損切り絶対主義!へようこそ。 <このサイトが目指すもの> 

初めての方は、まずはこのページからお読みください。

まずはトータルプラスを目標に。

私がトレードを始めたときに思ったことは、トレードで途方もなくお金を儲けたいということでした。これは、トレーダーなら誰もが持つ夢ではないでしょうか。

 

トレードの勉強を始めてから程なくして、BNF氏なる著名トレーダーが現れました。当時でも、ほぼ株のスイングトレード、デイトレードだけで数十億円もの財を独力で築き、その後200億円まで増やし続けたカリスマトレーダーのはしりです。

 

私は、テレビなどに登場するBNF氏を見て、トレードの魅力や将来性を強く感じて本格的にのめり込んでいったのです。努力次第では、自分もBNF氏のようなトレーダーになれると信じていました。

 

私の場合、このことでかなりトレーダーとしての成長にブレーキがかかってしまったようです。あまりにも大きすぎる夢を現実に考えてしまったために、日常的な損切りに嫌悪感を抱いてしまったのです。損などしている場合ではない、早く大きな利益を手にしなければ・・・という焦りです。そして、損切りの技量もないままに大きなロットで相場に入っていき、散々な目に合うのです。

 

振り返ってみれば、この経験はかえって良かったのかもしれません。損切り失敗の痛みを骨の髄まで味わうことで、もう絶対に損切りは欠かさないと思うことができましたから。

 

でも、最初から夢など見ずに的確に自分に合った方法でトレードを捉えていればどうだったのか?もっとスムーズに成長できたのでしょうか?

 

そこは、本当によくわからないのです。その方が良かったのかどうか。ただ、確実に言えるのは、今のところ私はBNF氏のようにはなっていないということです。自分が夢見ていた理想の通りにはいかなかったということです。また、今後も多分なれないだろうということ。

 

大きくは、圧倒的に能力の問題でしょう。BNF氏のトレード手法はあまりつまびらかにはされていませんが、私には大きく資金を増やすようなトレードをする能力がないと思っています。それは仕掛けと仕切りの回転数を上げるスピードかもしれませんし、一度にたくさんの銘柄を仕掛けることかもしれませんが、いずれも私には持ち合わせがないものです。

 

自分の経験でいうと、トータルプラスを継続的に達成するのは、ある程度誰にでもできることだと思います。チャート分析といっても、レベルとしてはおそらく中学校の図形の勉強がわかる位のことだと思っています。具体的には、仕掛けの基本と正しい損切り、それだけでどうにかなる世界です。人としてごくごく普通の能力でクリヤできるレベルです。

 

でも、そのトータルプラスの規模をどこまでも大きくするというのは、また違う能力だと思います。

 

BNF氏は、聞くところによれば株以外には趣味を持たない人だったようです。
食事も立ち食いソバやカップラーメンで何の不満もない様子がテレビで放映されていました。トレードを続けるモチベーションについては「とにかく損をしたくない」とのコトバが印象に残っています。そんな生き方が、前人未到のトレーダー魂を創り上げたのだと想像できます。私など欲深い人間には、およそ想定の範囲外の領域です。

 

能力というのは、トレードに必要な分析力や理解力、PC操作に必要な瞬発力や反射神経だけでなく、考え方や生き方、思想とか信条、環境など、その人の全人格的な要素も含めてのものだと思います。能力を全部ひっくるめて、さらにその上偶然にも恵まれなければ、圧倒的に抜きん出た実績を出すことはできません。私には、そんな圧倒的なものが備わっているとも思えません。
だから、私の場合はBNF氏と同じアプローチではうまくいきません。別のやり方を採る必要があるのです。それが私独自の手法になるのでしょう。そこには、私自身の育ち方やこれまでの人生すべてが影響していくはずなのです。

 

トレードと一口に言っても、本当に人それぞれ、その考え方は様々です。たとえば、利益額の拡大をひたすら指向するのもひとつのやり方ですが、一方で毎月一定の利益額を目標とするのも目指すのもひとつ。あるいは、専業トレーダーとなるのもひとつなら、サラリーマンとしての収入は安定的に得ながら余裕資金での副収入をトレードに求めるのもひとつです。

 

良い悪いの問題ではありません。その人なりのトータルプラスを達成した上でのトレードスタイルであればいいのです。さらに、そのスタイルがその人の生活の中で位置づけられていればいいと思います。

 

重要なことは、トータルプラスが達成できるということです。これがないと、継続性という点で、トレードが生活には根付くには無理があるのです。

 

トレードを始めたら、まずはトータルプラスを目標にすることです。始めはそれで充分です。よほど才能があると信じている場合以外は、大きなプラスを最初の目標とすると、まずは上手くいかないばかりか、おそらく「損切り」に対して非常にマイナスなイメージを抱くことになります。そして、その損切りに対するイメージが、トータルプラスから自分を遠ざけてしまうのです。

 

その先にどんな夢があろうとも、トータルプラスが第一の到達点だと考えてください。次の風景は、そこで必ず見えてきます。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


長期投資は難しい。

トレード関係のブログを始めてから長いこと過ぎましたが、そのことを知って知人・友人から、投資の相談を受けるようになりました。そのほとんどすべては、長期の投資に関してです。短期のトレードなんて、そもそも一般の人たちの頭の中にはありません。トレードといえば、株の長期投資と思うのが普通です。

 

「余裕資金ができて投資がしたい。今、株に投資するのがいいのかどうか?」
「金融商品を保持しているのだが、株に乗り換えるべきか?」

相談といえば、ほぼこのふたつです。

 

私の心の中の答えは、「そんなの、私にわかるわけないでしょ・・・」に決まっているのですが、そう言ってしまうと元も子もありませんし、人間関係に支障があってもいけないので、実際には笑って聞き流すだけにしています。

 

ただ、それでも真面目に突っ込んで訊いてくる人には、以下のようにきちんと話します。

 

・・・・・・・・・・

 

株の動きは、そもそも誰にわかるわけでもありません。どんなに研究してチャートを分析したとしても、確実にわかるということはあり得ないことです。

 

私の場合は、一日から数週間程度の動きの中で利益が出るような短期のトレードをしています。それでも、確実に利益が出るなんてことはありません。いくつもいくつもの銘柄を仕掛けて、1か月単位でトータルに利益が出ればいいというくらいに考えてやっています。

 

「株に投資したい」とおっしゃいますが、いったいどのくらいの銘柄を仕掛けるとイメージされていますか?ひとつ、ふたつ、せいぜい多くても3銘柄程度のイメージではありませんか?

 

また、仕掛けたらどのくらいの期間で仕切ろうというイメージですか?おそらくは、短くても数か月、長ければ年単位になるイメージなのではないですか?

 

それだと、私のように、何度も何度も仕掛けと仕切りを繰り返して、トータルでプラスにするというような視点は持てません。○○の銘柄が、1年後にどの程度上がっているかという予測の視点しか持てません。当たるか外れるかは、ほとんど運のようなものだと思います。

 

また、私の場合は仕掛けた後に株が下がった場合には、これ以上下がったら損切りするというラインを決めてあるので、その通り損切りします。あなたは、株を買ってどのくらい下がったら損切りするか、そのラインを決めることができますか?決めないとしたら、場合によっては資金が半分になってしまうリスクもありますが大丈夫ですか?

 

損切りのラインが決められないようなら、あなたにとって、その資金は大切なお金だということです。大切なお金は、株の長期投資というギャンブルにつぎ込んではいけません。はっきり言うと、ズブの素人が株の長期投資て利益を出して成功したと言う話を、私は聞いたことがありません。今、この状態で株を買ったら、あなたは確率的には確実に損すると思います。

 

それでも、株を買いたいですか?

 

・・・・・・・・・・

 

1回の仕掛けにおいては、短期より長期のほうがリスクは大きくなります。長期のほうが求める利益額が大きいのですから当然のことです。単純に考えれば、しかるべき正しい損切りの値幅も短期より長期のほうが大きくなります。

 

しかし、株の長期投資をやろうという人は、そもそもリスクのことなど考えていません。「今、株が上がっているらしい。だから買えば儲かる。」としか考えていないのが実情です。損切りのことなど、露ほども頭にはありません。

仮に、大きな損切りリスクでも取るに足らぬと思えるような大金持ちなら、長期投資は可能です。余裕資金とはそういうものです。損するのが嫌ならば、投資なんてできません。

 

本来、株に投資するということは、その会社の将来性と今の株価を真剣に分析したうえで、かつ社会環境も考えたうえで行うものだと思います。しかし、一般人が束になってかかっても専門家には勝てません。第一、専門家だって束になって分析しても確実には当たらないのですから。

 

もっと言えば、私が個人トレーダーにとって最大の武器だと考えている空売り。これは、半年を期限とする信用取引を前提にしています。長期の投資ではありえないのです。長期投資ということは、必然的に現物の「買い」しか選べないのです。従って、本格的なトレンドが出ている上昇相場でなければ成り立ちません。

 

一般個人がトレードで利益を出そうと考えるなら、短期トレードでトータルプラスを目指すのが基本です。そして、正しい仕掛けと正しい損切りを繰り返していくのです。長期投資での正しい損切り・・・その金額に耐えられる人は、そう多くはないはずです。


カテゴリ:個別課題  [コメント:0]

いきなりやれば、損切りできないトレーダーになる。

4月になると、一定規模以上の日本の会社は入社式をやります。入社式を経れば、新卒の新入社員が誕生します。いくら新入社員だといっても社員である以上、場合によっては会社の代表としての役割を担います。一人で商談の場に出れば、相手の取引先からは、その社員が会社の顔になりますよね。

 

じゃあ新入社員を商談の場に一人で送り込む会社があるかというと、そんなことはありません。そんなことをしたら、新入社員が何をやらかすかわかりません。まずは必ず、熟練した先輩社員と一緒に相手先に行くはずです。会社にとって、いきなり新入社員に単独で商談を任すのはリスクが大きすぎるのです。

 

トレードだって同じようなものだと思います。株の仕組みをひと通り勉強して知って証券口座を構えただけでは、入社式を終えたのと同じです。すぐに相場で仕掛けていくなんて、とんでもないリスクをはらんだことなのです。そして、そのリスクはたいていの場合現実になります。トレード初心者は、損切りができずにカモられ、半べそをかきながら早々に退場していくのです。

 

会社であれば、新入社員は宝物です。周囲が注意を払い、何らかのリスクがあれば新入社員は注意されながら成長していくのです。しかし、トレーダーは初心者だろうと熟練者であろうと単独で相場に入っていかなくてはなりません。そして、誰も忠告はしてくれません。新しい初心の参入者は、プロにとっての格好のカモです。カモがネギをしょってくるのを誰が邪魔するものか、と思います。初心者の損切り失敗の大損失は、そのままプロの利益になります。お金を稼ぐってそういうことじゃありませんか?

 

そういうことから考えると、「明日から使える魔法の手法!」「たった●分で○○○万円」「このルールだけで年率○○%」みたいな宣伝はぜんぶ嘘です。今世に出ている、株の教材やセミナー、学校のほとんどすべてが当てはまると思いますが、あり得ない宣伝広告で初心者を釣ろうとしています。真に受けたら間違いなく損します。

 

トレードは、まっさらの状態からだとトータルプラスを達成するのに、どんなに短くても最低半年はかかります。イメージで申し訳ありませんが、3か月ではおそらく無理でしょう。満足いくような稼ぎが出るまでには、1年から数年はかかると思います。それでも、ダメな場合もあると思います。そして、その間は、大学受験や資格試験のように地味な勉強も必要になります。

 

専業トレーダーなら自由時間が多いとか、銘柄検討時間はほんの5分とか、そんなイメージは持たない方が身のためです。仮にあったとしても、それ相応の努力の過程を経てからのことです。

 

それでもトレードをやりますか?株でもFXでも事情は同じです。本当にトレードで稼ごうと思ったら、決意が必要です。その時期は問いません。勉強する中で次第に決意が固まるということもあると思います。しかし、決意ができるまでは、現実の相場にお金をつぎ込んではダメだと思います。何度も書きますが、損切りができないという理由で、ほぼ確実に撤退することになります。

 

資金配分だけしっかりとやって仕掛けていれば、それでもしばらくは相場に残れるかもしれません。でも、それも資金が尽きるまでの間にすぎません。たまに利益は出るのでしょうが、結局は損切りできないトレードを繰り返すだけだからです。

 

しっかり学ぶという決意がないままに相場に出れば、損切りできないトレーダーになってしまいます。つまりはトレーダーになれないということになるのです。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

テクニカル分析はこの1冊 (本代無料)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー

ページの先頭へ