損切りを常に意識したトレード。


スイングトレードだろうがデイトレードだろうが、損切りタイミングは必ず仕掛ける前に決めておきます。仕掛けるとき、トレーダーには利益しか見えていません。損切りのことなど考えていません。当然です。利益だけが見えるから仕掛けるのです。しかし、忘れていけないのは「相場はわからない」ということ。だから常にいつも「わからない」ことをリスクと思って損切りありきの仕掛をしないといけません。

 

チャートを見ていて、ここが仕掛けのポイントだ!と思ったら、すぐに損切りのポイントも見つけてください。迷うことがあるかもしれませんが、その時は損切りポイントを決めるまで迷ってください。そうでなければ仕掛けてはいけません。迷った時の考えの指針は、テクニカルと資金状況です。デイトレードなら、これを瞬時に判断しないといけませんが、慣れればすぐにできます。これは本気でトレードに向かう意識の問題です。

 

損切りを考えることは、トレードへのブレーキになるかも知れません。せっかく積極的に仕掛けようという気持ちに水を差すことになると思います。しかし、水を差すことだけで破滅しなくて済むのなら軽いものです。ブレーキがなければ、差す水がなければ、本当に退場を余儀なくされることがあるのです。

 

スイングトレードの買いの場合なら、損切りラインとしてまず見るのは直近の日足チャート波動の安値です。そこを割ったときに損切りして資金的に問題ないかどうか。問題があるなら仕掛けちゃダメ。次の損切りラインを探します。仕掛けようとする日の前日のローソク足の安値はどうか?あるいは、まだ見えていない当日のローソク足の安値か。いずれにしても、まあそのあたり。

 

自分で、投入資金の●%マイナスになったら損切りと決めている場合も、できれば、単に●%で損切りするのではなく、その範囲内でテクニカル的に意味ある損切りをしたいものです。ごく初心の頃は一律の取り決めでもいいですが、経験を積んだらテクニカルの節目を第一とした損切りラインを使いましょう。おそらく、自然にそうなると思いますが。

 

仕掛けたときに自分で決めた損切りラインはよほどの突発事件がない限り変えません。これは不可侵のルールとして欲しいと思います。慣れないうちは、最初にチャートを見て検討したときの印象が一番客観的なものです。その後の値動きの中で、次第に客観性は失われていくはずです。だから、最初の考えを最大限重視するということをルール化しておくのです。ただ、ルールと言っても守る守らないは自分の裁量ひとつです。全身全霊を込めて本気で守るようにしてください。

 

損切りに失敗するときというのは、何か突発事件が起きて物理的に損切りできないというより、軽い気持ちで仕掛けて、大したことはないとの軽い気持ちで損切りラインを決めずにいるうちに大きな損失になっていってしまいます。あれよあれよ・・・と、そうなってしまうのです。事前に損切りラインを決めておくだけでも防波堤になります。決めた損切りラインに自信が持てるようなら完全な防波堤です。自分の中で防波堤が次第に築かれているのを感じるようになれば、トータルプラスが近づいていると思ってよいでしょう。

 

参考記事

→ 「損切りタイミング

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ