成功体験をつかむために。

自分のトレードルールに自信が持てなければ、それに従ったトレードはできません。せっかく損切りラインを決めても、「本当にそこで損切りするのがいいんだろうか?」などと疑問を持ってしまうようでは実行できません。利益確定のラインに関しても同じです。ルールに自信があるからこそ、ルールに従ったトレードができるし、ルールを徹底的に守れるようになるのです。

 

そして、自分のルールに自信を持てるようになるには、自信を持つに足る事実=実績が必要です。自分でも納得できるだけの客観的なトレード実績。すなわち、一定期間におけるトータルプラスの収支を挙げる成功体験。

 

トータルプラスの成功体験こそが、トレーダーに自信を与えます。日々の損切りや利益確定が一定期間を経るとトータルプラスになるのだという自信。それがあればこそ、都度都度の的確無比の損切りが可能にあるのです。そこにはメンタルが入り込む余地はありません。メンタルごときで解決する程トレードは甘くないのです。

 

では、成功体験を積むためにはどうしたらいいのか?

今日のテーマはそれ。

 

最初に答えを書いてしまいますが、「信頼できるトレードルール(トレード手法)を知って、それをひたすら実行する」ことです。

 

一番いいのは、信頼できる先人を見つけてその人の手法を習い続けることです。

世の中にはたくさんのトレード学校があります。それらの宣伝文句を徹底的に見比べて、自分が一番信用できると思ったところに入門するのがいいでしょう。学校には、先生がいます。実際に自分でもトレードをやりながら教えている先生なら、立派な先人足りうるでしょう。

 

何かを習うときは、それに習熟した人に習うのが一番です。内容を学ぶだけなら一方通行でもいいと思います。動画でも本でもいいと思います。しかし、それだと教わっている自分を客観的に見ることができません。自分の悪いところを指摘してくれるのは、生身の先生だけです。自分の解釈が正しいかどうかは、教わるだけではわからないのです。

 

損切りラインの基本や実際の応用方法を知ったとしても、いざ自分で決めたときにそれが的確なのかどうか?それは未熟な自分では判断ができないのです。リアルな先生のいいところはそこです。

 

ただ、先生の欠点は案外なお金がかかることです。

 

信頼できるトレード手法というのは、極めて貴重なノウハウですから、それを伝授するには大きな対価が当然に必要です。お金以外に何か先生に提供できるものがあれば別ですが、そうでないならそれなりの金銭を犠牲にするしかないのです。

 

その金銭が大きいかどうかは人によるかとは思います。いろいろな実例はあるかと思いますが、20万円から100万円くらい・・・、ピンキリではありますが、かかると思って間違いありません。

 

お金がないというなら、動画や本といった教材に頼るしかありません。

トレード学校によっては、動画やテキストで学ばせて生徒の支払うコストを抑えようとするところもあるくらいです。

 

確かに、最近は質の高いものもあるとは聞きますが、やはり一方通行に変わりはありません。メールやスカイプで質問無制限というのもありますが、それも対面にははるか遠く適いません。

 

数万円程度にコストを抑えたものだと、まがい物も多くあります。しっかりしたトレード学校で教えている内容を、あたかも自分で開発したかのように喧伝して売っている会社もあるくらいです。現在はネット商売も非常に盛んでブログや評価サイトなどを使って販売促進に余念ない教材も多いです。それらのブログや評価を読んでみると、トレードなど少ししかやったことのない素人の方が書いていることがすぐにわかります。

 

一方で、証券会社や金融関係の専門家や先生が書いたものも、実際のトレードでは役に立ちません。こうした方々は、まず間違いなく自分でトレードなどやっていませんから。トレードにおける抽象的な考え方や心構えで役立つことはあっても、「信頼できるトレードルール(トレード手法)を知って、それをひたすら実行する」ことに役立つ情報は、おそらく持っていません。間違っても、具体的な損切りラインのルールなどは”ない”と思います。

 

投資教育の世界は、コマーシャリズムの固まりです。誰もかれもお金儲けがしたくて、この業界に入ってくるのです。まがい物があるのも仕方ありません。

 

ひとつの教材選択基準として、あまり販売促進にお金や労力を使っていないということが大切だと思います。正直に言って、毎日日中に行われるトレードを真剣に追及していたら、販促を検討する時間や労力が不足して然るべきなのですから。販促が多い、ネットであちこちに広告が出ているというのは、それだけトレード理論に労力がかけられていないと考えてよいと思います。

 

教材で重要なことは、具体的な仕掛けや仕切りの手法が解説してあることです。どこで損切りするのか、具体的な記述があることです。そこがあいまいではどうしようもありません。そして、教材に信頼性があると思ったなら、できれば著者に直接に何度も何度も質問することです。自分の考えを送って、その是非を判断してもらうことです。たとえば具体的な仕掛けや損切り、利確のラインを具体的に納得できるまで、何度でもしつこく訊いてみることです。そうした質問に真摯に答えてもらえないなら、信用できるとは思わないこと。

 

ちなみに、私はトレード学校に通って何人かの素敵な先生と出会いました。その成果はやはり絶大でした。今の私のトレード手法は、そのほとんどがその学校の教えを基本としています。もちろん、「損切り絶対」という考え方は私固有のものですが、学校に通うことで、私のトレードに対する考え方は180度変わりました。

 

それでも、本当にどうしたらいいかわからないなら、このサイトの無料メール相談にご相談ください。無料ですから、お教えできる限界はありますが、それでも必ず参考になる情報をお伝えできると思います。

 

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。

 


カテゴリ:ホーム  [コメント:0]

読むだけでトレードの総合力を上げる。

私は、7-8年前から少しづつトレードの勉強を始めました。当初は、本屋さんにあるトレード関連の本を読みまくりました。まずは相場の何たるかを知るために入門書を読み、その後、トレード手法に関する本を手当たり次第に読みまくりました。今頭に残っている知識のほとんどは、その時の読書によって仕入れたものだと思います。

 

でも、いくら本を読んでも自分のトレード成績は上がりませんでした。その元凶が損切りのやり方にあることはわかっていました。トレードの収支計算をすると、それなりの利益は取れているのに、損切りの金額がたまに大きいものがあって、それがためにトータルでマイナスになってしまっているのでした。とにかく、早く損切りすればいいのだとだけ考えてトレードをやっていたように思います。

 

それでも、なかなか利益は増えていかず、何はともあれ実際に稼いでいるトレーダーを求めてトレード学校に申込み通い始めたのです。

 

それが、開眼のきっかけでした。

 

やはり稼いでいるトレーダーの手法の体系は素晴らしいものでした。余計な知識などはあまりなくて、一つ一つ独立していた指標が体系だって説明されました。何よりも75日移動平均線や日経平均の大切さを知ったのです。

 

今までも本で読んでいろいろなことを知ってはいたけれども、それら知識の重要性や取捨選択、実際の活用方法については、自分だけではつかめませんでした。講師のトレーダーから教えてもらい、同じように学校に来ている仲間と話し合う中で、トレードの力が培われていったのです。そして、培われたトレード力をもって、毎日の相場で自分で考えて仕掛けては仕切る。そうして、トータルプラスになる総合力が養われたのです。トレードの総合力が上がってくると、損切りに悩むことも少なくなっていきました。

 

学校で学んだのは、新しい知識というより、知識の実際の相場での使い方でした。毎日動いている相場に合わせてトレードの知識を当てはめて仕掛けのプランを作っていく過程を学校で学んだのです。

 

私にとっては、学校を通じてトレードで成功している人との付き合いが持てたことは決定的な大きなことでした。

 

でも、一つだけ気になったことは、トレード学校にかかる費用が結構高額だったということです。私の場合は、いろいろなコースをすべて受けたためか学費だけで100万円程度かかりました。しかし、コースにランクがあるなら、一番上のランクを受けるまではやるべきです。そこが、その学校のすべてですから。それを知る前に中途半端に終えてしまうと、何のために入ったかわからないくらいです。でも、そのために100万円です。

 

確かに、大きな価値はありました、しかし、100万円の価値があったのかどうか?

 

そこには、私は疑問があるのです。

たまたま私にはその時お金があったからできたけれども、なかったとしたらこの価値は手に入らなかっただろうか?

 

そんなこともないんじゃないか、というのが今の私の立場です。

本だけでは確かにトータルプラスにするのは難しいかもしれない。でも一定の知識は本などで得たうえで、あとは相場の動きに合わせたトレード方法の話なのだから、そこを何とか工夫すればできるのではないか。日々、更新できるネットサイトなら学校と同じような価値を提供できる可能性も大いにあると考えているのです。

 

私は、このサイトで「損切り」を中心にしたトレードの学びを提案していきます。読むだけでも、相場からの撤退を防ぐ損切りを身につけながらトレードの総合力は上がっていくと思っています。トレード学校とは違う視点から、知識を整理し、日々の相場に合わせた知識の活用法をご提供していければ、このサイトは成功です。

 

今後、いろいろなことを書いていきますので、ご期待ください。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


カテゴリ:ホーム  [コメント:0]

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ