損切り絶対主義!へようこそ。 <このサイトが目指すもの> 

初めての方は、まずはこのページからお読みください。

一目均衡表は雲を見る。

一目均衡表は、相場を分析する一つの大きな体系です。一目均衡表を基本において相場の仕掛けや手仕舞いをする投資家も数多くいます。全体をマスターしようと考えれば、それ相応の勉強や経験が必要でしょう。

 

しかし、私が相場を見るときの基本に置いているのは、移動平均線でありボリンジャーバンドであり、パーティション・トレンドラインといった指標の体系です。一目均衡表は、その体系での分析を補足するものとして活用しています。

 

大切なのは「雲」のイメージ

 

私の立場からいうと、一目均衡表で重要なのは「雲」です。

 

一目均衡表には、上に描いた図の通り基準線や転換線、遅行線というラインがあります。それらが大切という先生方もいます。私がテクニカル分析を学んだときは、一目均衡表では基準線と転換線のゴールデンクロス(好転)やデッドクロス(逆転)が一番大切・・・と習いました。また、一目均衡表には、まだローソク足のない「未来のことを表現する」という最大の特徴もあります。

 

しかし、私はラインも未来の姿もほぼ活用することがありません。好転や逆転も正直に言うと、私にはあまり役に立ちませんでした。私が一目均衡表を活用するのは、現在のローソク足と「雲」との位置関係だけといって過言ではありません。

 

一目均衡表の「雲」の実態は、先行スパン1、先行スパン2と呼ばれるラインに囲まれた部分です。先行スパン1が上にある雲は「赤雲(上雲)」、先行スパン2が上にある雲は「青雲(下雲)」と呼ぶことがあります(上の図ご参照)。

 

大事なのは、この雲とローソク足の関係です。以下のようなイメージをぜひ覚えておいて下さい。

 

●雲の上下には風が吹いている

赤雲の上は風が上向きに吹いている
青雲の下は風が下向きに吹いている
雲の中は息苦しい水中

 

●雲はパーティション(支持線、抵抗線)になる。

雲が厚い → 強いパーティション
雲が薄い → 弱いパーティション。

 

ローソク足が赤雲の上にあれば、上向きの風にのって上昇しやすくなりますし、ローソク足が青雲の下にあれば、下向きの風に押されて下降しやすくなるというわけです。

 

また、ローソク足が雲の中に入ると、息苦しいために一刻も早く雲の外(上か下)に出ようとするイメージになります。逆に言えば、ローソク足は雲の中に長くはとどまりません。雲を形成するライン自体がパーティションになりますし、雲もパーティションになります。

 

そして一目均衡表を意識している銘柄であればあるほど、雲の厚いところを上から下、下から上に雲を横切ることは少ないようです。雲を横切るときは、比較的雲の薄いところだったりします。

 

 

間違っていけないのは、これら一目均衡表の特徴は、あくまでイメージとして踏まえておくということで、実際の仕掛けや手仕舞いのサインとして使用はしないということ。

 

たとえば、移動平均線とボリンジャーバンドが表示された日足のチャートでは、「なぜ、こんなところで上昇が止まったのか?」がわからないときがあります。で、一目均衡表を見ると、上昇が止まった地点が雲の下辺だったりするのです。そんなときに「なるほどね・・・」と思うわけです。

 

だからといって、その止まったポイントが仕掛けや手仕舞いのポイントなのかというと、そうではないのです。移動平均線やボリンジャーバンドを基本に据えた体系の中では、その基本チャートの中で見えてくるポイントが仕掛けや手仕舞いのポイントなのです。一目均衡表は、あくまでイメージ。そのことを忘れてはなりません。

 

一目均衡表を意識しない銘柄もある

 

一目均衡表は、どの銘柄にでも通用するかというとそうでもありません。一目均衡表は数多くの人々に支持されて見られてはいますが、個別の銘柄によっては一目均衡表が参考にならない銘柄もあります。

 

一目均衡表が参考になる銘柄かどうかは、雲中にどの程度ローソク足が入っているかでわかります。息苦しいイメージの雲中にローソク足が頻繁に入っている銘柄は、息苦しさを気にしていないということです。つまりは一目均衡表自体をあまり気にしていない銘柄だということができます。

 

一目均衡表に対する個々の銘柄のかかわりは、その銘柄を主に監視している投資家のかかわり方によります。投資家たちが一目均衡表を見ている人たちなら、その銘柄は一目均衡表に敏感に動きます。一目均衡表を気にしない投資家が多い銘柄であれば、一目均衡表とは関係のない動きをします。

 

ですので、一目均衡表を見るときは、まずその銘柄が一目均衡表を気にしてい動くかどうか、一目チャートを過去まで振り返って見て判断してください。

 

「変化日」について

 

それと雲に関してもう一つ。
先行スパン1と先行スパン2が交差するポイントのことを「変化日」といいます。赤雲から青雲、もしくはその逆の転換点です。一目均衡表の理論では、この変化日は持ち合いが解消される日という位置づけがされています。上昇なのか下降なのかはわかりませんが、持ち合いが解消されるということは、それなりに大きく動く可能性があるということですので、留意しておいて損はないでしょう。

 

ただ、私は実際のこの「変化日」の大きな動きに直面したということは、ほとんど記憶にありません。一目均衡表について必ず語られることなので「留意」はしていますが、だからと言って、このことを仕掛けや手仕舞いの指標にすることはありません。あくまでイメージとして頭に置いておくだけです。

 

 

おおざっぱで申し訳ありませんが、私が一目均衡表に関して書きたいことは以上です。

 

基準線や転換線、遅行線については何も書いていません。「三役好転」「三役逆転」という重要(だと言われる)指標についても一切の記述をしていません。そういう意味では、かなり特異な解説になりました。

 

しかし、私はこれでやってきています。必要以上に一目均衡表を取り上げることは、私のトレード手法の中では不要なことなのです。

 

ご理解いただければ幸いです。

 

 

参考記事

→ 「その他の指標

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


信用残、信用倍率を見ておこう。

東証一部だけでも企業数は今や2,000以上となっています。これらの中から仕掛けていきたい個別銘柄選ぶとき、全体相場の把握やチャート分析をするのはもちろんですが、それ以外にも大切なことがいくつもあります。

 

チャート上に現れてこない、個別銘柄に固有の重要な指標が信用倍率です。
信用倍率は、銘柄の個性(上げやすいか下げやすいか)を決める指標ですので、必ず覚えておくべきです。仕掛けの際には、基本動作として必ず見るようにしたいものです。

 

信用倍率とは、その銘柄に関する信用取引での「売り」「買い」の割合のことです。式で表すと、「信用倍率」=「信用買いの残高」/「信用売りの残高」、ということになります。例えば、信用倍率=2.0と言えば、信用売り残に比べて信用買い残が2倍あるということです。

 

なぜ、この信用倍率が大事なのか。それは、信用取引の性格によっています。

 

信用取引は基本的に半年以内に決済しなくてはなりません。信用取引で株を買えば、半年以内に売り決済しなくてはならないということ。信用売り=空売りの保持も半年が限度です。半年以内に必ず買い戻さなくてはなりません。

 

信用買い残が多ければ、その分の決済売りが近い将来多く出るといういうことになりますし、信用売り残が多ければ反対に買い戻しが多く出るということになるわけです。

 

つまり、信用買い残が多い銘柄は株価が下がりやすいと想定できますし、信用売り残が多い銘柄は株価が上がりやすいと考えられるわけです。

 

多くの人にとって「株は買うもの」ですから、一般的に信用倍率は1倍よりは高いのが普通です。要するに、空売り保持している人より買い保持している人のほうが多いということです。また、「買い」という意味では、「買い」は信用買いだけではなく現物買いもあるのはもちろんのこと。ですから、実際には、信用倍率以上に買いの量は多いのです。

 

注目すべきは、信用倍率が1より低い銘柄です。つまりは空売り保持の残が多い銘柄。これは、「株は買うもの」に反して空売りが多くなされているということで、一般論からいうと普通ではないということになります。空売りは信用取引だけですから、近い将来必ず買い戻しということになります。特に、この銘柄の株価が上昇しているにもかかわらず信用売り残が増えているとなれば、空売り保持の人たちがナンピンを繰り返している状況が見て取れるわけです。そして、この信用売り分が一気に買い戻されれば、株価は一気に上昇します。

 

信用売り残の大量の買い戻しによる株価の急上昇のことを「踏み上げ」と言います。

 

空売りは個人トレーダーにとって非常に有利な手法ですが、この「踏み上げ」にはよくよく注意しておきましょう。仕掛けの前には信用倍率を見ておかないと、とんでもない逆襲に見舞われてしまいます。チャートの形からは絶好の空売りチャンスの形に見えても、信用売残が多い場合は、なかなか下げにくく、保持しているうちに一気の踏み上げを喰らったりするものです。

 

急上昇となった銘柄を「上がり過ぎ」と見て空売りするのも要注意。まずは、信用倍率を見てからです。

 

また、大量の空売りがあって売り残が増加すると市場全体にその銘柄の貸株が不足します。すると、通常の貸し株金利とは別に「逆日歩(ぎゃくひぶ)」という追加の利息がつくことがあります。この逆日歩が付いた銘柄を空売りすると、保持してる日数分だけ利息がついてまわります。これも要注意。信用売り残が多い銘柄の場合は、逆日歩がついていないかどうかも見ておく必要があります。

 

私は仕掛け候補の銘柄を探す場合、まずその銘柄の信用倍率を見ておきます。習慣的にそのようにしています。そうしておけば、慢性的に信用売残が多い銘柄などが自然と頭に入って来ます。チャートの形の前に、まずその銘柄が上げやすい銘柄なのか下げやすい銘柄なのか知っておくべきだと思います。

 

信用残は、週に一度火曜日(第二営業日)の大引け後に発表されます。なので、週足チャートを見ると、信用買い残と売り残の推移がわかるようになっています。週足チャートで表示できるようにしておいてください。

 

信用残とは別に、「証金残」と呼ばれる毎日の「日証金貸借取引残高(日証金残)」というのもあります。とてもややこしく思うかもしれませんが、こちらは相場のある日の当日の夜に速報が出ます。証券金融会社を通じた融資、貸株の分だけのデータなので、「信用残」のような全体性・網羅性はないですが、日々の動きの目安としては活用できます。

 

もちろん、信用残だけでは売買の判断はできません。また、信用残を見たうえであっても、あえてそれに反する仕掛けをすることもあります。ただ、信用残は銘柄の個性です。その銘柄が上昇しやすい性質にあるのか下降しやすい性質にあるのか、それは意識しておいたほうが、余計なトラブルに巻き込まれない分有利です。

 

仕掛ける前には忘れずに、信用残を見ておきましょう。

 

 

参考記事

→ 「その他の指標

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


損切りと資金拘束。

損切りとは何か。損切りしないとどうなるか。改めて別の側面から考えてみました。

 

トレードで当面の利益になる見込みのない損失を限定するのが損切りです。なぜ損切りをするかと言えば、損失を限定したいから。そしてもうひとつ。損切りしないと投資資金が拘束されるからです。その取引では利益の見込みがあまりないのに、他に利益見込みのある取引に資金を投じることができないから、いったん資金をそこから外して自由になるのが損切りです。

 

この世の中のお金儲けに関わることは、すべて苛烈な競争の中にあります。当然にトレードも競争です。誰もが少しでも多くのお金を手に入れようと考えています。朝から晩までそのことばかり考えている人もいます。それでも全く儲からない人もいます。

 

しかし、反対にあまり考える時間も取らずに儲かっている人はいません。センスや勘と呼ばれるような才能だけでは、誰もが群がる競争の世界では足りないのです。それが競争原理の一般論でしょう。

 

トレードの世界は誰でも参入可能です。必要なのは資金だけ。何も勉強せずとも、株を買うのは簡単ですし、売るのも簡単です。しかし簡単なのは売買の行為だけであって、そこから利益を出すのは簡単ではありません。それは初心者の方以外、誰でも知るところでしょう。

 

トレードは、誰かが抱えた損失の分だけ誰かが儲かるゼロサムの世界。自分の向こう側には自分と反対の方に仕掛けた人がいるのです。自分が利益を得る側に回るのか、損失を出すほうに回ってしまうのか。厳しい競争の世界ですから、いつも利益を得る側に回れるとは限りません。時には損失の側に回るものです。少しでも利益を得る側に回る率が高ければ、トータルプラスになります。みんなそこを目指して、しのぎを削っているのです。

 

何度でも書きますが、この世界は本当に厳しい競争の世界です。隙を見せれば、誰もがそこに付け込んできます。一瞬たりとも気を抜けません。次から次へと、トレードをうまく回転させなければ、あっという間に取り残されてしまいます。ぎりぎりの世界の中で、ぎりぎりまで力を振り絞って頑張らないと、特に個人トレーダーはすぐにダメになってしまうのです。

 

これは、ビジネスとほぼ同じです。優良企業であれば、利益の出る仕組みをある程度完成させていますから、多少の失敗、サボリは致命的になりません。あるいは、多少の失敗やサボリが致命的にならないように利益を仕組化できているのが優良企業だといっても良いでしょう。一方で、零細企業、個人企業は毎日が火の車です。常に走っていないと利益を継続的に出すことができません。猛烈な競争の中で戦わなくてはなりません。

 

どうでしょう。ここまで書くと、だいぶ競争のイメージが湧いてきましたでしょうか?

 

トレードでもビジネスでもいいですが、激烈な競争のイメージが湧いてくれば、ここまでの私の記述は成功です。

 

ではイメージが湧いてきたところで、最初に書いた損切りの話です。

 

そんな激烈な競争の中で、損切りごときでまごまごしていられるでしょうか?たかが1回の損切り程度で、切るの切らないのと逡巡していたら、あっという間に取り残されてしまうと思いませんか?本来は迷うような場合でないのに、迷っている間に競争相手は次の利益に向かって走り始めているのです。

 

トレードは、回転が命です。1回限りで莫大な儲けを得られるわけではありません。デイトレードでもスイングトレードでも、何回も繰り返しトレードすることで次第に利益を膨らませて行くのが理想です。

 

それなのに、損切りしないで資金を拘束される状態になっているとしたらどうでしょう?トレードの命である回転がままならないじゃありませんか。

 

そういう意味でも、損切りは絶対なのです。

 

損失の限定とともに、資金の回転を担保する損切りは、回転を命とするトレードには必要不可欠のものなのです。

 

これでも、「損切りしない」選択肢を自分に与えてしまうでしょうか?

 

※ 損切りしないで資金が拘束されても、なお回転して余りあるほどの資金がある場合は、この限りではありません。念のため。

 

 

参考記事

→ 「「損切りしない」はどう?

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ