損切り絶対主義!へようこそ。 <このサイトが目指すもの> 

初めての方は、まずはこのページからお読みください。

トレードに不要なもの、必要なもの。

プロのトレード集団に属さない一般個人トレーダーは、情報やニュースの分析を基盤にしてトレードするのではなく、チャートによるテクニカル分析を基盤にトレードをした方がいいです。情報やニュースは分析の力のみならず、その量や質、入手のスピードが重大な影響をトレードに与えます。そこで一般個人が戦うのは、どんなに分析力があっても非常に不利になることは疑いもありません。

 

まず、そのことを頭に入れてトレードをしようと考えれば、自ずと自分に必要なもの、不要なものが見えてきます。できるだけ早くにトレードの力を上げて儲けようとすれば、不要なものはできるだけ排除し、必要なものだけ採り入れていくようにした方が近道です。

 

  • 不要なもの

 

●会社四季報。

かつては、株をやる人にとっては必携の書でありデータベースでした。今でも、トレード学校に行けば薦められることも多いと思います。しかし、一般個人トレーダーには不要です。ここから得るものは、ほぼ何もありません。四季報を買って読むくらいだったら、日経平均の日足チャートを穴があくまで調べましょう。どうしても気になる人は、一度本屋で立ち読みすればいいと思います。それ以上、関わろうとすることはないと思います。私も、いまだかつて立ち読み以上に関わったことはありません。

 

●日経新聞。

今の世の中メディアとしての新聞は必要ないという風潮があります。その風潮に賛同するつもりはありません。ネットからの情報より、新聞の情報のほうが深くためになることはたくさんあります。一般常識として世界情勢を知るにも、まあ便利と言えるのではないでしょうか。しまし、トレードのためというなら新聞は不要です。新聞ならではの情報でトレードに役立つ情報は、ほぼ皆無だと思います。唯一、参考になるといえば、おそらく「日経新聞に日経平均の上昇が記事で取り上げられるようになったら、その時が上昇の終わり」といった、逆の指標性です。株の情報が一般人にわかるレベルで出てきたときには、すでにプロ集団は儲け終わっているからです。

 

●投資顧問。

一般には手に入らない情報を集めると称して、それをもとに一般の株式投資資金を操ろうとしている集団です。このビジネス手法に納得がいくなら、お願いして資金を倍増してもらってください。魚の釣り方を教えるのではなくて、魚そのものを提供してくれるようなものです。情報をベースにした株式投資をする限り、頼んだ方は蚊帳の外。言われるがままにやる他ありません。努力の余地がありません。私には、そういう存在が必要な理由がわかりません。

 

  • 必要なもの

 

●スタンダードなネット環境。

何よりもまずは、これでしょう。当たり前のことを・・・と思うかもしれませんが、案外ここに弱点を抱えている人もいるのです。わからないとか苦手とか、そういうことを言っている場合ではありません。野球の練習にボールがないのと同じようなものです。証券会社のシステムは、常にその時々のスタンダードに合わせて構築、更新されていきます。それについていけないならトレードの会場に入れないのです。チャート分析にせよ、情報調べにせよ、それを可能にする環境がないとどうしようもありません。

 

●適切なチャートツール。

テクニカル分析の必需品です。これは、低いレベルで満足してはいけません。「弘法は筆を選ばず。」ではなく、自分にとって一番いい筆を選ぶ繊細さが必要です。移動平均線(日足なら、5日、25日、75日、200日・・・)やボリンジャーバンドが一目でわかるように見やすく表示できることは最低限。日別の売買高、価格帯別売買高、MACD、一目均衡表の表示も必要です。また、個別銘柄をクリック一つで次々と表示できるかどうか?チャートの背景は白がいいか黒がいいかなども、人によって違うかもしれません。毎日何度でも使うものです。分析の生命線ともいえます。とことんまで、自分に合ったものを追及してください。

 

●トレードのコーチ、仲間。

一人では、自分のことはよくわかりません。「自分のことは自分が一番よくわかる」などと自信を持っている人ほど、トレードはうまくいきません。できれば、自分の思っていることを客観的に評価できる他人がいると非常に役に立ちます。また、一人だと情報収集にも限界があります。トレードツールや銘柄情報など、他人の情報や意見を聞くことで自分の世界が確実に広がります。他人の必要性を感じないトレーダーも多いと思いますが、他人と触れ合うと考えが変わったりもします。もちろん、トレード自体は一人で自律的にやるものです。しかし、そういう仲間が複数いれば共感度も高く、ともに成長することができるものです。

 

トレードは、情報やニュースをもとにしてやるのではなく、テクニカル分析をもとにやるものです。どうでしょうか?ご納得いただけるでしょうか。

 

 

参考記事

→ 「環境/ツールにこだわれ!

→ 「情報やニュースでは損切りできない。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


損切りを減らせばいいのか。

損切りを減らせば損失は少なくなる。損失を少なくすることが利益につながる。だから、損切りを減らそうという人がいます。ちょっと聞くと、至極合理的で正しい話のように思います。

 

しかし、この話、本当に合理的なのかどうか考えてみます。

 

損切りを減らすということは、個々のトレードでの損切り金額を減らすのと、トータルの損切りの回数を減らすのと、二つの側面があります。

 

まずは、個々のトレードでの損切り金額を減らすことに関して。

 

損切りラインはテクニカル分析を根拠として事前に決めるものです。損切りラインは、その段階でテクニカル分析によって1点だけ決まります。

 

損切りのときの損失金額は、仕掛けのポイントから損切りのポイントまでの値幅と仕掛けた株数(ロット)で決まります。損失金額を少なくするとしたら、値幅を減らすかロットを減らすかしかありません。

 

値幅を減らすには、仕掛けのポイントと損切りのポイントを変えるしかありません。それは、テクニカル分析の結果を変えるということですので、そこに合理性はありません。合理性は無視して、ひたすらすぐに損切りするというなら、事前に決める意味はありませんし、テクニカルの根拠はありません。

 

一方、ロットを減らすのは、単純にリスクの軽減ですから、期待できる儲けも小さくなってしまいます。

 

要するに、合理的なトレードにおいて損失金額を減らそうとすると、期待する儲けを少なくする方法しかないのです。それはそれで、方策としてはあり得ます。一言でいえば、「あまり大きく儲けようとするな。それだけ損失のリスクも大きくなる」ということでしょう。

 

次に、トータルの損切り回数を減らすことについて。

 

損切りの回数を減らすには、トレードが損切りになる確率を減らすか、そもそもトレード回数を減らすか、ということになります。

 

損切りになる確率を減らすのは、仕掛けの精度の問題です。利益になる確率の高い仕掛けを探せばいいということです。しかし、これはテクニカル分析の実力の問題で、そこに損切りの工夫は入る余地がありません。

 

トレード回数を減らすのは、確かに損切り回数を減らすことになるでしょうが、同時に利益確定の回数も減らします。それだけ、期待できる儲けが少なくなるわけです。

 

これでわかる通り、損切りを減らそうとすると、仕掛けの実力をつけて精度を高めるか、そうでなければ儲けも減ることになります。

 

もっとも、今まで正しい損切りができていない人に、正しい損切りを教えれば、それで損切りが少なくなるという意味合いもあります。

 

「あなたのトレードは損切りばかりで損失が膨らんでいるのでしょう?正しい損切りを覚えれば、損失は減りますよ!」

 

でも、これだって、ホントに本当でしょうか?

 

間違った損切りが、正しい損切りよりも損失額が大きいんなんて言えますでしょうか?

損切りばかりだということは、問題は仕掛けにもあるんじゃないでしょうか?

 

損切りに目をつけるのは悪いことではありませんが、損切りの問題を損切りの範疇だけで解決しようとすると、誤った方向に行ってしまうかも知れません。そこは、十把一絡げに片づけられることではなく、一人ひとり異なる課題を解決していかないと本質的な改善に結び付かないなと思います。

 

事はそんなに簡単じゃないんです。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


持ち合い相場の攻め方。

現在の日経平均は、大きく言えば上昇相場の中にありますが、このところ持ち合いの傾向が色濃く出ています。日経平均に上昇や下降のトレンドが出ていない持ち合い相場のときは、ブレイクで仕掛けても損切りが増えるため、無理してやらないというのもが常道です。特に、相場初心者であれば、素直に仕掛ければ仕掛けるほど、ことごとく損切りになってしまう可能性も高く、仕掛けを控えるのがいいと思います。

 

しかし、トレードで生活する専業トレーダーとか、専業トレーダーを目指そうと考えている人は、持ち合いだからといって相場に入っていかないのでは、食い上げになってしまいます。一般論としては、持ち合いは避けるというのが正論ですが、トレードで食っていくとなると、地合いはどうあれそれなりに利益を出していくことが大切なのです。損切りを繰り返しながらも利益を出していくというのは、持ち合い相場でも立派に採れる戦略です。

 

では、どうやって持ち合い相場の中で攻めていくか。

 

●デイトレードを含めた、より短期の時間軸で

 

日足チャートのレベルで見れば持ち合いでも、より短い時間軸で見れば小さくでもトレンドはあるものです。1日~3日くらいでもいいから、トレンドを見つけてそれを取れるような仕掛けを見つけていくのが、持ち合いのときの第一の戦術です。損切りラインも、その短い時間軸の中で決めていきます。

 

●ロット(株数)を減らしていく

 

小さなトレンドはすぐに反転するから小さいトレンドなのです。つまりは、それだけ逆に行くリスクは大きくなります。なので、通常よりロットを減らしてかかること。時間軸を短くするということは、本来リスクが軽減されるということなのですが、持ち合いのリスクはそれを上回るという意味で、ロットで調整していきます。損切りの場合でも、その損失額は小さくなります。

 

●買いでも売りでも仕掛ける

 

持ち合い相場であれば、より個別銘柄の特性が色濃く出ます。全体相場のトレンドがないので、個別銘柄独自のトレンドに乗ろうとするわけですから、一方向だけである必要はなく、両建てのスタンスでいいのです。この銘柄は買いで仕掛け、あの銘柄は空売りで仕掛ける、というのがあり得るのが持ち合い相場です。トレンドが出ているときには、不要の考え方です。

 

●日経平均との連動性の低い銘柄を選ぶ

 

日経平均が持ち合いなら、当然日経225銘柄も持ち合いの可能性は高いです。そこで、トレンドのある時は日経225銘柄を狙うのがよくても、持ち合いのときは225以外の銘柄を探してみます。その方が、トレンドを出している銘柄に出会う割合が高くなるからです。

 

●ブレイク失敗で仕掛ける

 

トレンドフォローの手法は、ブレイクで仕掛けることです。が、持ち合いのときには、ブレイクがダマシになります。そこを狙ってくのが、持ち合いのときの仕掛けです。ただし、完全な逆張りだと損切りラインが不明確になります。あくまで、ブレイク失敗の足が出てからの仕掛けです。損切りは、直前の高値、安値になると思います。損切り幅が少ないので、損切り覚悟の仕掛けになります。

 

持ち合いになると、トレードの先生はことごとく「様子見」を繰り返すようになります。そう言っておくのが一番簡単で批判を受けないからです、しかし、持ち合いは長期化することも多々あります。そうなると、毎日毎日、先生は「様子見・・・」を繰り返すだけになってしまうのです。

 

少ないチャンスをものにするのもトレードですが、常にチャンスを探すのもトレードです。トレードを自分の人生の柱にしようというなら、「持ち合い=様子見」スタンスからの脱却を図るべきでしょう。

 

←クリック頂くと、書き続ける元気の素になります。


テクニカル分析はこの1冊 (本代無料で損切りがわかる)

相場の大原則と、チャートの分析。
株、FXを通じて日本最良の解説本が、送料550円のみでもらえます。

相場から利益を上げる22の技術

(クリックで詳細ページへ)

損切りに関する無料メール相談

悩んだり困ったりしたら、とことん考えると同時に、人の力を借りるのも役に立つものです。近くに適当な人がいなければご活用ください。「すっきり解決!」することもありますよ!
損切り相談 

私の損切りプロフィール

管理人: 損切り珍介

2008年頃から株式投資を自己流で開始。2010年に専業を目指してサラリーマン人生に終止符。しかし、トレード本を読みまくるも、まず大損。自己流の限界を感じる。なけなしの金をはたいてトレード学校に通いまくり、仲間のトレーダーと交流しまくる。それでも、半年もたたぬ間に再び大損。そしてさらに、1年後に大損。もうどうしようもないと割り切ってから、なぜか少しづつ芽が出始め、この数年で完全復活し現在に至る。「損切りさえすれば専業も十分できる」を体現している。

運営ブログ
「損切りこそトレード人生」

トップ記事のカテゴリー
ブログランキング     (元気の素です)

皆様の1日1回のクリックが書き続ける元気の素になります。

人気ブログランキングへ
※2回以上クリックしても1回と同じです。

ページの先頭へ