損切り絶対主義!へようこそ。 <このサイトが目指すもの> 

初めての方は、まずはこのページからお読みください。

いつも空売りを考える。

株は誰もが「買う」ものと思っています。それゆえ、株のトレードは買いと空売りが平等な関係ではありません。市場参加者のほとんどは買いで仕掛けを考えています。空売りを考えるのは一部のトレーダーです。しかし、だからこそ、一般個人トレーダーにとっては空売りのほうが有利な状況があります。

 

もちろん、単に見込める利益の額だけを考えれば空売りよりも買いのほうが有利です。空売りで儲けられるのは現在株価の分だけですが、買いならば現在株価の何倍にもなる場合があります。また、損失額の可能性を考えても理論的には空売りが不利になります。それゆえ、資金豊富な大口の機関投資家が空売りを考えるというのはかなり限定的なことかと思います。

 

では、なぜ個人トレーダーにとって空売りが有利なのか?

 

長いものには巻かれろ、ということわざがあります。市場の中では個人の資金力などたかが知れています。少ない資金力で利益を取っていこうとすれば、一番いいのは大口の戦術に乗っかることです。大口と同じタイミングで売買できれば、大口と同じように利益を手にできる、というわけです。チャートを読むテクニカル分析も、根本的には大きな資金の動きを追いかけて需給の流れをつかむもので、大口に追随するためのツールだといってよいでしょう。

 

ただ、大口と同じタイミングで買いチャンスを追いかけるのは、企業分析力や情報力の点で個人には限界があります。もちろん買いも戦術のひとつではありますが、分かりやすいのは大口の決済売りのタイミングに合わせて空売りで仕掛けていくことです。大口の手じまいの場面が個人の仕掛けの場面になるというわけです。

 

大口がいつ買うか?これはなかなかわかりません。買わない可能性だってあるわけですから。しかし、いったん買ってしまえば、いつかは必ず売らなくてはなりません。また、買いに比べて売りは一気になされます。だから、買いよりも売りのタイミングのほうが読み取りやすいし、ダマしも少ないのです。

 

大口にとっての理想的な姿は、株価が上がってしまう前に買いを仕掛け、天井圏で決済売りすることです。十分に株価が上がったところを狙って、もうこれ以上上昇が見込めないところで一気に決済したいはずです。大量の株を売り決済するためには、それに見合うだけの買い注文がなくてはなりません。だから、加熱したところを狙って売ってくるでしょう。

 

一方、意に反して買った株の値が下がってしまったときには、ラインを決めて損切りに入るでしょう。この場合は待ったなし。様子を見るより先に決済重視で売ってくるはずです。

 

大口に合わせた空売りは、その利益確定や損切りのラインに合わせて仕掛けていけばうまくいく道理です。機関投資家などの大口が、もうこれ以上は上がらないと思うであろうポイントが空売りのチャンスになるわけです。

 

とりわけ、大きなチャンスになるのは大口の損切りでしょう。ここでは、大きな受け皿となる買いがありませんから本当に大きく下げていきます。それは例えば上昇相場から下降相場への移行の時の75日移動平均線割れ。そこでは、大口を始めとして多くの買い保持玉が手放されます。そしてそれが下降相場入りの合図になります。右のチャートは、典型的な下降相場入りのチャートの形です。上昇相場から、75日線が横ばいになり株価がこれを割って一気に下げていく様子がわかります。

 

また、いったん下降相場に入って75日線が下向きになってしまうと、その下向き75日線から株価は下に放れては戻ってくるという波動を繰り返します。したがって下向き75日線付近まで上昇してくる値を待ち構えて空売りを仕掛けるということになります。下降相場で株価の底を見極めるのはとても難しいことです。ここが底だと思って買い仕掛けても、さらに下降することがしばしばです。下降相場での買いはなかなかできません。下降相場では75日線を目安にした空売りで仕掛けていきたいものです。

 

空売りは、うまく使えば個人トレーダーの大きな武器になります。もっと言うなら、個人トレーダーは基本戦略として買いよりも売りを重視していくことをお勧めします。どんな相場でも空売りのチャンスを見つけようとする中で、買いのスキルも上がっていきます。「いつ空売りするのか」。それを常に考えることで、逆に買いのタイミングもわかってくるのです。

 

せっかくトレードを始めたならば、早い段階から空売りの視点を持ってください。空売りこそが最も大きな利益の源泉になりますから。

 

 

参考記事

→ 「空売り

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


損切りの後にやる気スイッチを入れるな。

損切りとメンタルの関係を非常に重視するトレーダーがいます。しかし、損切りをきちんと実行することとメンタルはあまり関係がありません。損切りできないことをメンタル強化で解決しようとするのはお門違いです。メンタルをいくら強化しても、自分が決めた損切りラインのテクニカル的な根拠に自信が持てない限りは大した効果はないでしょう。損切りできないのは勉強や成功体験が足りないからであって、自分の性格のせいにしてはいけません。
(成功体験を得るためには「損切りできない理由」をご参照。)

 

損切りとメンタルの関係を語るなら、むしろ損切り実行後の心のあり方についてだと思います。

 

トレーダーは損切りを実行すると、何とか取り戻そうと考えます。そして、仕掛けに対して猛然と前向きになります。俗にいう「やる気スイッチ」が入った状態ができあがってしまいます。一般的に、競馬でもパチンコでもギャンブルで負けている人は負けを取り戻そうとしてどんどん深入りしていしまいがちです。トレードも同じです。損失が大きければ大きいほど、やる気も比例して大きくなります。

 

適度なやる気ならば何の問題もありませんが、トレードでは必要以上のやる気は大変なマイナスになります。

 

必要以上のやる気を持つと、自分に対しても相場に対しても客観的でなくなります。いつもなら思いとどまる仕掛けを簡単に実行してしまうようになります。また、大した準備もしていないのに「エイヤ!」で仕掛けてしまいます。やる気によって客観性を欠くと、どうしてもリスク量よりチャンスの量が大きく見えてしまうのです。

 

客観的にトレードをしていてさえ、損切りが繰り返されることも多いのです。ましてや、客観性を欠いて自分の思い込みだけでトレードすれば結果が散々になるのは明らかです。最悪の場合は、理性を完全に失い頭が真っ白になり、自分から散々になるのを望んでしまうようなことも起こり得るのです。

 

これは、損切りに失敗した時だけでなく正しい損切りを実行できた時ですら起こります。損切りはいかに正しくても損失は損失ですから、普通に考えたら楽しいことはありません。どうしても取り返そうとしてしまうのです。せっかく正しく損切りできたのに、取り返そうとするメンタルのコントロールに失敗して、不要な仕掛けをしてしまうのは、本当にもったいないことです。

 

実は、このメンタルの動きは損切りの時だけでなく利益確定の時も同じ動きをします。損失が出ても利益が出てもトレーダーの心は当然に動きます。利益が出たら出たで、トレーダーは俄然やる気になるものです。儲かった事実を背景に「もう一丁!」をやってしまうのです。

 

ギャンブルでは、儲かったらそこで終わりにするのが定石です。ついつい気が大きくなって、ついでにもう一つまでを狙おうとすると、それが地獄の第一歩だったりしますので要注意なのです。リスクが限定されたギャンブルならそれでもいいのでしょうが、トレードのリスク限定はとりあえず損切りだけがその手段です。トレードはギャンブルだとは思いませんが、偶然の影響する割合も大きいと思いますから、ギャンブル的な側面もあります。くれぐれも留意するべきかと考えます。

 

損切りを実行したとき利益確定したとき、いずれにしてもスイングトレードの新たな仕掛けは少し待ちましょう。どうしても仕掛けたいと思っても、できればその日のうちの仕掛けはやめるべきです。たとえ、前もって考えて準備していたとしても。全体相場(日経平均)の状況、仕掛けの根拠、損切りのラインは最低限もう一度明確にしてやることです。

 

 

参考記事

→ 「損切りできない理由

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


損切りばかりが続くなら。

トレードを学んで、仕掛けも分かるようになった。損切りについても正しくできるようになった。でも、仕掛けるたびに損切りばかりだと悩んでいる人がいます。私の肌感覚では結構多いと思います。どこかで”損切り貧乏”なるコトバを知って、自分の悩みをそのコトバで説明する人が多いのです。

 

せかっくトレードを正しく学んでも損切りばかりではモチベーションが落ちていくこともあります。正しい損切りをひたすら繰り返すのは間違ったことではありません。一度でも正しい損切りを怠ればそれは破滅につながる道ですから、正しい損切りを止めるわけにはいきません。それでも、損切りばかりが続けば「いったい自分のやり方は本当に正しいのだろうか?」と考えてしまうでしょう。

 

テクニカル分析の究極の姿は、そのテクニカルを信頼してトレードに適用できるかどうかです。自分の決めた仕掛けポイントを信頼できるか。自分が決めた損切りラインを本当に正しいと思えるか。自分がやっていることを正しいこととして、いつも貫けるかどうかがトレード成功のカギなのです。そこに不安が生まれてしまうと、正しい損切りを続けるモチベーションが下がってしまいます。そして、学んだことはうやむやになり、やがて相場から退場ということになってしまいます。

 

そんなことにならないためにも、損切りばかりが続いていると感じたら、個々のトレードにおいて以下のような検証を行ってみましょう。

 

①相場判断は正しかったか?

まずは、仕掛けの前提として全体相場の方向を把握していたか。買いだとしたら日経平均が上昇相場、空売りなら日経平均が下降相場になっていたか。あるいは、日経平均は逆の相場状況だったり、持ち合い相場だったのか。特に、トレンドが出ていない持ち合い相場の時には、仕掛けても損切りになる確率が高くなります。

 

②チャート選択(銘柄選択)は的確だったか?

①とダブる部分もあるが、仕掛けた銘柄の相場状況と日経平均の相場状況は連動していたか。日経平均が下降相場なのに買いの銘柄を仕掛けたりしていないか。仮に全体相場と反対の方向に仕掛けたとしたら、その銘柄の選択に根拠はあったのか。

 

➂仕掛けのラインは正しかったか?

仕掛けラインの根拠は何だったか(なぜそのラインか)。その根拠は正しいか。計画通りに仕掛けたか。

 

④損切り(仕切り)のラインは正しかったか?
事前に損切りラインを決めていたか。損切りラインの根拠は何だったか(なぜそのラインか)。その根拠は正しいか、計画通りに損切りしたか。

 

トレードの結果が損切りになることは、別に悪いことでも何でもありません。そのこと自体で反省する必要性はありません。特にトレードを始めて間もないのであれば、まずは自分が納得した損切りラインでしっかり切れることこそ大切なスキルです。

 

しかし、その時の仕掛けが正しかったのかどうかはいったん検証しておいてしかるべきです。仕掛けは正しかったのに損切りになったのだとすれば、そこに間違いはありません。ただ単に相場が思い通りに行かなかっただけのことであり、まあよくあることなんです。ただ、仕掛けが間違っていたとするなら、そのことで損切りになる確率は高くなってしまうので正しておく必要があります。その、仕掛けを正すための検証が上の①から④なのです。

 

中でも、見落としがちなのが①です。銘柄の値動きにとっては外的要因となる全体相場(日経平均)の判断が的確でなければ、どんな仕掛けも効果は半減。また、持ち合い相場はトレンドフォロー(順張り)の手法にとっては損切り地獄になることがありますので要注意です。

 

もともと、この①~④はトレードを計画し実施するにあたって必ず考えなくてはならない過程を整理したものです。ここで初めて知った人は、今後のトレードでは意識して考えるようにして欲しいと思いますし、それがトレードの検証にも使えるものであることをお知らせしたいと思います。

 

トレードの手法にはいろいろなものがあります。私が信じている手法も、その中のほんの一部にすぎません。ですので、ここで書いたことがあらゆるトレーダーに通用するかどうかはわかりませんが、正しい仕掛けをしているのに損切りばかりになってしまう人には参考になるのではないかと思います。

 

 

参考記事

→ 「心にしみるテクニカル はじめに

→ 「損切り貧乏でOK

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ