損切り絶対主義!へようこそ。 <このサイトが目指すもの> 

初めての方は、まずはこのページからお読みください。

ギャップへの対処。

まずは、ここに掲げたニューヨークダウ平均と日経平均の日足チャートをよく見てください。どちらも、大体同じ時期の上昇トレンドにある時を切り取ったものです。

 
見てすぐわかるのは、ニューヨークダウにはめったに見られないギャップ(窓)が、日経平均だと頻繁にみられるということです。これは、ニューヨークダウの指標性の大きさを示しています。ニューヨークダウが日経平均にさほど影響を受けないのに対して、日経平均はニューヨークダウの影響を大きく受けるということです。ここ最近の持ち合い相場で比べれば、さらによくわかります。日経平均は毎日ギャップの嵐です。

 

日本で語られているトレード理論のおおもとはアメリカの研究家の理論であることが多いのですが、重要なことは、アメリカの研究家はニューヨークダウ平均の動きを見ながら、その理論を作っていったということです。つまり、ギャップをあまり生じない理想状態を前提にして作られているのが、今のトレード理論だということです。

 

基本的にはそれでいいのですが、その理論を日本市場に当てはめる場合にはギャップのことを考えておく必要があります。あえて言うなら日経平均はギャップの指標です。ギャップに対する考察がなければ、そのテクニカル分析は日本市場にうまく当てはまらないと言いたいのです。日経平均ですらそうなのですから、個別銘柄にいたってはさらにギャップが頻繁に見られるチャートが多々あります。

 

スイングトレードは積極的に持ち越して日々のトレンドを利益にしていこうという手法ですから、このギャップへの対応が重要です。少なくともギャップに強い関心を持ち、チャンスだけでなくリスク(損切り)の大きさをきちんと把握しておかなくてはなりません。持ち越しは、ギャップを引き受けるということですから、それだけで大きなチャンスでもあると同時に、損切りという観点からは大きなリスクでもあります。

 

一度仕掛けてしまうとトレーダーは簡単に持ち越ししてしまいがちです。スイングトレードであれば当然かもしれません。しかし、持ち越しをするのは新たに仕掛けをするのとほとんど同じだと考えたほうがいいです。いや、含み益や含み損を抱えているだけに、本来的に考えるなら新たな仕掛けより難しいと考えるべきです。

 

ただ、どんなに考えたところで、翌日の相場を正しく予測するのは不可能です。一方で、損切りタイミングは事前に決めてもいるはずです。同じように利益確定の目安ラインもあるはずです。だから、そのタイミングに来ていないのであれば、何はともあれ持ち越しするのは間違ってはいません。タイミングが来ていないのに、他に特段の理由もなく仕切ってしまったら、そちらのほうが間違っています。

(もちろん、翌日に明らかに損切りラインを大きく超えてしまうとわかるなら話は別です。そこは特殊事情として、通常とは別のルールでやるべきでしょう。)

 

持ち越しは新たな仕掛けより難しいといえども、通常だと持ち越しを検討する余地はさほど多くはないのです。

 

利益が増えるチャンスとしてのギャップは、直接的には問題にはなりません。自分が仕掛けた方向に空くギャップは喜ばしいことです。空けばあくほど嬉しいものです。

 

問題は、逆に空くギャップです。特に、設定した損切りラインを越えてしまうようなギャップは悩みの種になります。もしくは、含み益が大きく減ってしまうようなギャップ。例えば買い玉保持で、トレイリングストップ方式で徐々に上げていった利益確定ラインが、持ち越しのギャップによって大きく割れてしまったとき。

 

焦点は、翌日ギャップが空いたときの寄付きでの対処です。

 

朝の気配で損切りラインを越えてしまいそうなら、何はともあれ朝の寄付きで逆指値成行注文を出して損切りです。それ以外に損切りの方策がないわけではありませんが、まずはこれが基本でしょう。よほどトレードに自信がある人以外は、「まずは確実に損切りする」ということを最優先すれば十分です。

 

ギャップが空いて損切りラインを越えてしまうと、持ち越したことを悔やむ心になってしまうものですが全くの結果論です。それはそれで1回のトレードに過ぎません。別の機会には、ギャップがチャンスをもたらすこともあるのです。トータルで考えれば、正しい仕掛けをしている分だけ損切りの損失額よりも利益のほうが大きくなってくるものです。

 

そもそも、面倒なギャップは、ないに越したことはありません。銘柄選択の段階で、できるだけギャップの少ないきれいなチャートを選ぶことも対策の一つになります。それでも、外的な要因にまったく左右されない銘柄なんてありませんから、それなりのギャップはついてしまいます。

 

嫌がっていても仕方ありません。特殊な状況でない限り積極的に利用するくらいの姿勢でいたほうがいいと思います。

 

 

参考記事

→ 「損切り注文法

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


トレード脳とは。

学んだことを土台にして自分でも考え抜いた上でトレードする。
相場を見ながら臨機応変にトレードする。

 

前回の記事でも話題にしましたが、こうした姿勢はトータルプラスを実現したトレーダーならではのものです。初心の方やトータルプラスを未だ実現していない方にとっては間違った姿勢です。

 

自分なりに考えてはいけない。アレンジNG。工夫してはダメ。習ったことだけをひたすら忠実に実行する。

 

学ぶ上では、非常に違和感を感じることかもしれません。学校でも会社でも、聞いたことのないセリフ。むしろ失敗ばかりのダメ社員などが告げられてしまうようなセリフだと私は思います。

 

でもトレードってそういうものなのです。

 

トレードにはトレード専用の考え方があります。トレード専用の考え方が身に付いた頭を「トレード脳」と呼ぶならば、トレード脳が構築されないうちに普通の日常感覚でトレードに挑むとほぼ間違いなく大きな損失を生みます。なぜなら、正しい損切りができないから。そして資産は相当な打撃を受けてしまうと思います。それを防ぐために、上のようなセリフがあるのです。

 

それくらいトレード脳と日常の脳の動きは違うと思います。

 

ポイントに来たらひとつの例外なく損切りを続ける頭。ポイントに来たら正確に売り買い注文する頭。日常の生活やビジネスでは実行しにくいことを実行するのがトレード脳。そのトレード脳をつくるのが、トレードの勉強であり実践の繰り返しだと思います。

 

「買うことは決めている。ならば少しでも安く買おう。」とか、「買いの利益確定のポイントは、空売りの絶好のポイントではないか。」とか。日常脳で考えた戦略や戦術はトレードの相場ではほぼ通用しません。日常脳で考える「そろそろ下がるのではないか。」とか「そろそろ上がるのではないか。」という予測は、たいてい外れるものです。

 

「まさかそこまでは・・・」というのもまた日常脳の発想であって、相場で使ってはいけないコトバです。「まさかそこまでは・・・」があるから一般投資家はほぼ全員が損するのです。「まさか・・・そこまでは」が毎日起きているのが相場なのです。トレード脳を持たない投資家が損切りできないのも「まさかそこまでは・・・」という常識的な日常脳があるからです。

 

トレードは日常脳ではダメなのです。トレード脳がないと生き抜けないのです。

 

他人の逆を行けば正解にたどりつくなどという単純で安易な世界でもありません。みんなが買うときに売ってたらうまくいかないのは当然です。「逆」ということではなく「違う」ということなのです。人が買うなら私は売る、ではなく、人が買うなら私は待つとか、今は買わないとか、そんなイメージでとらえるといいでしょう。

 

例えば、トレード脳と日常脳の違いを例で示すと以下のようになります。

 

(トレード脳)チャートの動きだけを見てトレードします。

→日常脳では、新聞のニュースもトレードに採り入れようとします。

 

(トレード脳)安く買うことを考えず、高く買ってより高く売ることを考える。

→日常脳では、まず安く買うことを考えます。

 

(トレード脳)そのうち高くなると考えず、売って安くなったら買い戻すと考える。

→日常脳では、安くなったものをそのうち高くなると考えて持ち続けます。

 

(トレード脳)どこで買うかより、どこで売るかの方に重きを置いて考える。

→日常脳では、買うことばかりを考えます。

 

(トレード脳)損切りラインを決めたら正確に実行することしか考えない。

→日常脳では、ラインを決めても到達しそうになったら早めに損切りしてしまいます。

 

(トレード脳)利益確定になるか損切りになるかは単なる結果として重視しない。

→日常脳では、利益確定は成功で勝ち、損切りは失敗で負けと考えます。

 

(トレード脳)1回1回の結果でなく、一定期間のトータルでトレードを評価する。

→日常脳では、1回ごとのトレード結果に一喜一憂します。

 

いかがでしょうか。あなたのトレード脳はどの程度できているでしょうか?

 

もし、まだできていないと思われたなら、どうすべきなのでしょうか?

 

トレード脳をつくるには、トレードで成功している人の門をたたいて教えを乞うのが一番です。本やセミナーでも学ぶ本人がトレード脳のことを意識して学べるなら大丈夫だとは思います。しかし、生身のトレード脳に触れて対話しながら学べる方が効果は大きいでしょう。思い当たるような勉強の材料がないなら、まずはこのサイトをくまなく読み尽くしてください。それだけでも効果はあります。わからなければご相談用のメール窓口を存分にご利用ください。

 

 

参考記事

→ 「損切りの誤解を解く

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。

 


損切りは見ない。

損切りを実行するまさにその瞬間を見る必要があるか否か。損切りが確実に実行されているならば必ずしも見る必要はありません。それは、利益確定でも同じことです。ただ、確実に実行されたかどうかは注文方法など事務的な問題もありますので、最終的には何らかの確認を自身の目で行うことは必要かと思います。

 

日中のザラ場を見ながらトレードできる人は、損切りや利確の瞬間はとりあえず見たいと思うでしょう。自分がその場にいるのに、わざわざ見ない理由がないように思われるからです。ビジネスなら自分が仕掛けた仕事の結果を自分の目で確認するのは常識だという観念もあると思います。また、そうでなくても、損失や利益はどうしても気になってしまうもので、見る必要がなくても見てしまうものでしょう。

 

トレードの場合は、「見たところで、どうにもならない」ということを理解したうえで見るならば問題はありません。

 

ただ問題なのは、見たうえでそこに何らかの手を加えようと考えるなら、それは間違っているということです。そしてまた、何もやらないつもりで見たとしても、どうしても手を出してしまいがちだという事情もあります。

 

仕切りのライン、特に損切りのラインは必ず事前に決めておくものです。値動きを見ながらやるのは、かなり慣れてトータルで大きなプラスを計上できるようになってからの話。いや、慣れてからでも事前に損切りラインを決めるのは基本動作です。そして、値動きによって事前の損切りラインを変えるのはトレードにとっては、ときに命取りになると言っても過言ではありません。正しい仕掛けや正しい仕切りが心底理解できるようになるまでは、まずは「事前に決めたことを守り通す」訓練をしなければならないのです。

 

トレードは決められたこと、決めたことを愚直に貫き通しながら上手くなっていくものです。自分で工夫を加え、その場に応じて臨機応変に対応しようとしたらいつまで経っても上達しません。この考え方がまた、幼い頃から染みついている「一を聞いて十を知る」的な教育とは違うものなので、トレードし始めの頃は戸惑うわけです。

 

損切りラインを500円を割った499円に決めて逆指値注文していたとします(買い仕掛けのとき)。ザラ場の進行中に値が500円になったのを見て、ついつい499円じゃ切りが悪いから495円に下げておこうと注文を変更する。あるいは、499円になるのはもう確実だしどうせなら500円で損切りしてしまえと注文を変更する。これはどちらもNGです。なんのために事前に注文したのかわかりません。

 

事前に決めていた損切りラインが明らかに間違いだったとか、ザラ場中に思わぬ事件が起きたとか、注文を変えるのはそういう場合だけです。

 

であるならば、デイトレードをするのでなければザラ場を見ている必要など本来的にはありません。スイングトレードはむしろ場を見ない中で行った方が良い結果が出ると思います。とある投資本関連の調査によると個人トレーダーの6~7割は投資以外の本業を持っているということですので、場を見られないトレーダーが大部分だということになります。しかし、それは決して不利なことではないし、むしろ有利だとも言えるのです。

 

場を見なくてもネット注文であれば確実に執行されます。その最終確認だけができればいいので、スイングトレードならば仕掛けた後は仕切りの注文を入れてあとは放っておきましょう。値動きの推移は見てしまうとロクなことになりません。

 

「決めた損切りラインは変えないで実行する。」というルールに従い続けることでトレード力は上がります。

 

 

参考記事

→ 「早めの損切り?

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ