いつも空売りを考える。

株は誰もが「買う」ものと思っています。それゆえ、株のトレードは買いと空売りが平等な関係ではありません。市場参加者のほとんどは買いで仕掛けを考えています。空売りを考えるのは一部のトレーダーです。しかし、だからこそ、一般個人トレーダーにとっては空売りのほうが有利な状況があります。

 

もちろん、単に見込める利益の額だけを考えれば空売りよりも買いのほうが有利です。空売りで儲けられるのは現在株価の分だけですが、買いならば現在株価の何倍にもなる場合があります。また、損失額の可能性を考えても理論的には空売りが不利になります。それゆえ、資金豊富な大口の機関投資家が空売りを考えるというのはかなり限定的なことかと思います。

 

では、なぜ個人トレーダーにとって空売りが有利なのか?

 

長いものには巻かれろ、ということわざがあります。市場の中では個人の資金力などたかが知れています。少ない資金力で利益を取っていこうとすれば、一番いいのは大口の戦術に乗っかることです。大口と同じタイミングで売買できれば、大口と同じように利益を手にできる、というわけです。チャートを読むテクニカル分析も、根本的には大きな資金の動きを追いかけて需給の流れをつかむもので、大口に追随するためのツールだといってよいでしょう。

 

ただ、大口と同じタイミングで買いチャンスを追いかけるのは、企業分析力や情報力の点で個人には限界があります。もちろん買いも戦術のひとつではありますが、分かりやすいのは大口の決済売りのタイミングに合わせて空売りで仕掛けていくことです。大口の手じまいの場面が個人の仕掛けの場面になるというわけです。

 

大口がいつ買うか?これはなかなかわかりません。買わない可能性だってあるわけですから。しかし、いったん買ってしまえば、いつかは必ず売らなくてはなりません。また、買いに比べて売りは一気になされます。だから、買いよりも売りのタイミングのほうが読み取りやすいし、ダマしも少ないのです。

 

大口にとっての理想的な姿は、株価が上がってしまう前に買いを仕掛け、天井圏で決済売りすることです。十分に株価が上がったところを狙って、もうこれ以上上昇が見込めないところで一気に決済したいはずです。大量の株を売り決済するためには、それに見合うだけの買い注文がなくてはなりません。だから、加熱したところを狙って売ってくるでしょう。

 

一方、意に反して買った株の値が下がってしまったときには、ラインを決めて損切りに入るでしょう。この場合は待ったなし。様子を見るより先に決済重視で売ってくるはずです。

 

大口に合わせた空売りは、その利益確定や損切りのラインに合わせて仕掛けていけばうまくいく道理です。機関投資家などの大口が、もうこれ以上は上がらないと思うであろうポイントが空売りのチャンスになるわけです。

 

とりわけ、大きなチャンスになるのは大口の損切りでしょう。ここでは、大きな受け皿となる買いがありませんから本当に大きく下げていきます。それは例えば上昇相場から下降相場への移行の時の75日移動平均線割れ。そこでは、大口を始めとして多くの買い保持玉が手放されます。そしてそれが下降相場入りの合図になります。右のチャートは、典型的な下降相場入りのチャートの形です。上昇相場から、75日線が横ばいになり株価がこれを割って一気に下げていく様子がわかります。

 

また、いったん下降相場に入って75日線が下向きになってしまうと、その下向き75日線から株価は下に放れては戻ってくるという波動を繰り返します。したがって下向き75日線付近まで上昇してくる値を待ち構えて空売りを仕掛けるということになります。下降相場で株価の底を見極めるのはとても難しいことです。ここが底だと思って買い仕掛けても、さらに下降することがしばしばです。下降相場での買いはなかなかできません。下降相場では75日線を目安にした空売りで仕掛けていきたいものです。

 

空売りは、うまく使えば個人トレーダーの大きな武器になります。もっと言うなら、個人トレーダーは基本戦略として買いよりも売りを重視していくことをお勧めします。どんな相場でも空売りのチャンスを見つけようとする中で、買いのスキルも上がっていきます。「いつ空売りするのか」。それを常に考えることで、逆に買いのタイミングもわかってくるのです。

 

せっかくトレードを始めたならば、早い段階から空売りの視点を持ってください。空売りこそが最も大きな利益の源泉になりますから。

 

 

参考記事

→ 「空売り

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


持ち合い相場の攻め方。

現在の日経平均は、大きく言えば上昇相場の中にありますが、このところ持ち合いの傾向が色濃く出ています。日経平均に上昇や下降のトレンドが出ていない持ち合い相場のときは、ブレイクで仕掛けても損切りが増えるため、無理してやらないというのもが常道です。特に、相場初心者であれば、素直に仕掛ければ仕掛けるほど、ことごとく損切りになってしまう可能性も高く、仕掛けを控えるのがいいと思います。

 

しかし、トレードで生活する専業トレーダーとか、専業トレーダーを目指そうと考えている人は、持ち合いだからといって相場に入っていかないのでは、食い上げになってしまいます。一般論としては、持ち合いは避けるというのが正論ですが、トレードで食っていくとなると、地合いはどうあれそれなりに利益を出していくことが大切なのです。損切りを繰り返しながらも利益を出していくというのは、持ち合い相場でも立派に採れる戦略です。

 

では、どうやって持ち合い相場の中で攻めていくか。

 

●デイトレードを含めた、より短期の時間軸で

 

日足チャートのレベルで見れば持ち合いでも、より短い時間軸で見れば小さくでもトレンドはあるものです。1日~3日くらいでもいいから、トレンドを見つけてそれを取れるような仕掛けを見つけていくのが、持ち合いのときの第一の戦術です。損切りラインも、その短い時間軸の中で決めていきます。

 

●ロット(株数)を減らしていく

 

小さなトレンドはすぐに反転するから小さいトレンドなのです。つまりは、それだけ逆に行くリスクは大きくなります。なので、通常よりロットを減らしてかかること。時間軸を短くするということは、本来リスクが軽減されるということなのですが、持ち合いのリスクはそれを上回るという意味で、ロットで調整していきます。損切りの場合でも、その損失額は小さくなります。

 

●買いでも売りでも仕掛ける

 

持ち合い相場であれば、より個別銘柄の特性が色濃く出ます。全体相場のトレンドがないので、個別銘柄独自のトレンドに乗ろうとするわけですから、一方向だけである必要はなく、両建てのスタンスでいいのです。この銘柄は買いで仕掛け、あの銘柄は空売りで仕掛ける、というのがあり得るのが持ち合い相場です。トレンドが出ているときには、不要の考え方です。

 

●日経平均との連動性の低い銘柄を選ぶ

 

日経平均が持ち合いなら、当然日経225銘柄も持ち合いの可能性は高いです。そこで、トレンドのある時は日経225銘柄を狙うのがよくても、持ち合いのときは225以外の銘柄を探してみます。その方が、トレンドを出している銘柄に出会う割合が高くなるからです。

 

●ブレイク失敗で仕掛ける

 

トレンドフォローの手法は、ブレイクで仕掛けることです。が、持ち合いのときには、ブレイクがダマシになります。そこを狙ってくのが、持ち合いのときの仕掛けです。ただし、完全な逆張りだと損切りラインが不明確になります。あくまで、ブレイク失敗の足が出てからの仕掛けです。損切りは、直前の高値、安値になると思います。損切り幅が少ないので、損切り覚悟の仕掛けになります。

 

持ち合いになると、トレードの先生はことごとく「様子見」を繰り返すようになります。そう言っておくのが一番簡単で批判を受けないからです、しかし、持ち合いは長期化することも多々あります。そうなると、毎日毎日、先生は「様子見・・・」を繰り返すだけになってしまうのです。

 

少ないチャンスをものにするのもトレードですが、常にチャンスを探すのもトレードです。トレードを自分の人生の柱にしようというなら、「持ち合い=様子見」スタンスからの脱却を図るべきでしょう。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


情報やニュースでは損切りできない。

このサイトでは、トレードの戦略をテクニカル分析においています。しかし、本来のトレードは企業業績や価値の分析を行ったうえで、現在の株価との乖離を見抜いて割安な企業に投資していくというのが王道でしょう。こういう分析をファンダメンタルズ分析といいます。

 

ファンダメンタルズ分析でトレードを成功させるというのは、とても素人が独力で到達できることではありません。絶対に無理だといういうわけではないですが、個人では、プロに対抗するだけの情報力と分析力は持てないのではないかと思います。少なくともテクニカル分析のアプローチより何倍もの時間と努力が必要だと考えます。

 

ファンダメンタルズに関する分析を行わずとも、すべての情報はトレード市場で価格に換算され、チャートの中でローソク足の形になって織り込まれています。だからテクニカルの分析をすることで、あらゆる情報分析をすることと同じ価値になると思っています。テクニカル分析があれば、企業の業績の分析など必要ではないし、割安かどうかなどあまり考えることもないと思っているのです。

 

テクニカルの観点からすると、ファンダメンタルズ分析では「いつ仕掛けたらいいのか」の答えは具体的には出てきません。同時に、ファンダメンタルズ分析では突き詰めて考えれば損切りはあり得ないことになります。割安株を買うなら、単純にできるだけ安く買う方が利益が大きく期待できるし、買い仕掛けてから値が下がったとしても、割安の条件を外れない限りは損切りせずに持ち続けることになるだけだからです。要するに、いつまで持っていたらいいかわからないということです。

 

これは、大きな資金のあるプロの投資家か集団でなければできないことです。

 

同じように、何か良いニュースや悪いニュースがあった企業の株を買ったり空売りしたりすることも、損切りの観点からは疑問です。思惑通りに値が順行した場合の仕切りはまだわかるとしても、逆行した場合の損切りのラインは何を持って決めていくのか。テクニカルの根拠がないままに損切りラインを決めるしかありません。

 

テクニカル分析での仕掛けに当たって、情報やニュースを付加的に利用するのはよいと思います。また、情報やニュースによって利益確定や損切りの計画が変わることもあると思います。しかし、情報やニュースを主たる根拠として仕掛けてしまうのは非常に危険なやり方です。

 

非常に簡単に言うなら、情報やニュースでトレードする人というのは「今、株価が上がってるんでしょ。だから、株投資でもやろうと思って・・・。」という人です。トレードを知らない人にありがちなパターンです。これでは仕掛けのタイミングも損切りのタイミングもわかりません。結局のところ、大きな損切りを余儀なくされて終わりです。

 

もう少し具体的に「●●社で画期的な新商品が発表された。すぐに株を買った方がいい・・・。」といっても同じことです。このやり方では、一般個人トレーダーは継続的な利益を得ることができません。典型的な高値つかみで、損切りもできず塩漬けを作るだけです。

 

情報やニュースが出てくると、トレードに関心のある人はついつい耳を傾けトレードに活かそうとしてしまいます。でも、考えてみてください。そんな情報やニュースが公になった時点で、プロはもう手を打っていると思いませんか?それがプロの情報収集力というものです。

 

個人が収集できるレベルの情報では、マーケットではうまくいきません。その上、損切りもできないとなれば、結果は火を見るより明らかなのです。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


空売りの損切りは確実に。

株の空売りの場合は損切りをしっかりしないと、損失が青天井になる可能性があります。

 

これが、空売りが怖いと思われている理由のようです。しかし、実際には委託保証金の限界もあって強制決済されてしまうので、借金してまで自分の資金を増やさない限り、いくら損切りをしないといってもリスクは資金の範囲内で済みます。

 

なので、空売りのリスクを必要以上に語るような人を私は信じることができません。ましてや信用取引をススメない人にも疑いの目を向けてしまいます。私は、トレードをやろうと思った時から空売りを念頭に置いていました。怖いと思ったことは一度もありません。理屈で考えれば、怖い理由など一つもありません。このサイトでも、仕掛けとしての買いと売りは平等に扱っています。株でなくてFXであれば当たり前のことですから。

 

ただ、株価の限界が、下はゼロ円なのに対し上は青天井ですから、損切りの金額が買いのときより空売りのときの方が大きくなる可能性は高いと思います。

 

例えば空売りの場合に株価が半分になったとしても、投下資金の半分の利益しか出ません。しかし、買った時に株価が倍になれば投下資金分の利益が出ます。空売りよりも買いのほうが期待できる利益の額は大きいのではないでしょうか。だからこそ、仕手筋は株価が何倍にもなる買いをターゲットにするのです。空売りは、どちらかというと素人をダマすテクニックとして用いられる場面が多いと思います。

 

しかしながら、1回のトレードでそこまで大きな利益を狙うことより、コツコツと利益を積み上げていく個人トレーダーの立場から考えれば、株価が下落するときのスピードは大きな魅力になるのです。損切りが少し大きくなるリスクに比べれば、この魅力は武器にするべきなのです。

 

空売りは、大いに推奨するべきトレードです。売りの視点を持つことで、買いの視点も研ぎ澄まされます。買いだけでもトレードはできますが、売りもできればチャンスは膨らむはずです。だから、トレーダーが現物の買いにとらわれるのは間違いで、信用取引でチャンスを増やさなければ嘘だと思います。

 

ただ、当然ですがチャンスの分だけリスクも増えます。チャンスが増えれば損切りの機会も増えます。だからこそ、「空売りをやるなら損切りもしっかりやりましょう、そのことを忘れてはいけません」、ということなのです。

 

本当は、空売りだろうが買いだろうが損切りを確実にやらなくてはならないことに全く差はありません。空売りだから、特に損切りを厳しくとかそういうことではなく、損切りは常に厳しく管理しておくべきなのです。そこのところを繰り返し繰り返し、自分にも他人にも、機会あればいつでも意識しておくことがトレードの成功につながっていくと思っているのです。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


仕掛けない決断は、損切りの実行と同じ。

仕掛けの第一段階は、日経平均を見て全体相場の方向を判断することです。しかし、どうも判断ができないとか、持ち合いの判断だとか、方向がわからないときはどうするか。

 

トレーダーはよく悩むと思います。実際問題、日経平均の動きを見ていると、判断がつくときのほうが少ないようにも思います。わかりにくいときのほうが常態のようです。

 

こんなときは、全体相場はいったん置いておいて個別銘柄のチャートを見て、方向のできるだけはっきりしたチャートの銘柄を選んで、日経平均とはあまり関係なく仕掛けていくのがセオリーです。

 

しかし、それができるのはかなり相場が理解できるようになってからです。日頃から日経平均に連動しない個別銘柄を知っておく必要もあります。

 

でも、根本的な話をすると、全体相場の方向に悩むくらいなら、そもそも仕掛けをあきらめるのもひとつの対処です。

 

個人トレーダーが有利な点は、無理に仕掛けなくでもいいということです。やりたくない時にはやらなくていいし、難しい相場にわざわざ資金を投じなくてもいいのです。誰かに強制されてトレードをやっているわけではありません。そこには何の制約もありません。プロの集団に属するトレーダーではそうはいかないはずです。

 

なぜ、悩んでいるのにそこで仕掛ける必要がありましょう。わかるときが来るのを待てばいいだけです。何もしなければ、利益が出ることはありません。しかし、無理に動いて、損失を出すこともありません。

 

仕掛けないことには、チャンスもなければリスクもありません。しかし、トレーダーはトレードをやろうと決めて相場に向かっているのですから、仕掛けないことは利益が絶対に出ないという意味ではリスクです。

 

ということは、その仕掛けないリスクを取るというのも、損切りだと考えればいいのです。

 

損切りをきちんとすることと、仕掛けない決断をするということ、私には何となく同じようにみえるのですが、どうでしょうか。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


ナイストレードで損切りを日常化する。

たとえ仕掛けが正しかったとしてもた、結果が損切りになることはあります。「なることはある」というより、私の例でいえば、損切りになる回数は結構多いと思います。それは、確率の問題です。利益になる確率がどの程度ある仕掛けなのかという問題です。
でも、100%利益になるような仕掛けは見つかりません。また、その都度の仕掛けがどのくらいの確率で利益になる可能性があるかはわかりません。その確率を、自分で制御することも非常に難しいと思います。
トレーダーの側でできることは、損切りになる確率が低いと思われる仕掛けを見つけることだけです。これは、仕掛ける前に考えることです。

 

損切りになる確率が低い=利益になる確率が高いトレードプランを考える視点は、大きく4つ考えられます。

・全体相場の方向判断(上昇?下降?持ち合い?)
・銘柄の選択(どの銘柄のチャートが全体相場に合っているか?)
・仕掛けライン(具体的にどこで仕掛けるか?)
・仕切りライン(利益確定、損切り、それぞれ具体的にどこで仕切るか?)

これら4つを明確に判断したトレードは、それだけでナイストレードです。トータルプラスを目指すなら、ナイストレードの数をできる限り増やすことです。どれだけ多くのナイストレードを積み重ねられたかというのが、トレーダーの正しいキャリアであり実績です。ナイストレード以外の経験は、何のキャリアももたらしません。

 

もちろん、ナイストレードの結果が利益確定になるか損切りになるかはわかりません。しかし、損切りになる確率を低くするべくナイストレードを目指すののです。ぜひ、上の4つの視点を踏まえてトレードをしてください。

 

難しいのは、全体相場の方向判断です。

 

全体相場とは具体的には、日経平均やTOPIXといった指標です。このサイトでは、対象銘柄を東証一部の銘柄と考えています。ですから、まずは日経平均がどう動いているのか、今後どう動くのかの見通しを立てていきます。仕掛けの基本的なスタンスを「買い」にするのか「空売り」にするのか決めるということです。

 

あえて言うと、ここさえしっかり判断できれば、あとはどの銘柄を仕掛けても大丈夫と言ってもいいくらいの話です。もし、完全な上昇トレンドが出続けることが明白であれば、どの銘柄を買ってもたいていは利益になります。そうそう損切りになることはないでしょう。そのトレンドの方向の見極めが難しいから、思うように利益が取れないのです。全体相場の方向さえ判断できれば、あとはその方向に沿った個別銘柄の中からより有利なものを探せばいいのです。

 

しかし、はっきりとした方向感がある場合はそうそう多くありません。全体相場の方向がわからないからといって、全く仕掛けないというとトレードチャンスが少なくなってしまいます。全体相場の方向判断がしにくい場合は、個別銘柄を探す段階で、できるだけ方向判断のつきやすい銘柄を選択していくのです。全体のわかりづらさを、個別のわかりやすさで補うような感じでトレード計画を作っていくことになります。

 

こうして正しいキャリアになるようなナイストレードを繰り返していくと、次第に、損切りに対するマイナスのイメージがなくなっていきます。株価が決まったラインに来たら例外なく必ず損切りするということが日常化していきます。そして、するべき時に損切りしないなどとということがあれば、「やばっ!」とばかり居てもたってもいられなくなり猛然と損切りに走ります。
そんな状況が自分に訪れたら喜んでほしいと思います。

 

損切りがないならば、それに越したことはありません。しかし、確率からみて必ず損切りはあるはずなのです。それも結構な回数です。損切りがないことを喜んでばかりいてはいけません。それは、決して上手さの現れではありません。単に偶然に恵まれているだけのことです。

 

損切りがないことを喜んでばかりだと、実際に損切りの場面になったとき、うまく実行できるかどうかわからないという点で、非常に心もとない話なのです。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


まずはトータルプラスを目標に。

私がトレードを始めたときに思ったことは、トレードで途方もなくお金を儲けたいということでした。これは、トレーダーなら誰もが持つ夢ではないでしょうか。

 

トレードの勉強を始めてから程なくして、BNF氏なる著名トレーダーが現れました。当時でも、ほぼ株のスイングトレード、デイトレードだけで数十億円もの財を独力で築き、その後200億円まで増やし続けたカリスマトレーダーのはしりです。

 

私は、テレビなどに登場するBNF氏を見て、トレードの魅力や将来性を強く感じて本格的にのめり込んでいったのです。努力次第では、自分もBNF氏のようなトレーダーになれると信じていました。

 

私の場合、このことでかなりトレーダーとしての成長にブレーキがかかってしまったようです。あまりにも大きすぎる夢を現実に考えてしまったために、日常的な損切りに嫌悪感を抱いてしまったのです。損などしている場合ではない、早く大きな利益を手にしなければ・・・という焦りです。そして、損切りの技量もないままに大きなロットで相場に入っていき、散々な目に合うのです。

 

振り返ってみれば、この経験はかえって良かったのかもしれません。損切り失敗の痛みを骨の髄まで味わうことで、もう絶対に損切りは欠かさないと思うことができましたから。

 

でも、最初から夢など見ずに的確に自分に合った方法でトレードを捉えていればどうだったのか?もっとスムーズに成長できたのでしょうか?

 

そこは、本当によくわからないのです。その方が良かったのかどうか。ただ、確実に言えるのは、今のところ私はBNF氏のようにはなっていないということです。自分が夢見ていた理想の通りにはいかなかったということです。また、今後も多分なれないだろうということ。

 

大きくは、圧倒的に能力の問題でしょう。BNF氏のトレード手法はあまりつまびらかにはされていませんが、私には大きく資金を増やすようなトレードをする能力がないと思っています。それは仕掛けと仕切りの回転数を上げるスピードかもしれませんし、一度にたくさんの銘柄を仕掛けることかもしれませんが、いずれも私には持ち合わせがないものです。

 

自分の経験でいうと、トータルプラスを継続的に達成するのは、ある程度誰にでもできることだと思います。チャート分析といっても、レベルとしてはおそらく中学校の図形の勉強がわかる位のことだと思っています。具体的には、仕掛けの基本と正しい損切り、それだけでどうにかなる世界です。人としてごくごく普通の能力でクリヤできるレベルです。

 

でも、そのトータルプラスの規模をどこまでも大きくするというのは、また違う能力だと思います。

 

BNF氏は、聞くところによれば株以外には趣味を持たない人だったようです。
食事も立ち食いソバやカップラーメンで何の不満もない様子がテレビで放映されていました。トレードを続けるモチベーションについては「とにかく損をしたくない」とのコトバが印象に残っています。そんな生き方が、前人未到のトレーダー魂を創り上げたのだと想像できます。私など欲深い人間には、およそ想定の範囲外の領域です。

 

能力というのは、トレードに必要な分析力や理解力、PC操作に必要な瞬発力や反射神経だけでなく、考え方や生き方、思想とか信条、環境など、その人の全人格的な要素も含めてのものだと思います。能力を全部ひっくるめて、さらにその上偶然にも恵まれなければ、圧倒的に抜きん出た実績を出すことはできません。私には、そんな圧倒的なものが備わっているとも思えません。
だから、私の場合はBNF氏と同じアプローチではうまくいきません。別のやり方を採る必要があるのです。それが私独自の手法になるのでしょう。そこには、私自身の育ち方やこれまでの人生すべてが影響していくはずなのです。

 

トレードと一口に言っても、本当に人それぞれ、その考え方は様々です。たとえば、利益額の拡大をひたすら指向するのもひとつのやり方ですが、一方で毎月一定の利益額を目標とするのも目指すのもひとつ。あるいは、専業トレーダーとなるのもひとつなら、サラリーマンとしての収入は安定的に得ながら余裕資金での副収入をトレードに求めるのもひとつです。

 

良い悪いの問題ではありません。その人なりのトータルプラスを達成した上でのトレードスタイルであればいいのです。さらに、そのスタイルがその人の生活の中で位置づけられていればいいと思います。

 

重要なことは、トータルプラスが達成できるということです。これがないと、継続性という点で、トレードが生活には根付くには無理があるのです。

 

トレードを始めたら、まずはトータルプラスを目標にすることです。始めはそれで充分です。よほど才能があると信じている場合以外は、大きなプラスを最初の目標とすると、まずは上手くいかないばかりか、おそらく「損切り」に対して非常にマイナスなイメージを抱くことになります。そして、その損切りに対するイメージが、トータルプラスから自分を遠ざけてしまうのです。

 

その先にどんな夢があろうとも、トータルプラスが第一の到達点だと考えてください。次の風景は、そこで必ず見えてきます。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ