損切り絶対主義!へようこそ。 <このサイトが目指すもの> 

初めての方は、まずはこのページからお読みください。

75日移動平均線からの仕掛け。

このサイトは損切りがテーマのサイトですので、必然的にほとんどが損切りの記事や話です。とはいえ、サイト全体をよく見ていただければ、正しい損切りのためにはそもそも正しい仕掛けが必要で、その正しい仕掛けをどうするかというテクニカル分析の説明もしています。「損切りの前提/心にしみるテクニカル」の項では、基本的なチャートの読み方や仕掛けの考え方が説明されているのがわかるかと思います。

 

そもそも、トレードとは仕掛けることです。損切りを目標にして勉強する人はいません。仕掛けを知らずに損切りを勉強するというのは、本末転倒です。どんな仕掛けであってもきちんと損切りできるならば、それだけでもトータルプラスはかろうじて達成できるかもしれません。でも、それ以上を求めるなら、やはり仕掛けの手法です。どれだけの利益が取れるかは、仕掛けを知っているかどうかで決まると思います。

 

しかし、この仕掛けの基本を知らないトレーダーは数多くいます。それぞれのトレーダーが、特に体系を気にせず自分がいいと思うやり方でやっているのが現状だと思います。根本的な考え方の体系や理論がないままに、実践的な戦術だけが用いられているケース

 

私は、相場の展開を75日移動平均線とグランビル法則で捉えようとする立場です。日経平均でも個別銘柄でも為替でも、まずはこの二つを念頭において日足チャートを見ていきます。

 

その立場からすれば、仕掛けの基本中の基本は75日移動平均線による仕掛けです。75日移動平均線こそスイングトレードを支える一番の指標だと捉えています。そして、仕掛けの手法を学ぶならまず第一にこの75日線を使った仕掛けに習熟しておくのがいいと考えています。

 

一番簡単な仕掛け・手仕舞いの仕組み。それは、75日線をパーティションと考え、抜け・割れを売り買いのラインとすることです。

 

(買いの仕掛け)
上向き75日線を株価が下から上に抜いたら買い。
その後上から下に割ったら決済売り(手仕舞い)。

 

(空売りの仕掛け)

 

下向き75日線を株価が上から下に割ったら空売り。
その後下から上に抜けたら買い戻し(手仕舞い)。

 

これらが、75日線の仕掛けの第一歩です。個別銘柄のチャートに75日線だけを出して、眺めてみてくださ

がほとんどだと思います。

い。これらの仕掛けの有効性が多かれ少なかれイメージできると思います。

 

ここでは、手仕舞いにも75日線を使っていますので、大きな利益は出ないかもしれません。でも、確実に利益にはなると思いませんか?買いの時には75日線上向きのチャートを狙うということ、空売りの時には75日線下向きのチャートを狙うというのがポイントです。だからこそ、時間が立てば、買いの場合は手仕舞いラインが徐々に上がり、空売りの場合は徐々に下がっていくのです。仕掛けた後に75日線の上下の向きが変わらない限り、確実に利益にはなるのです。

 

もちろん、これだけのルールだと問題も出てきます。

 

(仕掛けの問題点/買いの場合)
例えば、上向き75日線を下から上に抜いた時に買い仕掛けたが、すぐに下に割れてしまえば、ほとんど利益もなく終わってしまう。そういうトレードが続くと、トレード回数の割に利益が非常に少なくならないか?
特に75日線の上向き度合いが少ない時には、持ち合いが続くこともあります。その場合は連日75日線を挟んで上下に行ったり来たりすることがあって、仕掛けと仕切りを繰り返さなくてはならなくなります。

 

(手仕舞いの問題点/買いの場合)
例えば、上向き75日線を下から上に抜いた時に買い仕掛けて、そのまましばらく上昇したが、75日線を割るのを待っていると、せっかくの大きな含み益がほとんどなくなってしまう。大きく上昇したときに利益確定するようなルールはないのか?

 

実際のトレードを想定した場合の大きな問題点は、この二つだと思います。
そして、この二つの問題点に関しては改善策があります。

 

(仕掛けの改善策/買いの場合)
基準足を設定し、仕掛け・手仕舞いのラインを少し変える。
75日線を指標にはするが、75日線そのものを仕掛けのラインとはせず、買いの場合であれば、初めて75日線を抜けたローソク足を基準足として、その足の高値を抜いた所を仕掛けのラインとする。そして、手仕舞いのラインは、その基準足の安値割れとする。
仕掛けのラインが、75日線そのものより少し高い値になり、手仕舞いのラインが75日線より少し安くなるため、損切り時の損失リスクは少し上がるが、頻繁に仕掛けと手仕舞いを繰り返すリスクは減る。

 

(手仕舞いの改善策/買いの場合)
手仕舞いのルールを以下のように変える。

 

①買い仕掛けたあとそのまま順調に上昇するなら、手仕舞いラインを順次変えていく。
1.前日安値割れ
2.前日安値、前々日終値のうちの安値割れ
3.前3日間の安値割れ
1より2、2より3のほうが、より手仕舞いラインは下がるため、それだけ買い保持の期間は長くなる。仕掛け当初は1のルールで進めておいて、さらに上昇が続くようなら2→3と変えていけると理想的。

 

②手仕舞いにボリンジャーバンドを使う。
買い仕掛けで値が上昇して、ボリンジャーバンドの+2σラインを抜けて終わったら、翌日朝に手仕舞いする。これは、+2σラインを抜けたところに値がある確率は2.5%という低い確率であるということによる。

 

①、②であれば、75日線を手仕舞いラインとして使うよりは、よほど利益の幅が広がる。

 

・・・・・

 

75日線が絡んだ現実のトレードでは、これらの改善策を折り込んだ戦術を使うことがほとんどです。買い仕掛けの場合に一番頻度の高い基本ルールとして「基準足の高値抜けで買い仕掛け、前日安値割れで返済売り」と覚えておいてもいいくらいです。(空売りの場合は、「基準足の安値割れで空売り仕掛け、前日高値抜けで買い戻し」。)

 

75日線は、チャート上で一番大きな役割を演じるパーティション。それゆえに、仕掛けでうまく使えれば利益になる確率も高いです。また、グランビル法則にてらして75日線をしっかり見ていけば、75日線を使った仕掛けが、相場の転換点や波動の転換点に重なることが多いこともわかってきます。このことについては、下の参考記事のほうにも書いてありますし、また機会を改めて書いてもいきたいと思いますので、ご期待ください。

 

 

参考記事

→ 「75日移動平均線
→ 「グランビル法則

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


損切りは一気に、利確は徐々に。

個別銘柄を仕掛けた後の手仕舞いについてです。

 

損切りは、いつでも1回で完了します。決めておいた損切りラインに到達してしまったら、有無を言わずに全量仕切りです。値が動くたびに少しづつ損切りしていくなどという細かな計画はありえません。含み損を確定するのはいつでも一気です。

 

同じ手仕舞いでも、利益確定の時にはやり方は変わってきます。含み益はできるだけ長く保持するのが原則。最終の利益確定ポイントだと判断するならばそこですべてを手仕舞いするのが当然です。でも、そうでないなら、利益確定の節目に来るたびに少しづつ手仕舞いし、できるだけ長い期間保持していくのが利益を大きくするコツです。

 

損切りは、決められたライン以降に引き延ばすのはルール違反です。引き延ばすと、それだけ損失が大きくなるリスクが拡大します。引き延ばしてしまうのは、元に戻る可能性もあるからこそなのですが、実際に戻ることは不思議とほとんどありません。たいていの場合は引き延ばせば損失が拡大します。引き延ばせば引き延ばすほどどんどん含み損は大きくなり、やがて塩漬けになってしまいます。ナンピンなどしようものなら、本当に破滅してしまいかねません。

 

利益確定は、損切りとは逆のことが言えます。初心者トレーダーは、仕掛けた後少しでも含み益が出てくるとその利益が惜しくなってすぐに利益確定しようとします。利益を伸ばそうと保持を長引かせた結果、利益が少しでも減ってしまおうものなら、とてつもなくがっかりします。そして一度でもそんな経験をすると、二度と利益を引き延ばそうとはしないものです。結果として、いつも利益は少なめ。とてもじゃないが、スイングトレードでトレンドを取っていくなんてできません。

 

トレードの世界は、上昇も下降もほぼ平等に機会があるのですから、大きな損失を計上できる人は大きな利益だって計上する素質があります。どうやったら大きな損失を計上してしまうのか?それがわかるなら、逆をやれば大きな利益が実現するのです。そのあたりの様子は、このサイトでも「コツコツドカーン」のところで書きました。

 

利益確定は、ずるずると含み益を引きずるように引き延ばします。まるで、損切りがルール通りにできないときのように手仕舞いを先延ばしするのです。そのための一つの戦術が分割利益確定です。「まだまだ上がる可能性がある」けれども「もしかしたらこれで終わりかもしれない」。そんな時に、一部分だけ利益確定するのです。そして残りは持ち越す・・・。こうしておけば、ある程度の利益は確保できるし、引き続き希望も持てるということになり、うまく進められると思います。

 

頭の回る方はすでに気が付いているかもしれませんが、分割利益確定を実現するためには、仕掛けの時に複数単元で入る必要があります。最小単元では、含み益が出てきたときに保持するか手仕舞うかの選択肢しかなくなります。損切りのことだけを考えればそれでもいいのですが、積極的に利益を狙うのがトレードですから、できれば3回くらいに分けて利益確定できるよう複数単元で仕掛けるのです。

 

また、損切りラインを割ってからのナンピンが損失拡大につながるなら、含み益が出ているときの更なるチャンスに向けては買い増し・売り増しが考えられます。損失拡大の道筋は逆手に取れば利益拡大の戦術になりえます。「もうここまで来たら十分。更に引き伸ばすのはおしまいにしたい」と思うときこそ仕掛け増しのチャンスだったりするのです。

 

たとえば、トレンド転換で買い仕掛けて、前日ローソク足の安値を手仕舞いラインに決めて保持しているとします。前日の安値を割らずに順調に利益が伸びているなら手仕舞いの必要はありません。しかし、ある日ボリンジャーバンドの+2σラインを抜けたとすると、そこが利益確定の節目になります。そこでまず、1回目の利益確定。さらに利益が伸び続けて、直近高値を更新するなら、そのタイミングで買い増し。その後、前日安値は割らないけれども高値更新はできなかったとしたら、そのタイミングで2回目の利確。そしてついに前日安値を割ったところで最後の利確・・・。こんな展開イメージでしょうか。

 

最初から決めておくのは、前日安値を割った場合の手仕舞いと+2σライン抜けの手仕舞いだけ。前日安値割れは、上昇の流れが変わるかもしれないサインですから全面的な手仕舞いなのですが、+2σ抜けは必ずしも全面的ではありません。ならば、そこは部分利確で引っ張っていく攻めもありうるのです。

 

このように、利益確定のタイミングは必ずしも仕掛けの段階で100%明確でなくてよいのです。そこが、損切りの場合と違った難しさです。

 

慣れないうちは、難しく考えるよりもシンプルに損切りと同様「利益確定も1回で」と思っていて構いません。でも、慣れてきたら、複数単元で仕掛けて、仕掛け増しも視野に入れつつ、含み益を保持する期間をできるだけ長くするように考えることで「損小利大」を実現していくのです。

 

慣れてきたら・・・。

それは、損切りがきちんとできるようになって1カ月でのトータルプラスを実現できるようになったら、といったくらいのところでしょう。一つの目安にしてください。

 

参考記事

→ 「コツコツドカーン

 

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


損切りしないで破滅・・・のイメージ。

トレードで破滅というのは、大きくあった資金がなくなってしまうということでしょう。そして、なぜそんなことになるかと言えば、損切りしないからだということになるでしょう。

(どんなに大きな資金であっても、ゼロになっても構わないということなら、損切りなどする必要はありません。しかし、それは破滅ではありません。なくなっても困らない資金がなくなっても、困らないわけですから。・・・念のため。)

 

ダメな会社の株を買ったから破滅するのではありません。
仕掛けを失敗したから破滅するのではありません。
損切りしなかったから破滅するのです。

 

これは初心者だろうが、ベテランだろうが、カリスマトレーダーだろうが、誰であっても同じことです。

 

「いずれは必ず値が戻る。」
そう思ってしまったら、おしまいです。
確かに、値動きには何があってもおかしくはありません。相場の先行きは誰もわかりません。値が戻って損失が消えることもあるとは思います。

 

しかし、もともとは確率が高いと考えていた方向に仕掛けたわけです。仕掛けの根拠は確率です。その根拠が崩れたからこそ損失になっているのですから、その時点で、その仕掛けは終わらせるべきなのです。続けるとすれば、最低限仕掛けたときよりリスクは大きくなっていることを知るべきですし、それを知ったら続けるべきでないことくらい理解できるというものです。

 

「まだ、耐えられない損失ではない。」
そう思ってしまったら、やはりおしましです。
耐えられない損失ではないからこそ、今切っておくのです。耐えられない損失がどの程度なのか明確に答えられないからこそ、こういう思いが出てくるのです。

 

仕掛けの時から、耐えられない損失がどの程度が明確にしておくべきですし、それを踏まえて損切りラインを決めておくべきです。であれば、損切りラインを越えたときに、耐えられる領域は終わっているのです。

 

「そろそろ有利になるという情報もある。」
そう思ってしまったら、もう本当にダメダメです。
そんな情報は、いつでも転がっています。だからいつも売買が成立するのです。買う側には買う側の、売る側には売る側の、双方に必ず根拠はあるのです。

 

損失を抱えると、自分に有利な情報にしか耳を貸さなくなるのが人間です。少しでも自分に有利な情報を見つけると、それにすがって自分を正当化してしまうのです。情報元が損失の責任を取ってくれますか?トレードの結果は結局自分にしか返ってこないのです。

 

巷では、ときおりカリスマトレーダーがすっからかんになってしまうようなニュースを見聞きすることがあります。トレード以外に手を出して・・・というのが理由であることもあるようですが、おおかた損切りの失敗が原因であることが多いようです。

 

今まで、破滅ということを実感するような場面がなかった人ほど、破滅への道に直面すると通常の精神ではいられなくなるようです。いくらメンタルを鍛えたところで、自分が知らない世界には対処できないということでしょう。

 

「自分が破滅してしまったら?」なんてことを考えることもなくトレードをやっていれば、そうなってしまうのだと思います。

 

でも、もしそうであるなら、ほとんどすべてのトレーダーにその危険はあるわけです。破滅を実際に経験するトレーダーはそう多くはないでしょうし、破滅してしまえば戻れないわけですから。

 

大切なことは、損切りすることの悲しさより、損切りしない怖さを理解しておくということです。損切りしないことの怖さがわかれば、損切りすることが正しいとわかるからです。

 

自分が破滅するイメージ・・・一度頭に描いてみてもいいんじゃないでしょうか?

 

 

参考記事

→ 「「損切りしない」はどう?

→ 「損切りしないと…(事例リンク)

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ