「ついでの仕掛け」は必ず損切り。

考えすぎてしまったり聖杯を求めるあまり完全な仕掛けを目指したりすると、なかなかトレードのチャンスはやって来ません。必然的に「わからない」ということになり「待つも相場」というコトバを利用して自分で自分を納得させてしまうものです。「休むも相場」というのも同じことです。

 

それがいけないことは、前回述べました。

 

しかし、どうせわからないのだからと軽い気持ちで仕掛けるのもまた、トレードでやってはいけない仕掛けの一つです。

 

「軽い気持ちで仕掛けるなど、そんなことするものか。」と思うかもしれません。しかし、非常に調子よく利益が取れているとき、ついつい軽い気持ちで「ついでの仕掛け」をしていないでしょうか?大きな利益が取れているのだから、少し軽い気持ちで小ロットで仕掛けるのならいいのではないか、と思ったことはないでしょうか?

 

私は、こういう気持ちになることがしょっちゅうあります。そのたびごとに、軽い気持ちで仕掛けて大失敗したときのことを思い出して自制しています。きちんと自制しないと、なかなか抑えることができません。

 

また、反対に非常に調子が悪い時、何をやっても損切りになってしまうようなトレードを続けていると、本当にばかばかしくなって、ついつい軽い気持ちでの仕掛けを増やしてしまうものです。普段通りにトレードしていれば何の問題もないのに、ちょっと運が良かったり悪かったりの波に見舞われると途端に気持ちが変わってしまうのは、トレーダーの宿命のような気がします。

 

例えば、競馬などの世界でも同じようなことがあります。日本一の売り上げを誇る年末のG1レース「有馬記念」。実は、この有馬記念の後の最終レースというのが案外大きな売り上げを上げています。大レースで当てようが外そうが、その後の最終レースというのは、競馬ファンにとってどうしても「ついでに」買ってしまうもののようです。当たればその利益をさらに伸ばそうとするし、外せばすぐに取り戻そうとするのでしょう。ですが、その手の「ついで」馬券が当たることはほとんどないでしょう。

 

トレードだって同じです。軽い気持ちで仕掛けたときには、まず十中八九損切りになると思って間違いありません。軽い気持ちですから、大したチャート分析もなく目についた銘柄に飛びついているのです。とても小さな視点でしかチャートを見ていませんから、少し引いて見れば明らかなパーティションが見えなかったりします。また、分足の動きだけで軽いデイトレードのつもりで仕掛けてしまった後、日足のチャートを見てギャフンと言わされることもあります。信用取組を見なかったり、一目均衡表を全く見なかったり、軽い気持ちだといろいろな見逃しが起こります。

 

怖いのは、そんな軽い気持ちで仕掛けたときに、損切りしないで含み損を伸ばしてしまうことです。軽い気持ちだからこそ、例外的に損切りしないで済まそうとするのです。「軽い気持ち=いつもと違う状況」という思いが例外を認めてしまうのです。あまり深く考えずにこの図式を認めてしまうと、その先に地獄が待っていることがあります。たった100株の軽い仕掛けが、途方もない損失につながってしまうことがあるのです。

 

自分は絶対にそんなことはしないと思っているトレーダーの方は、本当に要注意です。自分に自信を持っている人ほど、本当に危ないのです。あれよあれよと含み損を膨らませて行くのは、そういう人なんです。

 

ゴールデンウィーク中の相場なども、案外大きな変動が起こります。この変動に巻き込まれてしまうのも面倒かも知れませんが、変動後の「軽い」仕掛けには注意してください。できれば、やらないほうがいいです。もしやるのであれば、くれぐれも軽い仕掛け出るからこそ、リスクはきちんと負うことを忘れてはいけません。

 

リスクをきちんと負うことなど、普段通りのトレードをしていれば実に普通のことなのです。軽い気持ちだからといって軽んじられることではありませんし、むしろ重視しなくてはいけないということを心してください。

 

本来は、本気で儲けようと思うなら、全身全霊を込めてトレードをするべきなのです。

 

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


「待つも相場」を言い訳にするな。

スイングトレードは、案外仕掛けのチャンスが少ないものです。大きな株価のトレンドを取るのがスイングトレードの狙いですから、相場にトレンドが出ていなければスイングトレードはできません。肌感覚でいうと、日経平均を基本にした相場の中では仕掛けのチャンスは1か月の中で1回か2回、多くても3回。その程度でしょう。

 

毎週チャンスが来るわけではありません。

 

上昇相場における上昇の局面、下降相場における下降局面がスイングトレードのチャンスになります。しかし、相場には、上昇相場の下降局面や下降相場の上昇局面もありますし、トレンドのない持ち合い相場の時もあります。

 

持ち合い相場は、短期のトレーダーにとっては地獄のようなものです。上げたと思えば下げられて、下げたと思えば上げられてしまいます。仕掛ければ仕掛けるほど損切りばかりになってしまいます。また、持ち合いの時ほど、持ち合い放れだと思うとダマシだったりします。「やっと仕掛けられる」と思ったところでダマシに合って損切りすると、本当に落胆するものです。

 

ダマシに合うのは仕方ないとしても、仕掛けのチャンスにない時には仕掛けを待たなくてはいけません。いくら個別銘柄のチャートがいい形でも、全体相場が上昇の時に空売りを仕掛ければ不利になりますし、下降相場で買いを仕掛ければうまく行かないことが増えます。結果として損切りばかりのトレードになります。

 

スイングトレードは、仕掛けることより待つことのほうが多いといって過言ではありません。「待つも相場」とは、そういうことを言ってるのです。

 

したがって、日々の勉強で、トレンドが出るのかどうかはチャートを見て的確に判断できるようにしたいものです。トレンドに関する自分なりの判断を持ったうえで「待つ」ことが大切です。どこで待ってどこで仕掛けるのか、チャンスを捉えることができるトレーダーほど、待ちの判断も的確なはずです。

 

ところが、この「待ち」の意味や条件を取り違えてしまうトレーダーがいます。
相場のトレンドが「わからない」から「待つ」と考えているケースが多くあるのです。相場の評論家の中には、「わからなくなったら休むのがいい」という言い方をしている人がいます。「わかるようになるまで待てばいい」と。実は、この私にしても、「相場がわからないのに無理して仕掛けていくのは無謀で、わからなければ休め」という主旨のことをブログで語ったりもしています。

 

本当のことを書くと、「わからないときは休め」だと、常にいつも休んでいることになってしまいます。なぜなら、相場が100%わかることなどあり得ないからです。チャートを分析しても、わかるのは「今後こういうふうに動くことが想定できる」という程度です。未来のことがすべてわかるわけはありません。相場は、どこまで行っても想定の話しかできないのです。(だからこそリスクヘッジとしての損切りが必要です。)

 

トレードの仕掛けはいつだって想定の中でなされます。「わかる」ということが基準ではなく「判断できる」ということが基準になります。相場の行方がすべてがわかるという状態はあり得ません。そして、どこかしらわからない中で判断することを、トレーダーは求めらているのです。

 

「わかる」ことを仕掛けの基準にしてしまうと、ちょっとやそっとのトレンドでは仕掛けられなくなってしまいます。また、本当にわかったと納得する頃にはトレンドが終わってしまっていたりします。そうなると、やはり損切りばかりのトレードになってしまいます。

 

正確に言うなら、「わからなくてもトレンドが出そうなら仕掛ける。」ということ。「トレンドが出そうにない時は休む。」ということです。

 

勉強を重ねればいつか相場がすべてわかるようになる、というのは幻想です。いつになっても、わからないことはわかりません。そのことは理解しておきましょう。

 

 

参考記事

→ 「損切りの論理

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


トレード脳とは。

学んだことを土台にして自分でも考え抜いた上でトレードする。
相場を見ながら臨機応変にトレードする。

 

前回の記事でも話題にしましたが、こうした姿勢はトータルプラスを実現したトレーダーならではのものです。初心の方やトータルプラスを未だ実現していない方にとっては間違った姿勢です。

 

自分なりに考えてはいけない。アレンジNG。工夫してはダメ。習ったことだけをひたすら忠実に実行する。

 

学ぶ上では、非常に違和感を感じることかもしれません。学校でも会社でも、聞いたことのないセリフ。むしろ失敗ばかりのダメ社員などが告げられてしまうようなセリフだと私は思います。

 

でもトレードってそういうものなのです。

 

トレードにはトレード専用の考え方があります。トレード専用の考え方が身に付いた頭を「トレード脳」と呼ぶならば、トレード脳が構築されないうちに普通の日常感覚でトレードに挑むとほぼ間違いなく大きな損失を生みます。なぜなら、正しい損切りができないから。そして資産は相当な打撃を受けてしまうと思います。それを防ぐために、上のようなセリフがあるのです。

 

それくらいトレード脳と日常の脳の動きは違うと思います。

 

ポイントに来たらひとつの例外なく損切りを続ける頭。ポイントに来たら正確に売り買い注文する頭。日常の生活やビジネスでは実行しにくいことを実行するのがトレード脳。そのトレード脳をつくるのが、トレードの勉強であり実践の繰り返しだと思います。

 

「買うことは決めている。ならば少しでも安く買おう。」とか、「買いの利益確定のポイントは、空売りの絶好のポイントではないか。」とか。日常脳で考えた戦略や戦術はトレードの相場ではほぼ通用しません。日常脳で考える「そろそろ下がるのではないか。」とか「そろそろ上がるのではないか。」という予測は、たいてい外れるものです。

 

「まさかそこまでは・・・」というのもまた日常脳の発想であって、相場で使ってはいけないコトバです。「まさかそこまでは・・・」があるから一般投資家はほぼ全員が損するのです。「まさか・・・そこまでは」が毎日起きているのが相場なのです。トレード脳を持たない投資家が損切りできないのも「まさかそこまでは・・・」という常識的な日常脳があるからです。

 

トレードは日常脳ではダメなのです。トレード脳がないと生き抜けないのです。

 

他人の逆を行けば正解にたどりつくなどという単純で安易な世界でもありません。みんなが買うときに売ってたらうまくいかないのは当然です。「逆」ということではなく「違う」ということなのです。人が買うなら私は売る、ではなく、人が買うなら私は待つとか、今は買わないとか、そんなイメージでとらえるといいでしょう。

 

例えば、トレード脳と日常脳の違いを例で示すと以下のようになります。

 

(トレード脳)チャートの動きだけを見てトレードします。

→日常脳では、新聞のニュースもトレードに採り入れようとします。

 

(トレード脳)安く買うことを考えず、高く買ってより高く売ることを考える。

→日常脳では、まず安く買うことを考えます。

 

(トレード脳)そのうち高くなると考えず、売って安くなったら買い戻すと考える。

→日常脳では、安くなったものをそのうち高くなると考えて持ち続けます。

 

(トレード脳)どこで買うかより、どこで売るかの方に重きを置いて考える。

→日常脳では、買うことばかりを考えます。

 

(トレード脳)損切りラインを決めたら正確に実行することしか考えない。

→日常脳では、ラインを決めても到達しそうになったら早めに損切りしてしまいます。

 

(トレード脳)利益確定になるか損切りになるかは単なる結果として重視しない。

→日常脳では、利益確定は成功で勝ち、損切りは失敗で負けと考えます。

 

(トレード脳)1回1回の結果でなく、一定期間のトータルでトレードを評価する。

→日常脳では、1回ごとのトレード結果に一喜一憂します。

 

いかがでしょうか。あなたのトレード脳はどの程度できているでしょうか?

 

もし、まだできていないと思われたなら、どうすべきなのでしょうか?

 

トレード脳をつくるには、トレードで成功している人の門をたたいて教えを乞うのが一番です。本やセミナーでも学ぶ本人がトレード脳のことを意識して学べるなら大丈夫だとは思います。しかし、生身のトレード脳に触れて対話しながら学べる方が効果は大きいでしょう。思い当たるような勉強の材料がないなら、まずはこのサイトをくまなく読み尽くしてください。それだけでも効果はあります。わからなければご相談用のメール窓口を存分にご利用ください。

 

 

参考記事

→ 「損切りの誤解を解く

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。

 


トレードに不要なもの、必要なもの。

プロのトレード集団に属さない一般個人トレーダーは、情報やニュースの分析を基盤にしてトレードするのではなく、チャートによるテクニカル分析を基盤にトレードをした方がいいです。情報やニュースは分析の力のみならず、その量や質、入手のスピードが重大な影響をトレードに与えます。そこで一般個人が戦うのは、どんなに分析力があっても非常に不利になることは疑いもありません。

 

まず、そのことを頭に入れてトレードをしようと考えれば、自ずと自分に必要なもの、不要なものが見えてきます。できるだけ早くにトレードの力を上げて儲けようとすれば、不要なものはできるだけ排除し、必要なものだけ採り入れていくようにした方が近道です。

 

  • 不要なもの

 

●会社四季報。

かつては、株をやる人にとっては必携の書でありデータベースでした。今でも、トレード学校に行けば薦められることも多いと思います。しかし、一般個人トレーダーには不要です。ここから得るものは、ほぼ何もありません。四季報を買って読むくらいだったら、日経平均の日足チャートを穴があくまで調べましょう。どうしても気になる人は、一度本屋で立ち読みすればいいと思います。それ以上、関わろうとすることはないと思います。私も、いまだかつて立ち読み以上に関わったことはありません。

 

●日経新聞。

今の世の中メディアとしての新聞は必要ないという風潮があります。その風潮に賛同するつもりはありません。ネットからの情報より、新聞の情報のほうが深くためになることはたくさんあります。一般常識として世界情勢を知るにも、まあ便利と言えるのではないでしょうか。しまし、トレードのためというなら新聞は不要です。新聞ならではの情報でトレードに役立つ情報は、ほぼ皆無だと思います。唯一、参考になるといえば、おそらく「日経新聞に日経平均の上昇が記事で取り上げられるようになったら、その時が上昇の終わり」といった、逆の指標性です。株の情報が一般人にわかるレベルで出てきたときには、すでにプロ集団は儲け終わっているからです。

 

●投資顧問。

一般には手に入らない情報を集めると称して、それをもとに一般の株式投資資金を操ろうとしている集団です。このビジネス手法に納得がいくなら、お願いして資金を倍増してもらってください。魚の釣り方を教えるのではなくて、魚そのものを提供してくれるようなものです。情報をベースにした株式投資をする限り、頼んだ方は蚊帳の外。言われるがままにやる他ありません。努力の余地がありません。私には、そういう存在が必要な理由がわかりません。

 

  • 必要なもの

 

●スタンダードなネット環境。

何よりもまずは、これでしょう。当たり前のことを・・・と思うかもしれませんが、案外ここに弱点を抱えている人もいるのです。わからないとか苦手とか、そういうことを言っている場合ではありません。野球の練習にボールがないのと同じようなものです。証券会社のシステムは、常にその時々のスタンダードに合わせて構築、更新されていきます。それについていけないならトレードの会場に入れないのです。チャート分析にせよ、情報調べにせよ、それを可能にする環境がないとどうしようもありません。

 

●適切なチャートツール。

テクニカル分析の必需品です。これは、低いレベルで満足してはいけません。「弘法は筆を選ばず。」ではなく、自分にとって一番いい筆を選ぶ繊細さが必要です。移動平均線(日足なら、5日、25日、75日、200日・・・)やボリンジャーバンドが一目でわかるように見やすく表示できることは最低限。日別の売買高、価格帯別売買高、MACD、一目均衡表の表示も必要です。また、個別銘柄をクリック一つで次々と表示できるかどうか?チャートの背景は白がいいか黒がいいかなども、人によって違うかもしれません。毎日何度でも使うものです。分析の生命線ともいえます。とことんまで、自分に合ったものを追及してください。

 

●トレードのコーチ、仲間。

一人では、自分のことはよくわかりません。「自分のことは自分が一番よくわかる」などと自信を持っている人ほど、トレードはうまくいきません。できれば、自分の思っていることを客観的に評価できる他人がいると非常に役に立ちます。また、一人だと情報収集にも限界があります。トレードツールや銘柄情報など、他人の情報や意見を聞くことで自分の世界が確実に広がります。他人の必要性を感じないトレーダーも多いと思いますが、他人と触れ合うと考えが変わったりもします。もちろん、トレード自体は一人で自律的にやるものです。しかし、そういう仲間が複数いれば共感度も高く、ともに成長することができるものです。

 

トレードは、情報やニュースをもとにしてやるのではなく、テクニカル分析をもとにやるものです。どうでしょうか?ご納得いただけるでしょうか。

 

 

参考記事

→ 「環境/ツールにこだわれ!

→ 「情報やニュースでは損切りできない。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


いきなりやれば、損切りできないトレーダーになる。

4月になると、一定規模以上の日本の会社は入社式をやります。入社式を経れば、新卒の新入社員が誕生します。いくら新入社員だといっても社員である以上、場合によっては会社の代表としての役割を担います。一人で商談の場に出れば、相手の取引先からは、その社員が会社の顔になりますよね。

 

じゃあ新入社員を商談の場に一人で送り込む会社があるかというと、そんなことはありません。そんなことをしたら、新入社員が何をやらかすかわかりません。まずは必ず、熟練した先輩社員と一緒に相手先に行くはずです。会社にとって、いきなり新入社員に単独で商談を任すのはリスクが大きすぎるのです。

 

トレードだって同じようなものだと思います。株の仕組みをひと通り勉強して知って証券口座を構えただけでは、入社式を終えたのと同じです。すぐに相場で仕掛けていくなんて、とんでもないリスクをはらんだことなのです。そして、そのリスクはたいていの場合現実になります。トレード初心者は、損切りができずにカモられ、半べそをかきながら早々に退場していくのです。

 

会社であれば、新入社員は宝物です。周囲が注意を払い、何らかのリスクがあれば新入社員は注意されながら成長していくのです。しかし、トレーダーは初心者だろうと熟練者であろうと単独で相場に入っていかなくてはなりません。そして、誰も忠告はしてくれません。新しい初心の参入者は、プロにとっての格好のカモです。カモがネギをしょってくるのを誰が邪魔するものか、と思います。初心者の損切り失敗の大損失は、そのままプロの利益になります。お金を稼ぐってそういうことじゃありませんか?

 

そういうことから考えると、「明日から使える魔法の手法!」「たった●分で○○○万円」「このルールだけで年率○○%」みたいな宣伝はぜんぶ嘘です。今世に出ている、株の教材やセミナー、学校のほとんどすべてが当てはまると思いますが、あり得ない宣伝広告で初心者を釣ろうとしています。真に受けたら間違いなく損します。

 

トレードは、まっさらの状態からだとトータルプラスを達成するのに、どんなに短くても最低半年はかかります。イメージで申し訳ありませんが、3か月ではおそらく無理でしょう。満足いくような稼ぎが出るまでには、1年から数年はかかると思います。それでも、ダメな場合もあると思います。そして、その間は、大学受験や資格試験のように地味な勉強も必要になります。

 

専業トレーダーなら自由時間が多いとか、銘柄検討時間はほんの5分とか、そんなイメージは持たない方が身のためです。仮にあったとしても、それ相応の努力の過程を経てからのことです。

 

それでもトレードをやりますか?株でもFXでも事情は同じです。本当にトレードで稼ごうと思ったら、決意が必要です。その時期は問いません。勉強する中で次第に決意が固まるということもあると思います。しかし、決意ができるまでは、現実の相場にお金をつぎ込んではダメだと思います。何度も書きますが、損切りができないという理由で、ほぼ確実に撤退することになります。

 

資金配分だけしっかりとやって仕掛けていれば、それでもしばらくは相場に残れるかもしれません。でも、それも資金が尽きるまでの間にすぎません。たまに利益は出るのでしょうが、結局は損切りできないトレードを繰り返すだけだからです。

 

しっかり学ぶという決意がないままに相場に出れば、損切りできないトレーダーになってしまいます。つまりはトレーダーになれないということになるのです。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ