トレード本を読もう。

もうゴールデンウィークも後半になってきました。

 

副業でトレードをやっている方にとっては、まとまった休みというのは貴重なものです。専業の方でも相場のない日が続けば、それはそれでひと休みできます。休みというのは、まずは文字通り仕事の休みであって、普段全力で仕事にあたるための休息ということが一番なのかもしれませんが、一方でただ休息というのではなく普段なかなかできないことを実行するという意味もあるかと思います。

 

トレードでいうと、普段なかなかできないことのひとつに、「トレード本を読む」といのがあります。自分の手法が決まっているトレーダーにとっては、今更本など読んでも仕方ないと思うかもしれませんが、これがなかなかためになります。初心者の方にとっても、きちんと本を選べば有意義な時間を過ごすことができます。

 

私も、トレードを始めたころは、毎日本ばかり読み漁っていました。何か自分に響く本はないか、そればかり考えてネットを探ったり、アマゾンで取り寄せたりしました。ブックオフによく行ったのも覚えています。それでも、それがなかなか、自分の実トレードには反映していかないものでした。

 

しかし、理解できたかどうかはともかくとして、トレードを始めた初期の頃に、日本で出版されているトレード関連の書籍がどんなものであるか一通りわかっていたのは強みになりました。その後トレードで困ったときに、何を参照したらいいかが想定できたからです。そもそも自分の課題が本で解決するものなのかどうかに始まり、解決するとしたらどの著者の本にあたればいいのか、察しがつく力がついていたのです。

 

本に対する知識は、トレードに直接影響するものではないかもしれませんが、トレード力を伸ばす助けにはなるのです。きちんと読まなくても、パラパラめくって手元に置いておくだけでも価値はあるものなのです。

 

具体的に、私がおススメする本は、このサイトの中にまとめて書いてありますので、そちらを参照にしていただければいいと思います。(自分なりに厳選したほんの数点についてしか書いていませんので、すでに読んだという方はその限りではありません。)

 

中でも、トレード初心者の方には、まずは一気に読める二階堂重人氏の著作をおススメします。本当にトレード事始めのレベルから書いてあり、なおかつ本質的な具体策まで整理されてあります。

 

トレード本というのは、他人の手法や経験の記述です。1冊の本は、著者の手法や経験で一つのストーリーが編みこまれています。

 

他人の手法や経験というのは、実は自分自身のスタンスがはっきりしてきてからの方が、心にしみて理解できるものです。自分が初心者の頃に読んだ本は、どれもこれも自分よりレベルが高いため、すべてが重要事項として目に映ってしまいます。一生懸命メモを取りながら読んだとしても、その時のレベルでは書いてあるすべてが頭に残ることはありませんでした。

 

なので、初心者の方にはまずは一気に読める本。短時間で、一通りのトレードの本質的なイメージがつかめるような本が良いと思うのです。

 

一方で、自分のスタンスがはっきりしてきているトレーダー方には、少し骨のある本がいいと思います。

 

読んで自分のスタンスや手法が変わるとか、そういうことを期待するのではありません。きちんとした手法というのがどういうものなのか?それを、自分の手法と比べてイメージしてみるのです。自分の手法が、世に認められ出版されている手法と比べてどうなのか?そうしてみると、自分の何が良くて何が足りないかがわかってくるのです。

 

また、ここで特筆すべきは、良いと言える本は、必ず「損切り」に対して非常に重きをおいて紙面を割いているということ。

 

極論すれば・・・損切りがすべてである、という書き方をしているものもあります。様々な本がある中、どんなやり方であっても損切りなしには成立しないということがよくわかります。そして、トレーダーが誰しも損切りに最大限の注意を払い、損切りを大きな課題だと考えていることもわかります。

 

逆に言うなら、損切りについて言及のない手法本はホンモノでないな、ということになります。本を手に取ったら、まずは損切りに関してどのような話を展開しているかざっと見てみると、その本の真価がわかるというものです。

 

そういう意味でも、おススメなのがこの本(「テクニカル分析の最強本」)です。

 

このサイトでも大きく取り上げさせてもらっています。特に、損切りに関する記述は、もう本当に秀逸で言うべきこともありません。とにかく読んでくださいというほど、オススメに自信あり・・・です。

 

取り寄せていると、ゴールデンウィークも終わってしまうかもしれませんが、有意義にお過ごしください。

 

 

参考記事

→ 「良書だけを読め

→ 「テクニカル分析の最強本

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ