損切り絶対主義!へようこそ。 <このサイトが目指すもの> 

初めての方は、まずはこのページからお読みください。

情報やニュースでは損切りできない。

このサイトでは、トレードの戦略をテクニカル分析においています。しかし、本来のトレードは企業業績や価値の分析を行ったうえで、現在の株価との乖離を見抜いて割安な企業に投資していくというのが王道でしょう。こういう分析をファンダメンタルズ分析といいます。

 

ファンダメンタルズ分析でトレードを成功させるというのは、とても素人が独力で到達できることではありません。絶対に無理だといういうわけではないですが、個人では、プロに対抗するだけの情報力と分析力は持てないのではないかと思います。少なくともテクニカル分析のアプローチより何倍もの時間と努力が必要だと考えます。

 

ファンダメンタルズに関する分析を行わずとも、すべての情報はトレード市場で価格に換算され、チャートの中でローソク足の形になって織り込まれています。だからテクニカルの分析をすることで、あらゆる情報分析をすることと同じ価値になると思っています。テクニカル分析があれば、企業の業績の分析など必要ではないし、割安かどうかなどあまり考えることもないと思っているのです。

 

テクニカルの観点からすると、ファンダメンタルズ分析では「いつ仕掛けたらいいのか」の答えは具体的には出てきません。同時に、ファンダメンタルズ分析では突き詰めて考えれば損切りはあり得ないことになります。割安株を買うなら、単純にできるだけ安く買う方が利益が大きく期待できるし、買い仕掛けてから値が下がったとしても、割安の条件を外れない限りは損切りせずに持ち続けることになるだけだからです。要するに、いつまで持っていたらいいかわからないということです。

 

これは、大きな資金のあるプロの投資家か集団でなければできないことです。

 

同じように、何か良いニュースや悪いニュースがあった企業の株を買ったり空売りしたりすることも、損切りの観点からは疑問です。思惑通りに値が順行した場合の仕切りはまだわかるとしても、逆行した場合の損切りのラインは何を持って決めていくのか。テクニカルの根拠がないままに損切りラインを決めるしかありません。

 

テクニカル分析での仕掛けに当たって、情報やニュースを付加的に利用するのはよいと思います。また、情報やニュースによって利益確定や損切りの計画が変わることもあると思います。しかし、情報やニュースを主たる根拠として仕掛けてしまうのは非常に危険なやり方です。

 

非常に簡単に言うなら、情報やニュースでトレードする人というのは「今、株価が上がってるんでしょ。だから、株投資でもやろうと思って・・・。」という人です。トレードを知らない人にありがちなパターンです。これでは仕掛けのタイミングも損切りのタイミングもわかりません。結局のところ、大きな損切りを余儀なくされて終わりです。

 

もう少し具体的に「●●社で画期的な新商品が発表された。すぐに株を買った方がいい・・・。」といっても同じことです。このやり方では、一般個人トレーダーは継続的な利益を得ることができません。典型的な高値つかみで、損切りもできず塩漬けを作るだけです。

 

情報やニュースが出てくると、トレードに関心のある人はついつい耳を傾けトレードに活かそうとしてしまいます。でも、考えてみてください。そんな情報やニュースが公になった時点で、プロはもう手を打っていると思いませんか?それがプロの情報収集力というものです。

 

個人が収集できるレベルの情報では、マーケットではうまくいきません。その上、損切りもできないとなれば、結果は火を見るより明らかなのです。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


ことごとく逆に行く理由。

トレードをやり始めて間もないころは、トレードをやれば損切りになってしまうようなことがあります。自分が買えば値は下がって損切り。自分が売れば値は上がって損切り。ことごとく自分の思惑とは反対に値が動くことがあります。まるで後ろで誰かが見て相場を操作しているように感じるというのはこのことです。

 

自分ならうまくやれると思って相場に入ったのに、入った途端に出鼻をくじかれるような経験を続けると、やってられなくなります。大儲けどころか損切りの連続で、モチベーションも一気に下がってしまいます。

 

なぜそんなことになるのか。そこには、それなりの理由もあります。

 

トレーダーが注目している価格ポイントでは、一気に注文が殺到します。初心者トレーダーが注目するようなポイントであれば、本当に多くの人が見ています。ですから、その価格が付いた瞬間に一気に大量の注文が約定し、買いと売りの需給のバランスが崩れやすくなります。需給バランスが崩れれば、値は大きく動きます。一般論としていうなら、その時に上に行くのか下に行くかは、ほぼ半々の確率でしょう。ですので、単純にみんなが注目しているポイントで仕掛ければ、5割の確率で一気に反対方向に行き損切りになる可能性が高くなるわけです。ですので、それが2回、3回と続く確率もそう低いものではありません。

 

初心者であれば、損切りの経験は利益の経験より心に残るでしょう。まして、損切りが2,3回も続いてしまうと、決定的に感じてしまうのでしょう。

 

トレンドフォロー(順張り)のスタンスでやっていれば。相場が持ち合いの状況のときにはなおさら損切りの確率は高くなります。持ち合いだと、みんなが注目しているブレイクのポイントが、ブレイクでなくなります。持ち合いの域を上に脱したと思った瞬間に大きな売りが来ますし、下に割れた瞬間に大量の買いが入ったりします。そこで、持合い領域に戻されてしまうのです。ですので、持ち合いの時に積極的に仕掛けていくと、ことごとく損切りになってしまうことはよくあります。

 

ただ、チャートを見たときに、はっきりとしたトレンドが出ているのがわかるというのは案外少なく、そうでない時は多かれ少なかれ持ち合っている状況です。全体相場の様子を見ずにトレードをやれば持ち合い相場にはまることが多いわけです。だとすると、損切りを繰り返してしまうのも仕方ありません。

 

そういう損切りを繰り返さないためには、全体相場を見ることです。すなわち日経平均の状況をきちんと把握したうえで相場に臨むことです。そして、一番いいのは、持合い相場を避けるという対策です。スイングトレードであれば、トレンドを取っていくというのが基本的な戦略ですから、持合いのときには手出しをしない方が賢明です。

 

それでも、100%損切りを回避するのは無理な相談です。どうあっても、みんなが注目するポイントで仕掛ける限りは、逆に行く可能性もあるのです。その可能性の分だけ損切りになるのは、自然のことであり避けるべきことではありません。

 

全体相場の把握が大切であることは、このサイトでも「心にしみるテクニカル」のほうで「日経平均」の項目で説明していますので、ご参照ください。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


損切りラインは変わる。 スイングトレードとデイトレード

デイトレードで仕掛けて、損切りにならず自分の考え通りに値が進み含み益が増えてくると大変嬉しいものです。そして、その状態のまま大引けが近づいてくると、持ち越すかどうかの選択をしなくてはならない時があります。あくまでデイトレードとして考えるなら時間切れということで、どこかで仕切ることになります。しかし、相場状況もよく、その日の展開が翌日にも引き継がれると想定できるなら、持ち越してスイングトレードに移行するのも一つの考え方です。より多くの利益を狙うなら、スイングトレードにした方がいいのです。

 

ただ、一方で持ち越すリスクもあります。大引け後に大きな悪いニュースが出て、相場状況が一転してしまい、翌日大きな損切りになってしまうということも起こり得るからです。そこは慎重に判断しなくてはなりませんが、厳密には先のことはわかりませんし、もともとスイングトレードにはそのリスクはつきものですから、トレンドを取りたいなら思い切るしかありません。

 

そのあたりは、自分のスタンスとよく相談して、はじめから決めておいた方がいいです。リスクをとるのかどうなのか。

 

また、スイングトレードに移行する場合には、損切りラインが変わることにも注意しなくてはなりません。

 

デイトレードの損切りラインは、通常は分足のテクニカル分析から出てきます。買いの場合なら、分足で見たときのチャート波動の前の安値が損切りラインだったり、買ったローソク足の安値が損切りラインだったりするはずです。あるいは、他のラインを決めている場合もあるでしょうが、いずれにしても分足チャートの中から損切りの根拠となるラインになります。

 

しかし、買いをそのまま持ち越してスイングトレードに移行すると、損切りの根拠は日足チャートから導き出されなくてはなりません。分足チャートは日が変われば過去のものです。前日の分足チャートの中から損切りラインを導くことはありません。

 

スイングトレードの買いの損切りラインは、買った日のローソク足の安値や直近安値(チャート波動の前の安値)などになります。ですので、デイトレードからスイングトレードに移行しようと考えたときには、日足チャートを見て、スイングトレードにした場合の損切りラインを確認する必要があります。損切りラインは覚悟すべきリスクの量に他なりません。持ち越してしまってから、リスク量を知るというのではリスク管理になりません。

 

デイトレードの調子がいいからといって、簡単に持越しを決めるものではありません。調子のいい時には利益のことしか考えられなくなりがちです。ついつい、「このまま行けば・・・」と思ってしまうものです。しかし、より大きな利益を取ろうとするときには、必ずそれ相応のリスクがあることを忘れないことです。

 

※損切りラインを、買った時の値から●%下落したら・・・というようにテクニカルとは別に決めているのであれば、上の話は成り立ちません。が、このサイトでは、そういう損切りラインをおススメはしません。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ