損切りは一気に、利確は徐々に。


個別銘柄を仕掛けた後の手仕舞いについてです。

 

損切りは、いつでも1回で完了します。決めておいた損切りラインに到達してしまったら、有無を言わずに全量仕切りです。値が動くたびに少しづつ損切りしていくなどという細かな計画はありえません。含み損を確定するのはいつでも一気です。

 

同じ手仕舞いでも、利益確定の時にはやり方は変わってきます。含み益はできるだけ長く保持するのが原則。最終の利益確定ポイントだと判断するならばそこですべてを手仕舞いするのが当然です。でも、そうでないなら、利益確定の節目に来るたびに少しづつ手仕舞いし、できるだけ長い期間保持していくのが利益を大きくするコツです。

 

損切りは、決められたライン以降に引き延ばすのはルール違反です。引き延ばすと、それだけ損失が大きくなるリスクが拡大します。引き延ばしてしまうのは、元に戻る可能性もあるからこそなのですが、実際に戻ることは不思議とほとんどありません。たいていの場合は引き延ばせば損失が拡大します。引き延ばせば引き延ばすほどどんどん含み損は大きくなり、やがて塩漬けになってしまいます。ナンピンなどしようものなら、本当に破滅してしまいかねません。

 

利益確定は、損切りとは逆のことが言えます。初心者トレーダーは、仕掛けた後少しでも含み益が出てくるとその利益が惜しくなってすぐに利益確定しようとします。利益を伸ばそうと保持を長引かせた結果、利益が少しでも減ってしまおうものなら、とてつもなくがっかりします。そして一度でもそんな経験をすると、二度と利益を引き延ばそうとはしないものです。結果として、いつも利益は少なめ。とてもじゃないが、スイングトレードでトレンドを取っていくなんてできません。

 

トレードの世界は、上昇も下降もほぼ平等に機会があるのですから、大きな損失を計上できる人は大きな利益だって計上する素質があります。どうやったら大きな損失を計上してしまうのか?それがわかるなら、逆をやれば大きな利益が実現するのです。そのあたりの様子は、このサイトでも「コツコツドカーン」のところで書きました。

 

利益確定は、ずるずると含み益を引きずるように引き延ばします。まるで、損切りがルール通りにできないときのように手仕舞いを先延ばしするのです。そのための一つの戦術が分割利益確定です。「まだまだ上がる可能性がある」けれども「もしかしたらこれで終わりかもしれない」。そんな時に、一部分だけ利益確定するのです。そして残りは持ち越す・・・。こうしておけば、ある程度の利益は確保できるし、引き続き希望も持てるということになり、うまく進められると思います。

 

頭の回る方はすでに気が付いているかもしれませんが、分割利益確定を実現するためには、仕掛けの時に複数単元で入る必要があります。最小単元では、含み益が出てきたときに保持するか手仕舞うかの選択肢しかなくなります。損切りのことだけを考えればそれでもいいのですが、積極的に利益を狙うのがトレードですから、できれば3回くらいに分けて利益確定できるよう複数単元で仕掛けるのです。

 

また、損切りラインを割ってからのナンピンが損失拡大につながるなら、含み益が出ているときの更なるチャンスに向けては買い増し・売り増しが考えられます。損失拡大の道筋は逆手に取れば利益拡大の戦術になりえます。「もうここまで来たら十分。更に引き伸ばすのはおしまいにしたい」と思うときこそ仕掛け増しのチャンスだったりするのです。

 

たとえば、トレンド転換で買い仕掛けて、前日ローソク足の安値を手仕舞いラインに決めて保持しているとします。前日の安値を割らずに順調に利益が伸びているなら手仕舞いの必要はありません。しかし、ある日ボリンジャーバンドの+2σラインを抜けたとすると、そこが利益確定の節目になります。そこでまず、1回目の利益確定。さらに利益が伸び続けて、直近高値を更新するなら、そのタイミングで買い増し。その後、前日安値は割らないけれども高値更新はできなかったとしたら、そのタイミングで2回目の利確。そしてついに前日安値を割ったところで最後の利確・・・。こんな展開イメージでしょうか。

 

最初から決めておくのは、前日安値を割った場合の手仕舞いと+2σライン抜けの手仕舞いだけ。前日安値割れは、上昇の流れが変わるかもしれないサインですから全面的な手仕舞いなのですが、+2σ抜けは必ずしも全面的ではありません。ならば、そこは部分利確で引っ張っていく攻めもありうるのです。

 

このように、利益確定のタイミングは必ずしも仕掛けの段階で100%明確でなくてよいのです。そこが、損切りの場合と違った難しさです。

 

慣れないうちは、難しく考えるよりもシンプルに損切りと同様「利益確定も1回で」と思っていて構いません。でも、慣れてきたら、複数単元で仕掛けて、仕掛け増しも視野に入れつつ、含み益を保持する期間をできるだけ長くするように考えることで「損小利大」を実現していくのです。

 

慣れてきたら・・・。

それは、損切りがきちんとできるようになって1カ月でのトータルプラスを実現できるようになったら、といったくらいのところでしょう。一つの目安にしてください。

 

参考記事

→ 「コツコツドカーン

 

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ