。

 

損切りに例外を作ることは、危機に身を任せる自殺行為です。

 

損切りには、例外を作るべきではありません。

 

 

参考記事

→ 「トレード脳とは。


ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ