「軽い気持ち」が損切り失敗を生む。


「トレードの利益が安定的に出るようになって、しばらくの間はうまくやっていた。なのに、何かの拍子で損切りをせずに持ち続けてしまった。損切りラインは決めていたのに、そこを過ぎでもいいやと考えてしまった。」

 

これは、トレードを続ける中で誰にでも起こりうる出来事です。
私にも、こういう経験があります。

 

勉強も実践も十分に積んで、損切りも特に躊躇もなくできるようになり、損切りに失敗するなど考えられないと思っていたのに、なぜ、普段通りに損切りできないようなことがあるのか。

 

私の場合は、もう数年以上も前のことです。その時の心の動きがどうであったのか、はっきりとは思い出すことができません。ただ、覚えているのは、軽い気持ちで仕掛けたのに案外な損失になってしまったなあということです。

 

念のため、その頃のトレード日誌を読み返してみました。

 

それは、とある有名な銘柄の買いのトレードでした。200円台の低位株でしたが、当時ちょっと注目されていた銘柄で、デイトレードでの仕掛け。ちょっと取れればいいやというスキャルピングに近い狙いで仕掛けたものだったようです。

 

日足のチャートは、買いで仕掛けられるような形ではなく、むしろ下落の形。分足の動きの中で買いサインが出たので仕掛けたということのようでした。この銘柄は、連日の乱高下でデイトレーダーからは注目を集めていて、大きな動きの中で少しだけなら取れるだろうと楽観していたと考えられます。

 

そして、分足でその日の高値ラインを抜けたブレイクで買いで仕掛けていったのです。数分の間で、ほんの数ティックだけサクッと利益を取って軽く終わりにするつもりの仕掛けだったと思います。数ティック取れればいいというトレードでしたので、株数は大きく張りました。まずは、それがいけなかったと思います。

 

仕掛けの結果は、高値パーティション抜けのダマシでした。私は、高値つかみの状態に陥りました。そして、株価は急速に下がり、一瞬にして利益にするつもりが、一瞬にして含み損が生じてしまったのです。5~6ティックほど下に損切りラインを設定していたので、本来なら即損切りという場面でした。

 

しかし、仕掛けた株数が大きく、その分大きな損失を生じてしまったために、すぐには損切りできなくなってしまったのです。それにも増して、損切りラインよりはるか下で、同じ株数のナンピンに出てしまったのです。

 

ナンピンした後、少しは反発して、全部手仕舞いしようかというラインまで上昇はしたようです。そこで手仕舞いできていれば、損失はまだ少なくて済んでいたと思いますが、結局、そのまま持越しにしてしまいました。軽い超短期のデイトレードのはずが、スイングトレードになってしまったのです。

 

そして、それ以後この株価の水準に戻ることはありませんでした。およそ2ヶ月もの間保持し続けました。できるだけ思い出さないようにしていましたが、もともと、日足チャートでは買いの形ではありませんでしたから、自分が望んだ方向に上昇することもなく下落していきました。もう駄目だと思って損切りした時には、かなりの損失となっていました。

 

損切り失敗には、多くの原因があります。

 

仕掛けの側での原因としては、
●日足を無視している
●軽い気持なので検討が甘い
●利益だけを考えた株数の大きさ
●仕掛けにくい不安定な乱高下という環境
・・・・というのが挙げられるでしょう。

 

手仕舞いの側での原因としては、
●甘い検討の中で利益しか考えていない
●覚悟をもって損切りラインを決めていない
●ナンピンの採用
●含み損という理由だけでデイからスイングに時間軸を変えた
・・・・。

 

大きくまとめれば、要するにトレード計画がまるでなっていない、ということです。

 

確かに、デイトレードの場合であれば、時間的制約が大きいので、しっかりとしたトレード計画よりも仕掛け自体が優先されることもあろうかと思います。

 

けれども、それは十分に熟達したトレーダーだからこそできることなのです。実情に即して言うなら、熟達したトレーダーならば、しっかりとしたトレード計画が一瞬にして頭の中で展開するのです。決してトレード計画が不十分なまま仕掛けるわけではありません。

 

トレードで仕掛けるということは、損失のリスクを負うことと同義語です。その覚悟がないならば、仕掛けるべきではありません。

 

損切りを失敗するトレーダーには、そのことが分かっていないのです。結果として、利益のみを追いかける、リスクを負う覚悟のないトレードになってしまう、ということなのです。

 

利益だけではトレードに成り立ちません。損失があって初めて全体としてのトレードが成立します。損失はリスクしか知れませんが、トータルで利益を出すためには絶対不可欠のリスクなのです。

 

そこが理解できないと、利益一辺倒のトレードになってしまいます。利益を考えるだけでは、計画不十分な仕掛けとなるわけです。

 

軽い気持ちでトレードに臨むとき、トレーダーは利益のことしか考えていません。それゆえに損切りができなくなります。うまくいっている時ほど、気持ちは軽くなります。そして、損切りができなくなるのです。

 

相場では、なんでも起こり得るのです。だから、どんな場面でも損失がありうるのです。よく考えてみれば、当たり前のことなのです。しかし、心が軽くなれば、この当たり前のことが飛んでしまいます。

 

だから、何度でも改めて考えなおすことが必要です。でないと、ちょっとの利益のつもりが、とてつもない損失になってしまいます。

 

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ