損切りしないで破滅・・・のイメージ。


トレードで破滅というのは、大きくあった資金がなくなってしまうということでしょう。そして、なぜそんなことになるかと言えば、損切りしないからだということになるでしょう。

(どんなに大きな資金であっても、ゼロになっても構わないということなら、損切りなどする必要はありません。しかし、それは破滅ではありません。なくなっても困らない資金がなくなっても、困らないわけですから。・・・念のため。)

 

ダメな会社の株を買ったから破滅するのではありません。
仕掛けを失敗したから破滅するのではありません。
損切りしなかったから破滅するのです。

 

これは初心者だろうが、ベテランだろうが、カリスマトレーダーだろうが、誰であっても同じことです。

 

「いずれは必ず値が戻る。」
そう思ってしまったら、おしまいです。
確かに、値動きには何があってもおかしくはありません。相場の先行きは誰もわかりません。値が戻って損失が消えることもあるとは思います。

 

しかし、もともとは確率が高いと考えていた方向に仕掛けたわけです。仕掛けの根拠は確率です。その根拠が崩れたからこそ損失になっているのですから、その時点で、その仕掛けは終わらせるべきなのです。続けるとすれば、最低限仕掛けたときよりリスクは大きくなっていることを知るべきですし、それを知ったら続けるべきでないことくらい理解できるというものです。

 

「まだ、耐えられない損失ではない。」
そう思ってしまったら、やはりおしましです。
耐えられない損失ではないからこそ、今切っておくのです。耐えられない損失がどの程度なのか明確に答えられないからこそ、こういう思いが出てくるのです。

 

仕掛けの時から、耐えられない損失がどの程度が明確にしておくべきですし、それを踏まえて損切りラインを決めておくべきです。であれば、損切りラインを越えたときに、耐えられる領域は終わっているのです。

 

「そろそろ有利になるという情報もある。」
そう思ってしまったら、もう本当にダメダメです。
そんな情報は、いつでも転がっています。だからいつも売買が成立するのです。買う側には買う側の、売る側には売る側の、双方に必ず根拠はあるのです。

 

損失を抱えると、自分に有利な情報にしか耳を貸さなくなるのが人間です。少しでも自分に有利な情報を見つけると、それにすがって自分を正当化してしまうのです。情報元が損失の責任を取ってくれますか?トレードの結果は結局自分にしか返ってこないのです。

 

巷では、ときおりカリスマトレーダーがすっからかんになってしまうようなニュースを見聞きすることがあります。トレード以外に手を出して・・・というのが理由であることもあるようですが、おおかた損切りの失敗が原因であることが多いようです。

 

今まで、破滅ということを実感するような場面がなかった人ほど、破滅への道に直面すると通常の精神ではいられなくなるようです。いくらメンタルを鍛えたところで、自分が知らない世界には対処できないということでしょう。

 

「自分が破滅してしまったら?」なんてことを考えることもなくトレードをやっていれば、そうなってしまうのだと思います。

 

でも、もしそうであるなら、ほとんどすべてのトレーダーにその危険はあるわけです。破滅を実際に経験するトレーダーはそう多くはないでしょうし、破滅してしまえば戻れないわけですから。

 

大切なことは、損切りすることの悲しさより、損切りしない怖さを理解しておくということです。損切りしないことの怖さがわかれば、損切りすることが正しいとわかるからです。

 

自分が破滅するイメージ・・・一度頭に描いてみてもいいんじゃないでしょうか?

 

 

参考記事

→ 「「損切りしない」はどう?

→ 「損切りしないと…(事例リンク)

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ