早めの損切り?


予定より早めの損切りって?

 

損切りラインは、一度決めたら変えないことが肝要です。

 

仕掛けの後、自分の思惑通りに値が進めば含み益が出ます。この含み益はできるだけ引き伸ばしていくのが基本です。ちょっと逆行したくらいでいちいち反応してマウスに手をかけては駄目です。含み損に変わってしまうならわかりますが、含み益が出ている状況ではできるだけリスクを取ってもいいのです。どこまで利益が伸びるのかはわからないのですから、はっきりした逆行のサインが出るまではできるだけ可能性を追いかけてください。

 

自分の思惑通りに進まず値が逆行すれば含み損が出ます。この段階ではリスクを大きく取る意味はありません。仕掛けの段階で損切りラインは決めているはずですから、それに従えばいいだけです。また、もし仕掛けた後に損切りラインを間違えて設定していたことに気付いたなら、どんな理由・経緯であれすぐに修正してください。「一度決めたら変えない」とはいえ、人間ですから間違いは必ずあります。それはそれで、すぐに修正すればいいのです。

 

よく聞くのが、逆行した段階で予定より早めに損切りして正解だったという話です。単に「早めの損切り」というなら一般論としては理解できるのですが、「予定より早めの損切り」ということになると解せません。なぜ予定より早めに損切りするのでしょうか?

 

予定より早めの損切りを、予定より損失が小さくなるという理由で推奨するのはおかしな話です。そういうことだと、なぜ最初に損切りラインを決めているのかわからなくなります。「最初に決めたときには分析が甘かったが、実際に逆行してみて改めて分析したらもっと早めに損切りする方がよいことに気が付いた」、ということなのでしょうか。それは、予定の損切りラインが間違っていたということであって、最初からしっかり分析すればいいのです。

 

予定していた損切り位置も正しくて、予定より早めの損切りの位置も正しいなんて、あるはずがありません。仕掛けた後にどんな状況が出てくると、そういうことになるのでしょうか?

 

まあ、たいていは場を見ていて逆行することが明らかになったので予定まで待たずに早々に切っておく、といった感じだと思います。でも、逆行する可能性があるということは十分に想定しているから仕掛けの時に損切りラインを設定しているのです。現実になったからと言って意見を変えるということは、もともと現実だと思っていなかったってことなんです。そりゃーーーー甘いですよ。そもそも。もっと真剣にトレードを考えないといけません。

 

予定の損切りを早めていいケースは、私の考えではひとつだけ。買い仕掛けた後に、日経平均もしくは保持銘柄の日足MACDがゼロラインより上でデッドクロスした場合・・・だけです。それ以外に、事務的な理由(急な入院など)でなくテクニカルの理由で予定の損切りを早めなくてはならないケースはほとんどないと思います。

 

 

損切りしないよりもたちが悪い

 

正しく決められた損切りラインを仕掛けの後に予定より早めるというのは、事実に基づいたトレードを、予測に基づいたトレードに切り替えるということです。予測が根拠になると自己裁量の余地がそれだけ大きくなります。それは、客観より主観を重視することにほかなりません。あるいは、その時々の感情に左右されるということもあります。

 

仕掛けの後に含み損になるというのは、どんなに正しい仕掛けであっても防ぐことはできませんし、そのこと自体は忌み嫌うような現象でもありません。どこまで下がったらあきらめるのかは、テクニカル分析に則ってきちんと決めているのです。実際に含み損になったかたといって、ビビッている場合ではありません。仮にビビッても、それを実際の行動に反映させてはいけません。

 

どうしても値動きが気になって仕切りの位置を変えに向かってしまうというなら、値動きを一切見ないことです。損切りの逆指値の注文だけ入れておいて放っておくことです。場を見ているとどうしても感情のブレがありますし、期待や恐怖も増幅されるような場面に遭遇したりもします。私もスイングトレードなら、仕掛けた銘柄のその後は気にしないようにしています。場中で保持銘柄の値動きを見ない、というのは非常に有効な方法かと思います。

 

予定より損切りを早めることは、決めたとおりにやらないという意味では損切りしないのと同じです。つまりは失敗トレードです。正しいトレードキャリアにはなりません。結果的には、正しく普通に損切りするのよりも損失は少ないので失敗には見えませんし、収支的にもマイナスにはなりませんから痛くもありません。

 

しかし、その分「良くないことである」という意識は非常に低いものになり、場合によっては「良いことである」という意識にすらなってしまい、かえって習慣づいてしまう恐れも大きいわけです。

 

予定の損切りを早めるのは、単なるその場逃れのテクニックにすぎません。偉いことでも褒められることでもなく、情けないことと言ってもいいと思います。

 

損切りは、遅らせるのも駄目だし早めるのも駄目なのです。

 

 

参考記事

→ 「損切りは見ない。


テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ