損切りの後にやる気スイッチを入れるな。


損切りとメンタルの関係を非常に重視するトレーダーがいます。しかし、損切りをきちんと実行することとメンタルはあまり関係がありません。損切りできないことをメンタル強化で解決しようとするのはお門違いです。メンタルをいくら強化しても、自分が決めた損切りラインのテクニカル的な根拠に自信が持てない限りは大した効果はないでしょう。損切りできないのは勉強や成功体験が足りないからであって、自分の性格のせいにしてはいけません。
(成功体験を得るためには「損切りできない理由」をご参照。)

 

損切りとメンタルの関係を語るなら、むしろ損切り実行後の心のあり方についてだと思います。

 

トレーダーは損切りを実行すると、何とか取り戻そうと考えます。そして、仕掛けに対して猛然と前向きになります。俗にいう「やる気スイッチ」が入った状態ができあがってしまいます。一般的に、競馬でもパチンコでもギャンブルで負けている人は負けを取り戻そうとしてどんどん深入りしていしまいがちです。トレードも同じです。損失が大きければ大きいほど、やる気も比例して大きくなります。

 

適度なやる気ならば何の問題もありませんが、トレードでは必要以上のやる気は大変なマイナスになります。

 

必要以上のやる気を持つと、自分に対しても相場に対しても客観的でなくなります。いつもなら思いとどまる仕掛けを簡単に実行してしまうようになります。また、大した準備もしていないのに「エイヤ!」で仕掛けてしまいます。やる気によって客観性を欠くと、どうしてもリスク量よりチャンスの量が大きく見えてしまうのです。

 

客観的にトレードをしていてさえ、損切りが繰り返されることも多いのです。ましてや、客観性を欠いて自分の思い込みだけでトレードすれば結果が散々になるのは明らかです。最悪の場合は、理性を完全に失い頭が真っ白になり、自分から散々になるのを望んでしまうようなことも起こり得るのです。

 

これは、損切りに失敗した時だけでなく正しい損切りを実行できた時ですら起こります。損切りはいかに正しくても損失は損失ですから、普通に考えたら楽しいことはありません。どうしても取り返そうとしてしまうのです。せっかく正しく損切りできたのに、取り返そうとするメンタルのコントロールに失敗して、不要な仕掛けをしてしまうのは、本当にもったいないことです。

 

実は、このメンタルの動きは損切りの時だけでなく利益確定の時も同じ動きをします。損失が出ても利益が出てもトレーダーの心は当然に動きます。利益が出たら出たで、トレーダーは俄然やる気になるものです。儲かった事実を背景に「もう一丁!」をやってしまうのです。

 

ギャンブルでは、儲かったらそこで終わりにするのが定石です。ついつい気が大きくなって、ついでにもう一つまでを狙おうとすると、それが地獄の第一歩だったりしますので要注意なのです。リスクが限定されたギャンブルならそれでもいいのでしょうが、トレードのリスク限定はとりあえず損切りだけがその手段です。トレードはギャンブルだとは思いませんが、偶然の影響する割合も大きいと思いますから、ギャンブル的な側面もあります。くれぐれも留意するべきかと考えます。

 

損切りを実行したとき利益確定したとき、いずれにしてもスイングトレードの新たな仕掛けは少し待ちましょう。どうしても仕掛けたいと思っても、できればその日のうちの仕掛けはやめるべきです。たとえ、前もって考えて準備していたとしても。全体相場(日経平均)の状況、仕掛けの根拠、損切りのラインは最低限もう一度明確にしてやることです。

 

 

参考記事

→ 「損切りできない理由

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ