損切り絶対主義!へようこそ。 <このサイトが目指すもの> 

初めての方は、まずはこのページからお読みください。

25日移動平均線からの仕掛け。

日足のチャートで、25日移動平均線(25日線)は75日線ほどの強さはないものの、大きな重要性を有しています。巷のトレード本では75日線以上に取り上げられることがあるからか、一般個人トレーダーにとっては25日線のほうがなじみがあるくらいです。実際に、チャートを見ると、上昇相場中には上向き25日線が、下降相場では下向き25日線がチャートの主役になっているケースが多いです。ボリンジャーバンドの中央の線は25日線ですから、値動きの中心は25日線と言ってよいと思います。個別銘柄によっては、そもそも75日線よりも25日線を基準にして動くものもあるように見受けられます。

 

従って、この25日線は75日線と同様に強いパーティション(支持線/抵抗線)になります。また、これも75日線と同じですが、その向き(上向きか下向きか)が株価の方向を示します。ただ、75日線ほど強力ということはなく、仕掛けに活用できるかというと限定的ではあります。ですが、この仕掛けが相場の転換点になることも多いので、知っておいて活用してください。

 

以下、25日線を仕掛けのラインにする代表的な場合をまとめてみます。

 

 

■大底からの買い仕掛け

 

まずは、買いの仕掛けです。グランビルの下降過程が終わりに近づき、チャート波動で安値更新しなくなると、下向き25日線が次第に横ばいになってきます。その横ばい25日線の上抜けが買いのチャンスになります。こちらも、できれば、25日線付近でのしばらくの持合いや、小さくてもいいのでチャート波動の上昇が成立してからの仕掛けだと、決まる可能性が高まります。
25日線を抜けた株価は、下向き75日線までのいったんの上昇が見込めます。75日線が下向きで株価が75日線の下にある時の数少ない買いのパターンです。

 

■天井圏からの空売り仕掛け

 

上の買い仕掛けの反対です。グランビルの上昇過程が終わりに近づき、チャート波動で高値を更新できなくなって来ると、上向き25日線は次第に横ばいになってきます。その横ばい25日線の割り込みが空売りのチャンスになります。できれば、25日線付近でのしばらくの持合いや、小さくてもいいのでチャート波動の下降が成立してからの仕掛けだと、決まる可能性が高まります。
25日線を割った株価は、上向き75日線までのいったんの下降が見込めます。75日線が上向きで株価が75日線の上にある時の数少ない空売りのパターンです。

 

 

■25日線だけでなく他の根拠も見つかれば仕掛け

 

25日線での仕掛けは、25日線単独で仕掛けの根拠にするのではなく、別の根拠も見つかるような仕掛けを探していくと成功率が高くなります。「上向き25日線を抜いたら買い」は有力な仕掛けなのですが、25日線以外の買いの根拠が見つかるかどうかが実際に仕掛けられるかどうかの分かれ目です。例えば、25日線を間に挟んだギャップアップであるとか、トレンド転換のポイントが重なるとか、一目均衡表の雲抜けが重なるとか。
理想的なパターンになっている有力チャート形はなかなか見つからないかもしれません。全体相場によっても出現数は変わってくるでしょう。また、これらを仕掛ければ必ず利益になるという保障ももちろんありません。損切りは、最低限直近の安値や高値に必ず決めておいてください。特に、横ばい25日線上は持ち合い的に動きますので損切りを味わうことも少なくないと思います。

 

ただ、必ずしも理想的な形でなくてもチャレンジはできますし、決まればそれなりの利益は出ます。数は少なくとも、出会えばすくにわかる形でもあります。これらの形に出会ったら、しばらく監視してチャンスを伺っておきたいものです。

 

 

参考記事

→ 「75日移動平均線

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


日経平均を動かすもの。

今日の相場、昨夜のニューヨークダウ平均の大幅上昇を受けて、日本市場も大きく上昇しました。

 

日本のマーケットを見るとき、その大きな流れは日経平均で判断します。日本株をやる人が、みな日経平均を参考にして相場を判断しているからです。理論的にはTOPIXの方が日本のマーケットをよく表しているように思いますが、代表企業225社の株価の平均である日経平均のほうが重要視されているので、それが基準になるのです。

 

日経平均は225社の株価の平均ですから、自立して動くように思いますが、そうではありません。相場の大きな流れを作る日経平均も、225社の株価から直接の影響を受けるほか、いろいろなものの影響を間接的に受けて動いています。

 

■日経平均先物(ラージ/ミニ)

 

日経平均に一番大きな影響を与えるのは、日経平均先物(ラージ、ミニ)です。これは本末転倒のように感じますが、場中でチャートを見ていると先物に連動して日経平均が動くのがよくわかります。ですので、デイトレーダーにとっては日経平均よりも先物の動きのほうがより指標としては重要になります。私も、デイトレードのときには、日経先物の分足チャートを常に見られるようにしています。また、日経平均よりも先物のほうが取引時間が長く、昼の休憩もありません。先物を見ていれば、前場、後場の寄り付き価格は大体わかります。

 

■ニューヨークダウ平均

 

世界の中の日本という視野で見れば、日経平均もニューヨークダウ平均の影響は強く受けています。ニューヨークは世界経済の中心です。ですから、ニューヨークダウ平均の動きは自律的に相場を作っていると考えて間違いありません。しかし、日経平均は自律的ではありません。程度の差はあれ常にニューヨークの動向に影響を受けています。日経平均は、日本市場の大きな流れを作っているのですが、その日経平均も、ニューヨークダウ平均というさらに大きな流れの中にあるのです。

 

ニューヨークダウ平均の日足チャートには滅多にギャップは現れません。ローソク足は常に日が変わっても連続しているのが普通です。これはつまり、ニューヨークダウが動いていない時(相場がやっていない時間)に起きたことに影響されないということです。しかし、日経平均の日足チャートは、毎日ギャップだらけです。それは、ニューヨークダウの動向に左右されるからです。

 

日経平均の数値は、ニューヨークの数値が上がれば連動して上がるが普通なのです。ただ、ニューヨークの開場時間に東京市場は開いていませんので、東京市場はニューヨークダウ平均の様子によって、その寄り値が左右されるのです。

 

また、ニューヨーク市場も米国の祝日は休場日になりますので注意してください。時間も、夏時間と冬時間がありますので、戸惑わないようにしましょう。

 

■CME日経平均先物

 

日経平均の寄り付きの値の想定という意味では、ニューヨークダウ平均よりもシカゴのCME日経平均先物の値のほうが、より直接的に参考になります。日経平均の寄り値は、ほぼCME日経先物の終値と同じです。それならニューヨークダウは見なくていいじゃないかと思うかもしれませんが、世界の一番大きな指標を知っておくことで、今日明日の短期だけでなく中長期も含めた流れがわかります。ですので、ニューヨークダウ平均のチャートでおおまかな世界相場の流れを確認した上で、CMEでの寄り値の推定をしたいです。ちなみに、CME日経先物には、ドル建てと円建てがあります。大きく変わりはないですが、円建てのほうを参考にした方がいいかと思います。

 

■ドル円為替

 

ニューヨークダウ平均が上昇する、それは米国経済にとってはプラスになります。ということで、ドルの価値が高まります。そして、相対的に円が安くなります。通常の状況では、円安は日本経済に好影響となりますので、日経平均が上昇するということになります。為替と日経平均は、このように連動します。為替が特に強い指標性を発揮するのは、ニューヨークダウと日経平均が連動していない時です。場中の分足チャートなどは、形がほぼ一緒になるようなときもあります。

 

 

日経平均の寄付き前は、毎日必ず、ニューヨークダウ平均CME、日経先物、ドル円為替を見ておきましょう。

 

 

参考記事
→ 「日経平均

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


トレードに不要なもの、必要なもの。

プロのトレード集団に属さない一般個人トレーダーは、情報やニュースの分析を基盤にしてトレードするのではなく、チャートによるテクニカル分析を基盤にトレードをした方がいいです。情報やニュースは分析の力のみならず、その量や質、入手のスピードが重大な影響をトレードに与えます。そこで一般個人が戦うのは、どんなに分析力があっても非常に不利になることは疑いもありません。

 

まず、そのことを頭に入れてトレードをしようと考えれば、自ずと自分に必要なもの、不要なものが見えてきます。できるだけ早くにトレードの力を上げて儲けようとすれば、不要なものはできるだけ排除し、必要なものだけ採り入れていくようにした方が近道です。

 

  • 不要なもの

 

●会社四季報。

かつては、株をやる人にとっては必携の書でありデータベースでした。今でも、トレード学校に行けば薦められることも多いと思います。しかし、一般個人トレーダーには不要です。ここから得るものは、ほぼ何もありません。四季報を買って読むくらいだったら、日経平均の日足チャートを穴があくまで調べましょう。どうしても気になる人は、一度本屋で立ち読みすればいいと思います。それ以上、関わろうとすることはないと思います。私も、いまだかつて立ち読み以上に関わったことはありません。

 

●日経新聞。

今の世の中メディアとしての新聞は必要ないという風潮があります。その風潮に賛同するつもりはありません。ネットからの情報より、新聞の情報のほうが深くためになることはたくさんあります。一般常識として世界情勢を知るにも、まあ便利と言えるのではないでしょうか。しまし、トレードのためというなら新聞は不要です。新聞ならではの情報でトレードに役立つ情報は、ほぼ皆無だと思います。唯一、参考になるといえば、おそらく「日経新聞に日経平均の上昇が記事で取り上げられるようになったら、その時が上昇の終わり」といった、逆の指標性です。株の情報が一般人にわかるレベルで出てきたときには、すでにプロ集団は儲け終わっているからです。

 

●投資顧問。

一般には手に入らない情報を集めると称して、それをもとに一般の株式投資資金を操ろうとしている集団です。このビジネス手法に納得がいくなら、お願いして資金を倍増してもらってください。魚の釣り方を教えるのではなくて、魚そのものを提供してくれるようなものです。情報をベースにした株式投資をする限り、頼んだ方は蚊帳の外。言われるがままにやる他ありません。努力の余地がありません。私には、そういう存在が必要な理由がわかりません。

 

  • 必要なもの

 

●スタンダードなネット環境。

何よりもまずは、これでしょう。当たり前のことを・・・と思うかもしれませんが、案外ここに弱点を抱えている人もいるのです。わからないとか苦手とか、そういうことを言っている場合ではありません。野球の練習にボールがないのと同じようなものです。証券会社のシステムは、常にその時々のスタンダードに合わせて構築、更新されていきます。それについていけないならトレードの会場に入れないのです。チャート分析にせよ、情報調べにせよ、それを可能にする環境がないとどうしようもありません。

 

●適切なチャートツール。

テクニカル分析の必需品です。これは、低いレベルで満足してはいけません。「弘法は筆を選ばず。」ではなく、自分にとって一番いい筆を選ぶ繊細さが必要です。移動平均線(日足なら、5日、25日、75日、200日・・・)やボリンジャーバンドが一目でわかるように見やすく表示できることは最低限。日別の売買高、価格帯別売買高、MACD、一目均衡表の表示も必要です。また、個別銘柄をクリック一つで次々と表示できるかどうか?チャートの背景は白がいいか黒がいいかなども、人によって違うかもしれません。毎日何度でも使うものです。分析の生命線ともいえます。とことんまで、自分に合ったものを追及してください。

 

●トレードのコーチ、仲間。

一人では、自分のことはよくわかりません。「自分のことは自分が一番よくわかる」などと自信を持っている人ほど、トレードはうまくいきません。できれば、自分の思っていることを客観的に評価できる他人がいると非常に役に立ちます。また、一人だと情報収集にも限界があります。トレードツールや銘柄情報など、他人の情報や意見を聞くことで自分の世界が確実に広がります。他人の必要性を感じないトレーダーも多いと思いますが、他人と触れ合うと考えが変わったりもします。もちろん、トレード自体は一人で自律的にやるものです。しかし、そういう仲間が複数いれば共感度も高く、ともに成長することができるものです。

 

トレードは、情報やニュースをもとにしてやるのではなく、テクニカル分析をもとにやるものです。どうでしょうか?ご納得いただけるでしょうか。

 

 

参考記事

→ 「環境/ツールにこだわれ!

→ 「情報やニュースでは損切りできない。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ