情報やニュースでは損切りできない。


このサイトでは、トレードの戦略をテクニカル分析においています。しかし、本来のトレードは企業業績や価値の分析を行ったうえで、現在の株価との乖離を見抜いて割安な企業に投資していくというのが王道でしょう。こういう分析をファンダメンタルズ分析といいます。

 

ファンダメンタルズ分析でトレードを成功させるというのは、とても素人が独力で到達できることではありません。絶対に無理だといういうわけではないですが、個人では、プロに対抗するだけの情報力と分析力は持てないのではないかと思います。少なくともテクニカル分析のアプローチより何倍もの時間と努力が必要だと考えます。

 

ファンダメンタルズに関する分析を行わずとも、すべての情報はトレード市場で価格に換算され、チャートの中でローソク足の形になって織り込まれています。だからテクニカルの分析をすることで、あらゆる情報分析をすることと同じ価値になると思っています。テクニカル分析があれば、企業の業績の分析など必要ではないし、割安かどうかなどあまり考えることもないと思っているのです。

 

テクニカルの観点からすると、ファンダメンタルズ分析では「いつ仕掛けたらいいのか」の答えは具体的には出てきません。同時に、ファンダメンタルズ分析では突き詰めて考えれば損切りはあり得ないことになります。割安株を買うなら、単純にできるだけ安く買う方が利益が大きく期待できるし、買い仕掛けてから値が下がったとしても、割安の条件を外れない限りは損切りせずに持ち続けることになるだけだからです。要するに、いつまで持っていたらいいかわからないということです。

 

これは、大きな資金のあるプロの投資家か集団でなければできないことです。

 

同じように、何か良いニュースや悪いニュースがあった企業の株を買ったり空売りしたりすることも、損切りの観点からは疑問です。思惑通りに値が順行した場合の仕切りはまだわかるとしても、逆行した場合の損切りのラインは何を持って決めていくのか。テクニカルの根拠がないままに損切りラインを決めるしかありません。

 

テクニカル分析での仕掛けに当たって、情報やニュースを付加的に利用するのはよいと思います。また、情報やニュースによって利益確定や損切りの計画が変わることもあると思います。しかし、情報やニュースを主たる根拠として仕掛けてしまうのは非常に危険なやり方です。

 

非常に簡単に言うなら、情報やニュースでトレードする人というのは「今、株価が上がってるんでしょ。だから、株投資でもやろうと思って・・・。」という人です。トレードを知らない人にありがちなパターンです。これでは仕掛けのタイミングも損切りのタイミングもわかりません。結局のところ、大きな損切りを余儀なくされて終わりです。

 

もう少し具体的に「●●社で画期的な新商品が発表された。すぐに株を買った方がいい・・・。」といっても同じことです。このやり方では、一般個人トレーダーは継続的な利益を得ることができません。典型的な高値つかみで、損切りもできず塩漬けを作るだけです。

 

情報やニュースが出てくると、トレードに関心のある人はついつい耳を傾けトレードに活かそうとしてしまいます。でも、考えてみてください。そんな情報やニュースが公になった時点で、プロはもう手を打っていると思いませんか?それがプロの情報収集力というものです。

 

個人が収集できるレベルの情報では、マーケットではうまくいきません。その上、損切りもできないとなれば、結果は火を見るより明らかなのです。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ