損切りと失敗は厳格に区別する。


仕掛けたトレードが損切りに終わると、「うまくいかなかった」とか「失敗した」というトレーダーがいます。

 

また、損切りになったトレードについて、「どこが悪かったのか納得できるまで反省しよう」と語っているトレードの先生もいます。

 

こういう姿勢は、勉強しているトレーダーには本当に迷惑です。百害あって一利なし。

 

どちらも、大前提として損切りは失敗であって良くないことだと捉えているからです。

 

損切り=失敗、損切り=良くないこと、と考えてしまうと、損切りへのマイナスイメージが生まれます。それはそのまま、損切りのすることへの躊躇になってしまいます。トレーダーは、損切りで終わるトレードなど絶対にしたくないと思ってしまうのです。

 

それはトレーダーにとって、とてつもなく大きな影響を与えてしまいます。

 

株価の変化に対しては、完全な予測というのはあり得ません。このことは、誰にだってわかるはずです。

 

必ず利益になるような仕掛けはあり得ません。このことだって、誰にでもわかるはずです。

 

どんなに全力を尽くして分析した仕掛けでも、それが損失で終わる可能性は常にあるのです。その場合、損失で終わった原因は、仕掛けにあるわけではなく、単に株価の動きがそうなったからというだけのこと。そこで株価の動きの原因を探っても、次に同じことなど起こるかどうかわからないのです。

 

どうして、その場面で仕掛けたのか?

という反省は、いつでもあり得ると思います。

 

でも、そこに理解できる根拠が見いだせたなら、結果が損切りで終わったとしても、「そういうこともある・・・」というだけです。それは、トレーダーの失敗ではないし、不可避の損切りです。「反省」など、まったく意味を成しません。

 

損切り自体は、悪いことではありません。失敗でも反省すべきものでもありません。むしろ逆です。

 

仕掛けの時に決めておいた損切りタイミングの通りに損切りをしたなら、そのトレードは成功なのです。

 

個々のトレードの成功は、利益になるか損失になるかという基準で考えてはいけません。決めた通りに実行したのかどうか、それが基準なのです。たとえ利益確定で終わっても、決めた通りのタイミングでなければ、そのトレードは失敗とするべきです。

 

反省すべきは、なぜ損切りになったのかではありません。

 

損切りであれ利益確定であれ、そのタイミングが正しかったのかどうか。振り返りの焦点はそこでしょう。それも、個々のトレードで判断すべきことではなく、一連のトレードを通じての自分の戦術、ルールについて振り返るべきでしょう。

 

トレードがうまくなりたいと思うなら、「決めたルールで利益確定し、損切りする」という成功トレードを繰り返し積み上げていくことです。一連のトレードでトタルプラスを継続するには、それしかありません。

 

では、往々にしてそれができないのはなぜなのか?

 

一度決めたのだから、あとは実行すればいいだけ。難しいことは何もないはずです。

 

でも・・・できない・・・。

 

理由は非常に単純で、「決めたルールに自信が持てないから」です。

 

どうにでも変わりうる相場の性質を前にして、自信が持てないルールで対応すれば、誰だってすぐにルールを変更してしまいます。「ルールではここで損切りだけど、また戻ってくるんじゃないか」とか、「今ここで利益を確定しておかないと、すぐに逆に行くんじゃないか」と思ってしまうわけです。

 

このルールでやっていれば、いろいろと浮き沈みはあっても最終的にはトータルプラスになるんだという信頼感。そういう自信が、ルール通りのトレードの実行には必要なのです。

 

これは一朝一夕に身につくものではありません。一定の勉強と、一定の実戦経験が必要です。そしてこの実戦経験が成功体験になったとき、ルールへの信頼が生まれるのです。

 

では、どうやって成功体験を積むのか?

 

そこは、次回書いていこうと思います。

下に挙げた参考記事などをつらつら読んでいただければ、それなりに見えてくるとは思いますが、新たな話も交えて改めて書きたいと思います。

 

 

参考記事

→ 「損切りへのいざない

→ 「損切りの誤解を解く

→ 「損切りの反省?

→ 「損切りの前提『はじめに』

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ