損切り絶対主義!へようこそ。 <このサイトが目指すもの> 

初めての方は、まずはこのページからお読みください。

損切りラインは変わる。 スイングトレードとデイトレード

デイトレードで仕掛けて、損切りにならず自分の考え通りに値が進み含み益が増えてくると大変嬉しいものです。そして、その状態のまま大引けが近づいてくると、持ち越すかどうかの選択をしなくてはならない時があります。あくまでデイトレードとして考えるなら時間切れということで、どこかで仕切ることになります。しかし、相場状況もよく、その日の展開が翌日にも引き継がれると想定できるなら、持ち越してスイングトレードに移行するのも一つの考え方です。より多くの利益を狙うなら、スイングトレードにした方がいいのです。

 

ただ、一方で持ち越すリスクもあります。大引け後に大きな悪いニュースが出て、相場状況が一転してしまい、翌日大きな損切りになってしまうということも起こり得るからです。そこは慎重に判断しなくてはなりませんが、厳密には先のことはわかりませんし、もともとスイングトレードにはそのリスクはつきものですから、トレンドを取りたいなら思い切るしかありません。

 

そのあたりは、自分のスタンスとよく相談して、はじめから決めておいた方がいいです。リスクをとるのかどうなのか。

 

また、スイングトレードに移行する場合には、損切りラインが変わることにも注意しなくてはなりません。

 

デイトレードの損切りラインは、通常は分足のテクニカル分析から出てきます。買いの場合なら、分足で見たときのチャート波動の前の安値が損切りラインだったり、買ったローソク足の安値が損切りラインだったりするはずです。あるいは、他のラインを決めている場合もあるでしょうが、いずれにしても分足チャートの中から損切りの根拠となるラインになります。

 

しかし、買いをそのまま持ち越してスイングトレードに移行すると、損切りの根拠は日足チャートから導き出されなくてはなりません。分足チャートは日が変われば過去のものです。前日の分足チャートの中から損切りラインを導くことはありません。

 

スイングトレードの買いの損切りラインは、買った日のローソク足の安値や直近安値(チャート波動の前の安値)などになります。ですので、デイトレードからスイングトレードに移行しようと考えたときには、日足チャートを見て、スイングトレードにした場合の損切りラインを確認する必要があります。損切りラインは覚悟すべきリスクの量に他なりません。持ち越してしまってから、リスク量を知るというのではリスク管理になりません。

 

デイトレードの調子がいいからといって、簡単に持越しを決めるものではありません。調子のいい時には利益のことしか考えられなくなりがちです。ついつい、「このまま行けば・・・」と思ってしまうものです。しかし、より大きな利益を取ろうとするときには、必ずそれ相応のリスクがあることを忘れないことです。

 

※損切りラインを、買った時の値から●%下落したら・・・というようにテクニカルとは別に決めているのであれば、上の話は成り立ちません。が、このサイトでは、そういう損切りラインをおススメはしません。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


空売りの損切りは確実に。

株の空売りの場合は損切りをしっかりしないと、損失が青天井になる可能性があります。

 

これが、空売りが怖いと思われている理由のようです。しかし、実際には委託保証金の限界もあって強制決済されてしまうので、借金してまで自分の資金を増やさない限り、いくら損切りをしないといってもリスクは資金の範囲内で済みます。

 

なので、空売りのリスクを必要以上に語るような人を私は信じることができません。ましてや信用取引をススメない人にも疑いの目を向けてしまいます。私は、トレードをやろうと思った時から空売りを念頭に置いていました。怖いと思ったことは一度もありません。理屈で考えれば、怖い理由など一つもありません。このサイトでも、仕掛けとしての買いと売りは平等に扱っています。株でなくてFXであれば当たり前のことですから。

 

ただ、株価の限界が、下はゼロ円なのに対し上は青天井ですから、損切りの金額が買いのときより空売りのときの方が大きくなる可能性は高いと思います。

 

例えば空売りの場合に株価が半分になったとしても、投下資金の半分の利益しか出ません。しかし、買った時に株価が倍になれば投下資金分の利益が出ます。空売りよりも買いのほうが期待できる利益の額は大きいのではないでしょうか。だからこそ、仕手筋は株価が何倍にもなる買いをターゲットにするのです。空売りは、どちらかというと素人をダマすテクニックとして用いられる場面が多いと思います。

 

しかしながら、1回のトレードでそこまで大きな利益を狙うことより、コツコツと利益を積み上げていく個人トレーダーの立場から考えれば、株価が下落するときのスピードは大きな魅力になるのです。損切りが少し大きくなるリスクに比べれば、この魅力は武器にするべきなのです。

 

空売りは、大いに推奨するべきトレードです。売りの視点を持つことで、買いの視点も研ぎ澄まされます。買いだけでもトレードはできますが、売りもできればチャンスは膨らむはずです。だから、トレーダーが現物の買いにとらわれるのは間違いで、信用取引でチャンスを増やさなければ嘘だと思います。

 

ただ、当然ですがチャンスの分だけリスクも増えます。チャンスが増えれば損切りの機会も増えます。だからこそ、「空売りをやるなら損切りもしっかりやりましょう、そのことを忘れてはいけません」、ということなのです。

 

本当は、空売りだろうが買いだろうが損切りを確実にやらなくてはならないことに全く差はありません。空売りだから、特に損切りを厳しくとかそういうことではなく、損切りは常に厳しく管理しておくべきなのです。そこのところを繰り返し繰り返し、自分にも他人にも、機会あればいつでも意識しておくことがトレードの成功につながっていくと思っているのです。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


仕掛けない決断は、損切りの実行と同じ。

仕掛けの第一段階は、日経平均を見て全体相場の方向を判断することです。しかし、どうも判断ができないとか、持ち合いの判断だとか、方向がわからないときはどうするか。

 

トレーダーはよく悩むと思います。実際問題、日経平均の動きを見ていると、判断がつくときのほうが少ないようにも思います。わかりにくいときのほうが常態のようです。

 

こんなときは、全体相場はいったん置いておいて個別銘柄のチャートを見て、方向のできるだけはっきりしたチャートの銘柄を選んで、日経平均とはあまり関係なく仕掛けていくのがセオリーです。

 

しかし、それができるのはかなり相場が理解できるようになってからです。日頃から日経平均に連動しない個別銘柄を知っておく必要もあります。

 

でも、根本的な話をすると、全体相場の方向に悩むくらいなら、そもそも仕掛けをあきらめるのもひとつの対処です。

 

個人トレーダーが有利な点は、無理に仕掛けなくでもいいということです。やりたくない時にはやらなくていいし、難しい相場にわざわざ資金を投じなくてもいいのです。誰かに強制されてトレードをやっているわけではありません。そこには何の制約もありません。プロの集団に属するトレーダーではそうはいかないはずです。

 

なぜ、悩んでいるのにそこで仕掛ける必要がありましょう。わかるときが来るのを待てばいいだけです。何もしなければ、利益が出ることはありません。しかし、無理に動いて、損失を出すこともありません。

 

仕掛けないことには、チャンスもなければリスクもありません。しかし、トレーダーはトレードをやろうと決めて相場に向かっているのですから、仕掛けないことは利益が絶対に出ないという意味ではリスクです。

 

ということは、その仕掛けないリスクを取るというのも、損切りだと考えればいいのです。

 

損切りをきちんとすることと、仕掛けない決断をするということ、私には何となく同じようにみえるのですが、どうでしょうか。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ